マッサージはお好き?

想像してみよう!

大好きな人の腕にくるまれ、凝り固まった身体を、ほんのり温かい指先でなぞられる感触を。

鎖骨部分のリンパから始まり、顔、首、胸、腕、お腹、足へと擦りながらゆっくり下りていくオイルマッサージ。

ほんのりピンクに染まり温まったところで、頭、首、肩、腰、足裏のツボ指圧。

道具は一切使わない。
完全指のみの極上ツボ刺激。

痛きも!くらいの力で、じわじわ体重をかけていく微妙なさじ加減。
いちいち「ここは?」「これくらい?」など聞かなくてもわかる信頼感。

目を半開き、口も半開き、時々イビキが聞こえて来たら、こっちのもの!
普段カッコいい彼が、脱力感でおマヌケな顔になってるのが、これまた愛おしい。

眠っているのをいいことに、手を休めチューしたり、あんなとこやこんなとこも触りたい放題!

私が変態と言われる由縁である

調子に乗っていると、忘れた頃に「そう言えば、あの時は、~~したよね。やっぱり変態だ!」と後々追い討ちをくらう。
寝たフリなんて、ズルいぞ~!

ほんとは、私だってして欲しいんだよ。
でも、日々仕事や家事頑張ってる彼には、逢ってる時くらい気持ちよくなって欲しいから。

「気持ちいい~。来てくれてありがとね」って言葉と極上のギューッをお返しにくれる彼。
心臓のトクントクンが、とても心地よくて落ち着く。

マッサージされるのはお好き?

私は、マッサージされるのも、するのも両方大好き
レビトラ体験談
精力剤ランキング