台風16号、四国沖を東へ

強い台風16号は20日午前0時すぎに鹿児島県の大隅半島に上陸した後、宮崎県から四国沖に抜け、同日朝は東北東へ進んだ。
中国精力剤,四国を中心に非常に激しい雨が降り、気象庁は西日本では大雨による土砂災害や河川の氾濫に厳重に警戒するよう呼び掛けた。暴風や高波にも警戒が必要。

 鹿児島、宮崎両県では1時間の雨量が110ミリ以上を記録した所があり、九州や四国の一部に土砂災害警戒情報が出された。東海・関東沖に延びる前線の活動が活発となり、東日本の太平洋側も大雨となった。16号は20日夕方に紀伊半島付近、21日未明に関東の太平洋側へ進み、その後日本の東海上で温帯低気圧に変わる見込み。
狼一号 ...
 総務省消防庁の20日朝の発表によると、鹿児島、宮崎両県で計2人が軽傷を負った。九州と四国では同日午前6時時点で20万650世帯の計約4万3800人に避難指示、約28万6600世帯の計約63万2500人に避難勧告が出た。

 21日午前6時までの24時間雨量は多い所で、近畿300ミリ、四国と東海250ミリ、伊豆諸島200ミリ、北陸180ミリ、関東甲信150ミリ、九州と中国100ミリと予想される。

 21日にかけての最大瞬間風速は九州南部50メートル、四国45メートル、九州北部と近畿35メートル、東海30メートル。波の高さは6~8メートルの見込み。

 16号は20日午前7時、高知県・足摺岬の南南西約40キロの海上を時速35キロで東北東へ進んだ。中心気圧は960ヘクトパスカル、最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。半径110キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、北西側440キロ以内と南東側280キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 
狼王戦宝

「カープV預金」もみじ銀行、優勝で金利4億円上乗せ目前“ウレC悲鳴”

申し込み総額過去最高の1981億円 プロ野球・広島の25年ぶりセ・リーグ優勝が目前に迫る中、地元のもみじ銀行(広島市)の名物商品「カープV預金」も販売開始22年目にして初の「優勝金利上乗せ」の実現が見えてきた。
狼一号
 カープが優勝すると、預入時の店頭表示利率に0・2%(税引前、以下同)の利率を上乗せする商品。申し込み総額が過去最高の1981億円となり、約4億円の“金利負担増”となるが、同行の担当者は「預金者の方に喜んでいただけるのが何より」と歓喜の時を心待ちにしている。

 四半世紀ぶりの歓喜を届けてくれるだけじゃない。カープの優勝は、広島市民のフトコロもあったかくしてくれることになりそうだ。

 カープが優勝すると、預金額の金利が預入時の店頭表示利率に0・2%上乗せされる1年物のスーパー定期商品「カープV預金」。もみじ銀行が前身の広島総合銀行(せとうち銀行と2004年に合併)時代の1995年に取り扱いをスタートさせた。超強黑倍王地元球団の成績と金利を連動させる地銀の商品としては草分け的な存在で、今年で22年目を迎えたが、誕生以来、カープが優勝した例はなかった。

 現在の店頭表示利率0・025%で計算した場合、セ・リーグ制覇が実現すると、8倍もの金利が上乗せされることになる。預入額が上限の1000万円の場合、本来の年間利息は2500円だが、2万2500円に大幅増額される。

 今年の取り扱いは、3月1日から6月30日まで行われ、初日のイベントでは「キクマルコンビ」こと菊池涼介内野手(26)と丸佳浩外野手(27)が最初の預金者に。締め切りが迫った6月14日からチームが32年ぶりの11連勝を記録すると、預金者が殺到。最終日の6月30日には各支店の前に行列ができ、1日で111億円もの預金が集まった。預金総額は、過去最高額を記録した昨年を、さらに168億円上回る計1981億円に達した。

 そのため、金利上乗せ分は約4億円となったが、もみじ銀行の業務サポート部の担当者は「もちろん費用はかかりますが、25年ぶりの優勝ですからね。地元が盛り上がりますし、預金者の皆様が喜んでいただくのが何よりです。行員一同、心待ちにしています」と大歓迎の様子だ。

 同じく広島市内に本店を構える広島銀行も、カープの観客動員数と成績に応じて金利を上乗せする「<ひろぎん>カープを応援しよう!定期預金」を2009年から取り扱っている。主催試合の観客動員数の方は既に165万人以上に達しているため、狼王戦宝優勝すると、もみじ銀行と同様に利率0・2%が上乗せされる。

何かを否定するなら、否定される覚悟を持とう

これ、僕に足りないことですね。

気に入らないから文句を言いまくる。

口汚く罵りまくる。

威哥王
これとっても簡単なストレス解消法で

出したあとはほんとにスッキリするんですよ。

ふーー…

言ってやった言ってやった…(*´∀`*)


みたいなw


まさにその場しのぎなんですけどね。

もちろんそんなの周りを不快にさせるに決まってるわけで

あらゆる方面から反感を買ったり

場合によっては直接非難されたりもする。

そうなると、発散したはずのストレスが

結局もとの量以上に溜まってしまうんですよね。
巨人倍増

言い合いをして喧嘩して打ち負かせたとしても

それもストレスですからね。


時間もエネルギーももったいないです。

喧嘩でなくても

対立意見の交換や討論でも

そこそこに疲れますし

着地点が見つからないとモヤモヤもする。


そのストレスから逃げるために

お互いの意見を封じ込める

ということはあまり好ましいことではないような気がするので

話し合うべきところは

ちゃんと話し合った方がいいとは思います。


ただ、自分が何かを否定するときは

かならずその反対の意見も出てくる、という覚悟をもって臨まなければ

精力剤通販店
反対意見をただの邪魔物だと思い

短絡的に攻撃してしまったりしますよね。

<シベリア抑留>遺骨収集14年、92歳「命の続く限り」

第二次世界大戦の終結後、約60万人が旧ソ連の強制収容所に送られたシベリア抑留の引き揚げが終わってから今年で60年。約3年間抑留された荒木正則さん(92)=大阪府河内長野市=は毎年、遺骨収集のためロシアやカザフスタンなどを訪れている。抑留では約6万人が亡くなったとされるが、収集された遺骨は半数に満たない。遺骨収集団に加わり7月にロシアを訪れた荒木さんは「命の続く限り、戦友の遺骨を抱いて帰る」と決意している。
催淫カプセル
 荒木さんは熊本県出身。1944年に陸軍に入隊し、終戦直前に幹部候補生として旧満州の予備士官学校で訓練中にソ連軍の侵攻を受け、ロシア・ハバロフスク地方に抑留された。

 外気温は氷点下63度まで下がり、食事は一切れの黒パンと湯のような具のないスープだけ。第2シベリア鉄道の建設のため、朝8時から森林の伐採作業に動員された。喉を潤そうと小屋の外に雪を取りに行った戦友は撃ち殺された。荒木さんが最初に覚えたロシア語は「ウボールヌイ(便所)」。逃亡と思われて見張りの兵士に銃殺されないためだった。

 10カ所以上の収容所を転々とした後、48年10月に帰還。曲美 製鉄会社に定年まで勤め、93年からシベリア抑留の慰霊の旅に出始めた。

 遺骨収集を始めたきっかけは2002年。慰霊のため訪れたハバロフスク地方の原野で1500体が埋まる遺骨収集現場に立ち会い、泥の中から頭蓋骨(ずがいこつ)が取り出される様子を見た。ともに苦労し、帰りたいと願いつつ死んでいった仲間たち。「俺もやらなければ」。翌年から厚生労働省派遣の遺骨収集団に参加した。

 ロシア側の資料を頼りに、墓標もない湿地を数十センチ掘ると、遺骨が出てくる。切断された頭蓋骨や、足をゴムで束ねられた遺骨に言葉を失った。同じ場所から数体分が折り重なるように出てくることもあった。

 時には膝まで泥につかりながら、熊手やスコップで地面を掘る作業は高齢の体に負担がかかるが、「歩けないのか、ならば俺が連れて帰る」という一心で続けてきた。今年7月は15日間の日程でハバロフスク地方のコムソモリスク・ナ・アムーレを訪れた。

 荒木さんは舞鶴港に引き揚げた当時に着ていた上着を、今も大切に保管している。ダモイ(帰還)の中継地で支給されたものだ。ソ連からは何も持ち帰ることを許されず、上着がただ一つの思い出の品なのだ。「新品かと思ったら継ぎ当てしてあった。綿だけどぬくいんですよ。収容所ではみんなこの上着で作業しました」
巨人倍増
 抑留経験を語れる人は減り、学校でもシベリア抑留について詳しく教えられていないと感じている。「20世紀の一大悲劇がこのままでは消え去ってしまう」という焦燥感にも駆られる。「土に返る寸前のものもあり、一人でも多くの遺骨を故国に持ち帰りたい。自分たちのような当事者が語り続けることで、体験を次世代に引き継ぐことができれば」

視覚障害者団体、調査へ 盲導犬連れ事故に衝撃

東京メトロ銀座線の青山一丁目駅(東京都港区)で、盲導犬と歩いていた目の不自由な男性がホームから転落し電車にはねられ死亡した事故の衝撃が広がっている。駅のホームは視覚障害者から「欄干のない橋」と危険視されており、障害者団体は当時の状況などを独自に調査することを決定、メトロは再発防止のため「積極的に声がけすること」を社員に指示した。事故防止にはホームドアが有効だが未設置の駅も多く、視覚障害者は乗客ら周囲の助けの必要性を訴える。催淫カプセル

 警視庁赤坂署や東京メトロによると、死亡した世田谷区の会社員、品田(しなだ)直人さん(55)は15日午後5時45分ごろ、同駅渋谷行きホームから転落、入ってきた電車にはねられた。同駅近くの会社に勤務しており、帰宅途中に事故に遭ったとみられる。ホームに点字ブロックはあったが、ホームドアはなかった。

 品田さんは今春まで北海道で暮らしていた。一緒にいたラブラドルレトリバー「ワッフル号」(メス、4歳)を訓練した北海道盲導犬協会によると、ワッフル号は品田さんにとって2頭目の盲導犬で、協会が約7カ月間訓練した後、2014年5月末に貸与した。品田さんが東京に転居したため、指導員が自宅周辺や通勤路の危険箇所を一緒にチェックしていたという。

 協会の和田孝文訓練所長(50)によると、ホームを歩行する際は「利用者がホーム側を歩き、犬は線路側に」イカオウ と指導していた。防犯カメラ映像には、指導とは逆に品田さんが線路側を歩く姿が映っていた。理由は不明だが、和田所長は「地下鉄の駅は音が反響しやすいうえ、多くの人が行き交う。方向感覚を失った可能性がある」と推測する。

 視覚障害者団体も事故を重く受け止める。日本盲人会連合(61団体加盟)の竹下義樹会長は曲美「盲導犬を連れていたのに転落したケースはまれ。ショックだ」と話す。
Calendar
«  November 2019  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

search this blog.
category
archives
links
others