この仕様は意見が分かれるところかもしれませんが、やはり勢力間PvPなどをフィーチャーしているタイトル

体験会の会場で、『エルダー・スクロールズ・オンライン』日本語版のローカライズプロデューサー松本卓也氏に、いくつか話を訊くことができました。まず、海外ゲームファンには気になる情報として、日本語版は表現の規制といった海外版との差異は一切ないとのこと。また、サーバーに関しては一部で伝えられているように、日本専用のサーバーが用意されるのではなく、NAサーバーに接続して北米プレイヤーと一緒に遊べる仕様だということです。
マビノギ英雄伝 RMT
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/idakuomap/25202