幽霊の話

昨日の夜のマツコと有吉の怒り新党で、「霊なんていない!」と、幽霊が見えるという事に対する怒りの報告がされてましたが…。

あ、私は見えないですよ。そんな霊能力者ではありません。
だけど、いつも不思議に思うことがあります。
(ここでは幽霊は実在すると仮定します)

物や生物は、その存在にかならずエネルギーを必要とします。
例えば人間でも、生きていく為には食べ物を取らないとダメですよね?
植物でも、光合成しないと枯れてしまいます。

しかも、それらは必ず寿命がありますよね。

また、動かないものでも、いずれは朽ちてしまう。 鉄でも錆びてしまうし、紙とか木でも腐って分解されて無くなってしまいます。

ところが、幽霊って…
その存在は何のエネルギーをうけて存在するのでしょう。 幽霊って、写真みたいに止まってないですよね。 動いてたりします。(ビデオとか見るとそう)
じゃ、その動いてる元となるエネルギーってどういうものなのでしょうか。
どうやって供給してるのかしら?

また、ずっと寿命無く存在し続けるものなのでしょうか。
江戸時代の落武者の…なんて話も聞きますが、数百年の間にわたって存在し続ける「物質」って…?
しかも目に見えない(人によるけど)のに写真とかビデオに映るって。

まじめに考えてたらずっと考えそうです。

一つ思うのは、人の意思がなんらかの形になって、エネルギーとして存在するのかな、と考えています。 それもおそらく、ちゃんと寿命があって。意思の違いによって長かったり短かったり。 
ウランとかプルトニウムじゃないけど、長い寿命があったりするんじゃないかなぁ。

まだ世の中には分からないことが沢山ありますよね。
幽霊だって、テレビとかビデオにすら映ってしまうんだから、いい加減分かってもいいように思いますけど。
あと、超能力とか言われる事も。 未来の予知とかできる人にはできるんだけど、どうしてこれから起こることがわかってしまうのか、とにかく不思議すぎる。

といいながらも、磁石のNとSがくっつくのは今では当たり前すぎるように、目に見えない事でもやがてわかる日がくるかも知れません。
King Wolf狼王戦宝
D10媚薬
巨根カプセル