不妊になる前に・・・という教訓をえるための「捨石」

「不妊」と言ってもそれぞれ状況が違うでしょ?

妊娠にも適齢期があるでしょ?適齢期で、何らかのトラブルで「不妊」なら、
助成することも必要かもしれない。

でも、高齢になってしまったことが理由の「不妊」なら、
それは個人で負担すべきものじゃないかしら?

適齢期と言われる時代に、子供をつくるよりほかのことを優先してきたのだから・・・
それは、「作れなかった」のじゃなくて、「作らなかった」のでしょう。

本当に「作れなかった」人に失礼だと思いませんか?

社会が悪いとか?状況が許さなかったとか・・・言い訳でしかない。
家庭か仕事かの2択だとしても、選んだのは自分。
その間に、経験なり地位なり得たものもあったはず。
それなのに、助成してもらおうなんて、
虫が良すぎるのでは???

どんなに医療が進歩していても、
今の医療では子供を望めない人だっているんです。
そういう人のためにお金を使ってほしい。

少子化に歯止めをかけるのは、40代の不妊治療ではなく
妊娠適齢期の女性たちが、安心して子供を産める社会造りに
お金をかけた方が効果的だと思います。
蔵秘男宝:http://www.xn--pbtr90dtidpyo.net/
男宝:http://www.xn--pbtr90d.net/
ナンパオ:http://www.xn--pbtr90d.net/
Calendar
«  April 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

search this blog.
category
archives
links
others