地球イチバン・南スーダン

NHKの地球イチバン、
南スーダンの回をみました。

南部のキリスト教勢力と
北部のイスラム教勢力が争う内戦を経て、
地球で一番新しい国として独立した
南スーダン。

番組は、
女の子たちがミス・マライカ(天使)という
ミスコンテストを目指し
モデルとしての訓練や
国をよくするために自分は
何をしたいかのプレゼン準備をする様子を
追っていきます。

番組が密着していた子は惜しくも
1位にはなれませんでしたが、
ここで学んだこと、
見つけた課題は
彼女たちの人生をきっと
よりよいものにするはず…と
番組は終わるはずでした。

しかしミスコンの後、
首都で部族間の抗争が起こり
街は戦闘状態に陥ります。
密着していた子とも
連絡がとれない状態に。
クリスマスの日、
ようやくその子と電話がつながりました。
「私も家族も無事よ」と彼女は言う。

南スーダンの女の子たちに
教育を行き渡らせるという彼女の夢は、
ほんの数週間前より遠ざかってしまいました。
しかし彼女の声は
希望を失っていないようでした。
同じようにきつい状況を
なん度も乗り越えてきたんだもんね。

私も南スーダンの戦闘のニュースは
どこかで読んだような気がします。

しかしアフリカはあまりに遠く、
スーダンという地名は
ずっと政情不安のニュースとセットになっていたので
「ああ、またか」と流してしまっていました。

国際面の片隅にしか載らないような戦闘が
ふつうの人の毎日や
ようやく取り戻した希望を
ゼロにリセットしてしまう重みを
想像できていなかった。

番組を通して
南スーダンの風景や人々の顔を見てから
戦闘のニュースにふれると、
痛みの感じ方が違うような気がしました。
女性用精力剤
催淫剤