ベビーシッターの男に懲役26年 預かった男児殺害

ベビーシッターとして預かった男児(当時2)を殺害したとする殺人などの罪に問われた物袋(もって)勇治被告(28)に対し、横浜地裁(片山隆夫裁判長)は20日、懲役26年(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。

 検察側の主張によると、2014年3月、物袋被告は埼玉県富士見市の自宅マンションで、男児の鼻と口をふさいで殺害したとされる。また、男児の弟にも食事を与えずに低体温症にしたとする保護責任者遺棄致傷罪や、男児を含む約10人に対し、下腹部を強くつかむなどしたという強制わいせつ罪など六つの罪に問われていた。

 弁護側は男児を含む乳幼児約20人の写真を撮るなどした児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪については認める一方、他の五つの罪については起訴内容を否認。「風呂場で溺れた男児にベビーシッターとして適切な対処ができなかった」として、殺人罪ではなく業務上過失致死罪にあたり、「懲役7年が相当」などと主張していた。
Calendar
«  July 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
26
27
28
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others