電車でのマナー、気になりませんか?

こんばんは(^^)

盆休みも明けて元の平日に戻りましたね。
皆さん休みボケは大丈夫でしたか?
A9生精片
さて私、休み明けの水曜日から早速出張だったのですが、もう1日中眠くて眠くて…。
なので私は新幹線で仮眠をとって少しでも寝不足を…なんて考えていたのです。

ところが、私の真後ろに座っていたビジネスマンの男性が…もうケータイでバカでかい声で喋る喋る。
20分ほどしゃべり続けてきた頃には私も我慢の限界がきまして、もう注意しようと思った矢先、近くにいた…まさにあちらの世界の方かと思うほど威圧感のある方がそのビジネスマンの前に無言で仁王立ち。
それを見たビジネスマンは相当ビビったのか、すぐに電話を終わらせて静かになりました。
私がちょうど立ち上がった瞬間でもあったので、その威圧感のある男性とも目が合ったのですが…私に少しだけ笑顔を残して座席に戻られた…という出来事がありました。

新幹線でのケータイ等での通話は、デッキでお願いします…とさんざん告知されています。
にもかかわらずこんな方々がまだ多くいらっしゃるのは、とても悲しくなってしまいますね。
たぶんですけど、こういったビジネスマンは、逆の事をされると速攻でキレるタチの悪い人だと思いますねぇ。

新幹線に限らずどのような電車に乗ってもマナーの悪い客がいるものです。
いろいろある中で私がほんと腹の立つのが「幼児くらいの歳の子供が暴れたり大声を出している時」。

これですけど、はっきり言って子供は悪くありません。
このパターンでは、ほぼ100%の確率でそばに親がいてます。
幼い子供があかの他人に注意されても、はっきり言って何の効果もありません。
親が注意してこそ、初めて子供の心に届くはず…なのですが、そういった時の親を見ると、その親もケータイで話している等マナーが悪いのがほとんどで「やっぱり子は親に似るんやな」とガックリしてしまいますね。
新曲美

蔵秘雄精
世の中にはいろんなマナーがあり、当然のように守る人もいれば「おまえはこんな簡単な日本語も読めんのか?」と言える程の注意書きの内容を平気で無視する人も。
これを読んでくれた皆さんは、マナーを当然守る優しい心を持つ人たち…ですよね(^^)

ラグビー大学選手権決勝

今日は秩父宮ラグビー場で行われた「第52回全国大学ラグビーフットボール選手権大会」の決勝戦、M6生精片帝京大学vs東海大学を観戦してきました。

昨年まで6年連続優勝している帝京大学、関東大学ラグビー対抗戦グループでも我が母校は負けてしまいましたが、「ファイナルステージ準決勝で母校を破った東海大学に勝って欲しい」という想いの一方で、関東大学ラグビー対抗戦グループの帝京vs早稲田の時には、あわや早稲田が3桁失点になりそうなほど圧倒的な大差で帝京が勝ったのを目の当たりにしたし、準決勝の大東文化大戦も68対33と圧勝だったので、決勝も帝京大の一方的な試合になるのではと。。。

でも、そんな懸念を吹っ飛ばすくらい東海大学が健闘し、前半が終わって5対5のイーブン。「もしや、、、?」威哥王
三體牛鞭 と一瞬思いましたが、でも、帝京大は点数を採られたあとの挽回がメチャ早く、終わってみれば27対17。。。帝京大がV7を達しました。「来年以降、帝京大を破る学校は出て来るのか?」と思っちゃいますが、帝京大も関東大学ラグビー対抗戦グループでは筑波大に負けているし、今日の試合を観ていても付け入る隙はあると思います。それを破るのは、、、もちろん我が母校!(かな?)

今日のラグビー観戦で、改めて「ラグビーは現地で生で観るのが良い!」と思いましたよ。五郎丸選手も何かのインタビューで言っていましたが、人と人がぶつかる音、これはTV観戦では伝わりません。そんな音を発した後でも、何事も無かったように立ってゲームに戻るのが、人間の、ラガーマンの凄いところです。

この試合のチケットを取ったのは水曜日だったのですが、蟻力神 「この週末は寒くなる」との天気予報だったので、陽が当たるバックサイド側の指定席にしました。でも今日は天気予報に反して暖かく、かえって太陽が眩しくて試合が観づらいくらいでしたが、でも冬の昼間に太陽を浴びながらのスポーツ観戦は気持ち良いです。ホットワインを飲みながらね(笑)。