チビッコ2号の登山学習

夏休み明けだが、学校の行事でチビッコ2号が近郊の1200mほどの山へ登山学習へ行くらしい。その父兄説明会にはチビッコ1号の父兄懇談などでカミさんが行けないため、オレ様が行かされたのだ。ここでオレ様は衝撃の光景を見るはめになったのだった。

 概要を学校側が説明するのはいい。問題は最後のカアチャンらからの質問だ。ちょっと自分の頭で考えれば誰でも分かりそうなことを、わざわざ聞くのか……。詳細は書かないけれど、こうなると教師らに同情したくなる。いや、これも教師の仕事のうちなのか。

 ともかく、賢者たるオレ様はチビッコ2号に足りないものを考えた。だけど、やめた。なにしろチビッコ2号には何が不足しているのか、どれがあるのかサッパリ分からんではないか。学校の行事だから、不要なものまで持っていく必要はないけれどもだ。

 最終的には靴かなぁ。登山と渓流探索で使う2タイプが必要らしいからな。
精力剤
中絶 薬
威哥王