同窓会へ

中学を卒業以来だから、10年ぶりに昔の仲間たちと再会することになる。
このまま電車を乗り継ぎ、最寄駅から会場まで徒歩で五分。あと、二十分弱ほどで到着するだろうか。

午後の比較的空いている時間帯。七人掛けの長い座席の一番隅、すぐ隣が出入り口という場所に腰かけ、俺はスマホのメール画面を眺めていた。
俺の座る座席には三人しか座っておらず、隣の人間との間には二人分ほどのスペースがある。
ふと、スマホから視線を外し、向かいの座席に眼を向ける。
向かいの席にも、似たような状況で、座席には両端に一人ずつしか座っておらず、俺の真向かいに文庫本を読んでいる女性がいる。
あ、一瞬、眼が合った。だが、途端に文庫本に視線を戻した。
眼鏡をかけていて、つやつやした黒く長い髪を一つにまとめて肩口から前に垂らしている。薄い緑のゆったりとしたワンピースに薄いピンクのカーディガンを羽織ってヒールのない靴をはいた姿は、とても地味で落ち着いた印象だ。
年のころは、俺と同じ二十代中ごろだろうか。

同じ年頃か・・・・・・
確か、俺が電車の乗った時には、すでに向かいに座っていた気がする。まさかな。いくらなんでも、ないよな。

そう結論付け、もう一度スマホの画面に視線を戻したのだが、なぜだか、じっと誰だかに見られているような気がしてそちらに眼をやると前の女性だった。
俺が視線を上げたものだから、慌てた様子で文庫本に視線を戻していた。

もしかして、知り合いか? けど、あんな女性に知り合いなんて・・・・・・

思い立って、目の前の女性の眼鏡を取り除き、髪をショートにし、そして、顔立ちを幼くした姿を思い描いてみる。

ら顔を上げた

次の休み時間、小西さんが、オレの隣の席の吉野に近づいてくる。
何かを決心したかのように表情を引き締め、胸の前でぎゅっとこぶしを握っている。
「あ、あの、よ、吉野香港服务式公寓くん・・・・・・?」
「ん? なに、小西さん?」
「あ、え、えっと・・・・・・」
一度、うつむき、肩を震わす。いつしか、そのただならない様子に、オレたちの周囲の連中全員の視線が集まってきている。
やがて、泣きそうになりながら顔を上げた。
「あ、あの、吉野くん・・・・・・」

そこで言葉を詰まらせ、なかなかその続きが言い出せないようだ。
オレの前の席で文香が小さく『がんばれ』とつぶやいているのが聞こえてくる。周りの連中も息を止めて見入っている。
だが、そんな空気にすら全然気が付いていない男がこの場に一人いて。
「あのさ? 俺に何か用? 用がないんだったら、後でいいかな? 俺、ちょっとこれから用事あるからさ」
「えっ? あ、えっと・・・・・・ どぞ」
たちまち周囲に張りつめていた緊張牛熊證打靶の糸がほどけた。顔をそらせた小西さんの眼の端に水滴が浮かんでいる。
――なにやってんだよ、吉野よぉ

思わず、吉野を睨んでしまうのだが、それは周囲のギャラリーたちも同じようで、
「ああ、よしのぉ~」「空気よもうよぉ」「よ・し・のぉ~」
失望の声がちらほらと。
そんなアウェーな空気の中で当の吉野はというと、さっさと席を立って教室を出ていくのだった。

小西さんは自分の席に悄然と座って肩を落としている。そして、文香が励ますように、その背をやさしくなでていた。
「文香、ちょっといいか?」
「なによ?」
オレが無言でスマホの画面を見せると、文香が憤慨した顔をして、オレを睨んできた。
――って、なんで俺が怒られてるみたいになってるの?
釈然としない気分で、nu skin 如新
とりあえず、今きたメールに返信をしておいた。
『なにが、『こういうのは男から切り出すものだろ?』だ。そう思うなら、さっさと自分から訊け。さもないと、もうすぐ夏休みだから、一か月以上会えなくなるぞ』

慌てて顔をそむけた

舞踏会は盛況で、沢山の町娘たちが立派な衣装を着た若い男たちとダンスを踊り、賑やかに笑いさざめいている。
私たちが到着すると、早速に王子が挨拶に出迎え、娘たちを眺めて、満足げに薄汚い笑みを向けた。娘たちもひ服务式住宅出租きつった微笑みを返し、王子に礼儀正しく挨拶した。
それから、二人の娘たちそれぞれと王子はダンスを踊り、何事かを取り巻きの若い貴族に囁いて、ホールの奥、玉座の傍らにある王子の席へ引き上げていった。
どうやら、妹の方がお気に召したようだ。
気のやさしく、とても思いやりのある子。親孝行で、笑うとできるえくぼがチャーミングで・・・・・・

涙があふれそうになったから、慌てて顔をそむけた。そしたら、視界に偶然、その子がホールへ入ってくるのが見えたのだ。
「どこのお嬢さんかしら? とても綺麗だわ」
「清楚で美しい娘さんね。どこの家の方かしら?」
「可憐なまるでお花のような。素敵な方だわ」
周りにいた町の人たちが、早速その娘に目をとめ、なかば憧れるような声で吐息のようなものをもらしている。
――本当に美しい人。
私もその女の人に見とれてしまっていたのだけど、急に、娘のうち姉の方が私の袖を引いて耳打ちしてきた。

「ねぇ、あの今入ってきた人って、あ服务式住宅出租の娘にそっくりじゃない?」
「えっ?」
「ほら、泣きぼくろとか、髪の色とか、歩き方とか」
改めてしっかり眺めてみる。姿形こそ見違えるほどに華麗に着飾ってはいるが、よくよく見ると、たしかにあの娘にそっくりだ。いや、あれはあの娘だ。
――でも、なぜ? あの娘は、今、夫の屋敷で留守を守っているはずなのに。それに、あの娘の持ち物の中に、あのようなドレスも、宝石も、ガラスの靴も、なにもなかったはずなのに。
ホール中の視線を集めながら、その娘は伏し目がちにしずしずと進んでいく。

一方、奥の方で、取り巻きの連中と談笑していた王子も、その娘に気が付いたようだ。途端に驚いたような顔をして、まるで心ここにあらずというようにフラフラとした足取りで、ホールの中へ歩みを進めていった。
そして、二人は出会い、二言三言会話を交わしたあと、不意に始まった曲に合わせてダンスをするのだった。
それから三時間以上、二人はぶっ続けにホールの中央でダンスをした。王子は熱の浮かんだ顔で、その娘を見つめ続け、目を離せなくなった様子。もう私の娘たちには興味をなくしたようだった。
その光景を眺めながら、私は何度も自問しつづけていた。
――どうして? なんで? なんで、あの娘がここに? なぜ、なぜ、あの娘が王子と踊っているの? もし、このまま、あの服务式住宅出租二人が結婚するようなことになったら・・・・・・

夫のひどく落胆した顔が頭の中に何度も浮かんで、うずまいた。
――あの人を悲しませたくはない。でも、どうすれば・・・・・・

笑顔がまぶしい

すぐそばから聞こえてきた声に驚いて、石鹸をとり落としてしまった。洗面台にたまった白い泡の中に、すっぽりもぐりこんでもう見えない。けど、今はそんなことより、
「な、なんで、牧原がいるんだよ!」
「藤川、おすっ!」
ショートカットの小さな顔新娘化妝課程の横で、華奢な右手を上げて挨拶。それだけで周囲に幻のお花畑が広がった。
俺と同じクラスの女子で、教室では隣の席だから、朝と帰りに挨拶を交わす程度の間がら。もっとも、それは俺だけではなく、牧原の周囲に席がある男子全員がそうなのだが。
でも、俺にとっては、女子とそんな関係にあるのは牧原ぐらいなものだ。だから、俺にとっては特別といっていい関係で。

「なんで?」
「ふふふ、焦ってる。焦ってる」
俺をいじるのが心から楽しいかのような笑顔がまぶしい。本心からなんかじゃないことは薄々感づいてはいる。大体、自分が異性からどう見えるかぐらいは知っている。俺はそこまで自信家なんかじゃない。
「そうだよね。こんな可愛い子が突然、家のDR REBORN老闆中に現れたんだもね。うふふ」
「え、えっ? ええっ!」
「もう、そこは『どこに可愛い子がいるんだよ』って突っ込むところでしょ」
驚いてまともに話せない俺に、不満げな様子で頬を膨らませて見せてきた。牧原と『おはよう』とか『さよなら』以外の会話をするのって、いつ以来?
「あ、ご、ごめん」
「ううん、そこは別に謝らなくていいからね。ふふふ」

「藤川、ちょっとトイレ借りるねぇ」
「あ、う、うん」
気が付いた。俺がこのままボサッと立っているとトイレの入口をふさぐ形になって通れない。牧原の横を通り抜けて廊下へ出る。そこへ牧原が足を踏み入れてきて、そのままドアノブに手を伸ばして・・・・・・
ん? いや、待てよ。つい今しがた、そのドアの向こうでは俺が用を足したばかりだ。ちゃんと水は流したし、便座は下ろし直した。けど、俺が使った後だから匂いってヤツはまだ漂っているはずで。
やばっ!
慌てて、手を伸ばして、牧原の腕をつかむ。
「ちょっと待って」「え? なになに?」
「お願いだから、ちょっとタンマ」
「えっ ええっ・・・・・・」
そのまま牧原を俺の方へ引き寄せた。ほん新加坡套票の瞬間だけだけど、抱きしめる形になった。すぐに体は離したけど。

直後に、硬直している牧原と眼があった。真ん丸に見開いている。
それから素早く体の位置を入れ替えて、トイレのドアを開き、中へ入る。隅に転がっている消臭剤を拾って、シューッとひと噴き。たちまちラベンダーの香りが広がった。
うん、これでよしっと。もう、俺の残り香はないはず。ふぅ、危ないところだった。こんなことで嫌われるのも、ヤだしな。俺にしては機転が利いて上出来だっただろう。

整いました

暑いからと言って外に出ないとほとんど動かない一日になってしまいがちなので、今月は、いや、とりあえず今日は、「家の片づけの日」と昨夜のうちに決めていた。

洗濯をしながら、まずはモチベーショ探索四十課程ンアップにとYouTubeで片付け系の動画を、コーヒーを飲みながら観る。(←なんか違うと思うけど、いきなりは身体が動かない)

とんでもない汚部屋がみるみる片づいていくのを観るのは面白い。いやあ、どうしてこんなに散らかるんだろう、うん、うちは大丈夫だ、特に片付ける必要ないぞ……って、それじゃだめなのだ。

カラーボックスや突っ張り棒や、100均でいろいろ買ってきて工夫する系や、ホームセンターを巡って大物家具を作緊緻面霜るDIYも、見ていると面白い。でも、うちには必要じゃないし、ものが増えるのは避けたい。

さらに、なんにもない系の人の部屋を観てみる。物が少ないというか、ほとんど無くてきれいさっぱり。床が全部見えているのは掃除が楽そうでいいなあ……とは思うけれど、ちょっと方向性が違う。

などなど、見ているだけでは時間が経ってしまうだけだ。

まあ、分かっていたんだけど。

結局、新たに物を増やさずに片付けるという意味では、こんまりさん流の「全部出して要らないもの長效維他命Cを捨てて、要るものをきれいにしまい直す」がわたしには合っているのだと思う。