ネットワーク上でMod開発を共有するための独自のクリエーションキットがあることを明らかにしています。

本作PC版においてはゲーム本編と全DLC、または『The Elder Scrolls V: Skyrim - Legendary Edition』を所有していると無料でアップグレード可能。先日には既存のModについても「基本的には動作する」という発言をしており、現在楽しめているゲームプレイをほとんど崩さないスムーズな移行ができそうです。
ラテール RMT

この仕様は意見が分かれるところかもしれませんが、やはり勢力間PvPなどをフィーチャーしているタイトル

体験会の会場で、『エルダー・スクロールズ・オンライン』日本語版のローカライズプロデューサー松本卓也氏に、いくつか話を訊くことができました。まず、海外ゲームファンには気になる情報として、日本語版は表現の規制といった海外版との差異は一切ないとのこと。また、サーバーに関しては一部で伝えられているように、日本専用のサーバーが用意されるのではなく、NAサーバーに接続して北米プレイヤーと一緒に遊べる仕様だということです。
マビノギ英雄伝 RMT

ウェブマネーに聞いたDetonatioNとスポンサー契約を締結したわけ―「e-sports、ゲーム文

ウェブマネーが2016年4月に発表した、プロe-Sportsチーム「DetonatioN Gaming(デトネーションゲーミング)」とのスポンサー契約に関する経緯を伺うべく、今回はその担当者・土田耕平氏へのインタビューを実施してきた。
マビノギ英雄伝 RMT

中東ショップに『Titanfall 2』発売日が掲載

中東ゲーム小売店MePlayのWebサイトにて、Electronic Artsによる新作シューター『Titanfall 2』の製品情報が掲載されています。該当ページによれば、「発売日: 2016年8月30日」「価格: 269UAEディルハム(日本円で約8,000円)」であるとのこと。

これまでにEAから正確な発売スケジュールは伝えられていない『Titanfall 2』。リリース日程がプレースホルダーである可能性も拭えず、PlayMeが公開している商品イメージもすべて前作のもの。しかしながら続編に期待するゲーマーにとっては気になる情報と言えるのではないでしょうか。
ハウンズ RMT

Enoch Huang氏が,2016年第4四半期にもBenQがHDR対応ディスプレイを出す可能性に触

ZOWIEのコアなファンからすると,「BenQがいくら融合と唱えたところで,Vincent Tang氏がいないのでは……」と思うかもしれないが,実のところ,インタビューの現場にTang氏は同席しており,インタビューの前後には,雑談にも付き合ってくれている。正直,氏をSteelSeries時代から知る担当編集としては,インタビューの内容よりも,氏が同席していたというこの事実に一番安堵したというのが正直なところだ。
 Tang氏は「BenQのゲーム部門」におけるスポークスパーソンの座から下り,いまはZOWIE側の開発チームを率いて,製品開発に専念している。旧ZOWIE GEARは,氏が立ち上げたブランドであるだけに,Tang氏が新ZOWIEを率いている限りは,今後もブレることなく,ターゲットとなるユーザー向けの製品開発を進めてくれるだろう。
イルーナ戦記 RMT