海外で。。。

食用として人間が消化出来ない同じく蝋のような脂を持つ白身魚が冷凍食品で箱に入ってスーパーで売られてますよ。おいしいけど、食べるとお腹壊すから買わないように、と邦人の間では有名。

こんなのは例外として、海外では既に規制されていて、有害、禁止なのに、日本じゃ平気でまだ普通に売ってる有害食品や禁止薬品はたくさんある。マーガリンとか毒だし、アステルパームだっけ?なんだっけ。筋肉痛とかの湿布とかに使われるインドメタシンも海外では禁止。

食品添加物の規制の緩さは日本は群を抜いて緩いし、BIO食品の意識もぜんぜんだよね。

結婚離婚、子供の扱いなんかについての法整備なんかも日本は驚くほど遅れてる。

日本はこう見えて、”とてつもなく後進国”な部分がたくさんあることを知らせた方がいいと思う。これだけ情報が発達しているのに、日本人だけが知らないのは、日本語しか普段使わないせいだよ。ものすごく不利。英語使わない(使えない)ことで、日本人は滅茶苦茶に損してる。日本語情報なんて量的にたかがしれてる、というよりは、せめて多くの国で共通に使われてる言語が自由自在に使えない人が多いというのは不利過ぎる事を知るべき。自分の国の言葉と、最低英語くらいは話せる人が多い2カ国語できる人が多い国の人は、知識のレベルが2倍。英語しか話せない人はまあ。。。”何も知らない人”も一杯いるかもしれないけど。

(自分も自由自在には使えないけど、英字新聞くらいは読めるし、英語でのコミュニケーションならビジネス通訳やビジネス翻訳の仕事は出来ないだろうけど、普通には使える。)

語学がこんなに重要になって来るなんて思っても見なかった。何故、重要かと言えば、上手に生き残っていくためには情報が必要ということ。。。

ネットも信用出来ない今、本当のところってどう?と、現地の人に直接、情報聞ける聞けないっていうのは、大きいと思う。結局、世界は繋がってる。
威哥王:http://www.xn--y5q18fdwfi85apu0a.com/
イカオウ:http://www.xn--y5q18fdwfi85apu0a.com/

残念だけど

管理職の登用についても女性専門の物でない限りは増えてこないと思いますよ。
部長!部長!?
部長は子供が熱出したって急に帰りましたよ。以下略

なんて事がざらに出てくる人材を登用すると思う?
それでも登用するのはオンリーワンつまりは彼女じゃないと・・・

ていう人材ばかりになると思うけどな。

企業ははっきり言うけど雇って養ってくれる物じゃない。
上に行けばいくほどそういった制限がでてくる。

だから男性の方が優位なんだよね。

でもさ?それって無理にでも平等にしないといけないのかな?
昔は女は子育て、男は仕事(確かに男尊女卑ってのはあったけど、それがベストな形であることも否定できない事実であるはず)


今の現状だと↑は決して悪いことじゃないと思うけど?別に女性軽視してるわけじゃないでしょ?

社会とは効率化を求めるものだ。これは否定できない。民間ならなおさら
それにそぐわぬものはどうなるか?最悪解雇だってありうる。
そんななかで法律で縛ったら最後は女性を何%管理職にしなければならない

なんてクソッタレなことになると思うよ?

まずは法ができてもそこにつかせないように企業は動くだろうね。
方針を決める人材がいなくなるリスクが高いのは事実ですからね。

「仕事に戻ってくるなら妊娠はあきらめろ」
これについてはもうハラスメントじゃなく恐喝でしょ?

深夜残業については完全NGって言いたいならそんな職に就く自分にも責任がある。
それを社会の責任にすることは許されない。当たり前のこと

しやすい環境を作ってやるのは必要だしぜひしていただきたい。
例えば出産休暇でも腕を落とさないように研修を取り入れてあげる。(もちろん任意)
働き方。時間の話。早出とか遅出とか子供に対処できるように16時上がりとかね。
突発が予測されるのだから育児緊急の休暇とかそういった制度をつくって残りやすい。後押し、協力できますよってことは是非にも頑張っていただきたい。

けどこの団体見てるとただの権利主張して、金をクダサイって言ってるだけに過ぎない

そんな団体のいうことを支持はできない。

後この記事かいてる東海林って人。この人も調べるとちょっと偏ってますね。とても同意できませんよ。

時々ですが、はっきりさせておこうと思うこと

はじめに…

これはいわゆる古武術と称する文化への言葉感覚からの批判です。

批判から眼を背けたい方は読まない方が良いし、批判されることが不快な方は遠慮なくマイミクを切っていただきたいですね、腹立てると健康に悪いから…

また、歴史的或いは言語学的な反論には、喜んで勉強させていただきますし、単なる感情論であれば時間の無駄とは思いますが、可能な範囲で説明するつもりです。

なお、この日記の目的は、歴史的な意味としての「古武術(或いは古武道)」ではないものが、古武術(或いは古武道)と誤解されるような使い方(古武術○○とかね)をすることに対しての擬義でありまして、これら「いわゆる古武術家」の技量等に対するものではありません。

それは全く別の話で、おっさん、彼等もしくは彼女等が、古武術という冠さえ付けていなければ、むしろ新しい身体学へのアプローチとして感心しているでしょうからね。

だから、いわゆる古武術という表現には抵抗を感じながらも、この系統の先生から学ぶ方がいるのもよくわかる。

それ故、いわゆる古武術というジャンルへの批判は、おっさんの関心事項のごく一部です。それは、おっさんの日記傾向をチェックすればすぐわかる。たまにしか書いてないよ(笑)

しかし、たまには必ず書かなければいけないとも思うんですね。

例えば…

過去にも武田惣角の大東流や國井善彌の鹿島神流など、その歴史性に疑問のある古武術の流派はありました。これらの流派は明治またが昭和に創始したであろうことは研究者により、ほぼ定説化されています。

こうした歴史の詐称も良くはないな。

良くはないけど、実はおっさん、それほど気にならない。

古武術という言葉の意味を変えているのではないからね。

単なるインチキだ(笑)

ところが、いわゆる古武術の場合、あれは徳川時代からの人的継承もなく、またその技法理論も日々発展進化していると明言しておる。

つまりは、あれを古武術○○とか言うことは、古武術という言葉の定義を破壊することなんだよ。

だから、おっさんはその小さな小さな声を時々挙げざるを得ないんだ。

あれを古武術といっちゃぁダメだよとね!

あっ、ちなみに、この流れの頂点である甲野さんが、現在、自らの位置を古武術と称していないことは知っているからね。

それでも、マスコミに書かれたり、お弟子さんがいまだに古武術○○と使っているんだから、責任大きいよね。

さて、次回はより具体的に、言の葉を重んじる立場から書かせて頂きます。

変則連休中には仕上げるからね~

基本的には同じよ

持参金が少なくて虐待、とカーストと関係あるかな?もともと違うカーストの人と結婚しないとおもうけど…
各カーストでさらに持参金が少ない妻を虐待しているの?

持参金もだけど、
男が死んだら妻も一緒に焼き殺すというのもあるらしい。

自分が死んでも妻が他の男のものになるのは嫌だ、とか
他の男に抱かれた女なんていらねー
とか。
日本だって、社会が許容すればやると思う。
シングルマザー叩きみてるとね。
生別シングルと風俗嬢は人権認められていないもの。


日本にいたヒンズー教徒でも
「日本はヒンズー教徒ではないからカースト関係ない」
と思う人と
「カーストではないから不可触民」
と思う人もいて
下位カーストから「お願い」なんてとんでもない!
と激怒したりとか。

差別する対象が多いほどイライラ増えるよね…。
持参金が少ないと妻を虐待する人、幸せなんだろうか…

対等でないと恋愛なんてできるのかな?

差別と区別は違うから~、全面的に却下。
根本的にわかってないので。

差別や偏見がない社会は無理かもしれないけど
幸せになるためには、差別心少ない方が幸せだね

生い立ち

私は木工の街で産まれ育ちました。
兄とは年子で、父方の祖父は箪笥職人だったらしい。私が産まれた時には既に他界してました。

私の父親は大工職人(?)だったらしい。
昔ながらの無口で頑固親父で、いるだけでビビるような存在。でもいないと不安になる、そんな存在でした。大工の仕事も不安定で、母親も稼ぎに出てました。

父親と母親は折り合いが悪く、常日頃ケンカばかりしてました。

ある日、父親が母親に跨がり、父方の母(私からすれば祖母)が包丁で母親の太ももを切りつけました。
その光景が受け入れられず、パニック障害になりました。

一軒家で暮らしてましたが家庭内別居で、母親と私達兄弟は父と祖母とは別に寝ていました。
父はその後もことあるごとに母親に暴力を振るい、夜中も私達が寝ている部屋に乗り込んできて、度々暴力を振るうようになりました。私も我慢の限界で、「やめろよもう!」と父親を突き飛ばしました。
別の日の夜、今度は私に牙を向けました。
そして離婚。

やっと落ち着いて眠れるようになりました。

長いのでまた次!!

今日の健康『口臭』です!

口臭の原因

口臭の原因はいくつか考えられます。思い当たるものがある方は、あとでチェックしてみましょう。

生理的な口臭

1 寝起きの時の口臭
2 緊張やストレスを感じた時の口臭
3 空腹時の口臭
4 女性の生理や妊娠時の口臭
5 飲食に関連する口臭

にんにくやにらなど、においのきつい食べ物などを食べた後に口臭が発生します。

口の中に原因がある口臭

1 虫歯からの口臭
2 歯に付着した歯垢からの口臭
3 歯周病による口臭
4 差し歯や入れ歯などからの口臭
5 腸に原因がある口臭

排泄の働きが悪くなった場合など、大腸内に残った食べ物は、 腐敗が進行し、硫化水素やアンモニアなどが発生します。これらの毒素が体内に入り込むことで、口臭の原因になることがあるそうです。

自分の口臭をチェックしてみよう

コップ・ビニール袋で口臭チェック

コップかビニール袋を用意します。
中に息を吐きます。
吐いた息のにおいをチェックします。
少しでもにおいがすれば、これが自分の口臭ということになります。朝が一番臭うので、この時に試すとわかりやすいです。
オキシドールチェック法

オキシドールは、ケガをした場合に使用される消毒剤で、家庭に常備されていることもあるかと思います。もし、家庭にあれば、こちらの方法もお試しください。

オキシドールを水で2倍に薄めます。
軽くうがいをします。
オキシドールを吐き出します。
吐き出したオキシドールに泡が多く発生している場合は、口臭が発生している可能性があります。
舌チェック

舌を出してみると、白や黄色などのポツポツしたものがついている方がいらっしゃるかもしれません。これは、舌苔(ぜつたい)と呼ばれるもので、口臭を引き起こす原因の1つです。

舌苔をティッシュや綺麗な布等で拭い取る
においをかいでみる
においがするようなら、口臭が発生している可能性があります。
口臭を予防しよう(緊急編)

臭いものを食べた!あれ?臭い!!と気がついたときに緊急に対応できる方法をです。コンビニやスーパーにも売っている手に入れやすい食材を食べることで口臭を消すという方法をご紹介します。

にんにくやお酒のにおいは、口の中に残ったものの匂いだけではなく、体内に取り込まれ、胃で消化され、腸で吸収され、血液を介して全身を駆け巡り、肺から吐き出されるニオイなのでガムでは効かないそうです。
りんご

りんごのアップルフェノン(りんごポリフェノール)には、様々な作用がありますが、その中の口臭の原因となる事が多いメチルメルカプタンを抑制する作用が口臭を抑えてくれます。食後、10分~20分以内に食べるようにしましょう。



柿には「柿タンニン」という物質が含まれており、この柿タンニンに含まれるフェノール性水酸基(-OH基)と各種悪臭成分と化学的に結合し、違う物質(ポリフェノール付加化合物)に変化するために消臭することができます。

梅干

梅干のクエン酸の成分が口の中の細菌を、抑制してくれる働きがあります。また、口の中の口臭の原因である、たんぱく質を分解してくれたり、食べカスが、元気になるのを防いでくれる働きをします。

牛乳

牛乳は、魚や肉などの生臭さを消してくれ、ニンニクやニラなどの臭いの強い食べ物を食べた後の口臭予防をしてくれます。牛乳に含まれているたんぱく質が、ニンニクの成分のアシリンを胃の中で包み込んでくれるので、臭いが和らぎます。食事の前と後で飲むとより効果的です。

緑茶

緑茶に含まれるフラボノイドやカテキンといったポリフェノールは消臭作用があるといわれていますので、食事のとき、後に緑茶を飲むとよいと言われています。急いでいるときはペットボトルの緑茶を飲んでみましょう。

歯磨きをする

これは当然ですが、歯にたまった歯垢や食べかすなどが口臭の原因になりますので、食べたら、歯磨きを必ずしましょう。お昼などは難しいこともあると思いますが、朝晩は必ず磨きましょう。

また1日1回は、少し時間をかけて、磨き残しのない歯磨きの方法を実践してみましょう。

参考:みがき残しの少ない歯のみがき方法
個人ではなかなかうまくいかない場合もありますので、定期的に歯医者さんで歯垢を取ってもらうこともよい方法です。