「米国版はやぶさ」打ち上げ=7年後、小惑星試料を地球に―NASA

米航空宇宙局(NASA)は8日夜(日本時間9日朝)、壮根精華素南部フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から無人小惑星探査機「オシリス・レックス」を打ち上げた。太陽系の成り立ちを知る「情報の宝庫」という小惑星の表層試料を採取し、7年後の2023年9月に地球へ届ける計画。小惑星「イトカワ」から10年に微粒子を持ち帰った日本の探査機「はやぶさ」の米国版といえる。

 「スポーツ用多目的車(SUV)ほど」の大きさのオシリス・レックスは、打ち上げ約1時間後にロケットから切り離された。18年夏に小惑星「ベンヌ」(直径約500メートル)へ接近を開始する。その後、各種観測機器でベンヌを詳細に探査。サンプル採取に最適な場所を決定し、20年7月ごろに実際の採取を予定している。

 ベンヌに着陸はせず、先端に円形の試料回収装置が付いたアームを伸ばして地表に接地させ、ガスを噴射して巻き上がる物質を取り込む。採取量は60グラム~2キロを想定。カプセルに収納して持ち帰る。23年9月に地球に近づき、試料カプセルを切り離して大気圏に突入させ、ユタ州で回収する。

 持ち帰った試料は分析のため、一部は宇宙航空研究開発機構(JAXA)に提供される。オシリス・レックスの調査主任ダンテ・ロレッタ氏は「太陽系の始まりまでさかのぼる(情報を含む)サンプルを探す。King Wolf狼王戦宝生命の起源へと進んだ過程を解明したい」と意気込む。

 JAXAは、はやぶさに続いて14年12月に「はやぶさ2」を打ち上げた。オシリス・レックス計画のジェフリー・グロスマン氏は「はやぶさが(試料回収を)できると実証した。オシリス・レックスはそれを足掛かりとしている」と話している。 花痴

Calendar
«  September 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

search this blog.
category
archives
links
others