心筋梗塞を防ぐ狭心症対策

■カテーテル治療やバイパス手術が行われる■

【狭心症】と診断された場合、まず行われるのは薬物療法です。

軽度の狭心症なら、それでコントロール出来る事が多いのですが、重度の狭心症では、十分な治療効果が得られない事があります。

その様な場合には、【カテーテル治療】や【バイパス手術】など、心臓の冠動脈に対する直接的な治療が行われます。

■次のような場合にに検討される■

カテーテル治療やバイパス手術が検討されるのは次のような場合です

1つは、薬をしっかり服用していても、発作が抑えられない場合です

もう1つは【不安定狭心症】の場合です。

これまでより症状が『強い』とか『長く続く』とか『軽い動作で起こる』とか『頻繁に起こる』とか『初めて症状が出てから1か月以内に再び症状が出た』時は不安定狭心症の可能性があります。

《カテーテル治療》

※カテーテルを用いて冠動脈にステントを留置する※

カテーテル治療で現在主に行われているのは【ステント療法】と言う方法です。

ステントは金網製の小さな筒です。

カテーテル(医療用の細い管)を使ってステントを冠動脈の狭窄部(内腔が狭くなっている部分)まで送り込み、広げて留置します

ステントが血管の壁を支える
男露888
徳国公牛
999皮炎平