同窓会へ

中学を卒業以来だから、10年ぶりに昔の仲間たちと再会することになる。
このまま電車を乗り継ぎ、最寄駅から会場まで徒歩で五分。あと、二十分弱ほどで到着するだろうか。

午後の比較的空いている時間帯。七人掛けの長い座席の一番隅、すぐ隣が出入り口という場所に腰かけ、俺はスマホのメール画面を眺めていた。
俺の座る座席には三人しか座っておらず、隣の人間との間には二人分ほどのスペースがある。
ふと、スマホから視線を外し、向かいの座席に眼を向ける。
向かいの席にも、似たような状況で、座席には両端に一人ずつしか座っておらず、俺の真向かいに文庫本を読んでいる女性がいる。
あ、一瞬、眼が合った。だが、途端に文庫本に視線を戻した。
眼鏡をかけていて、つやつやした黒く長い髪を一つにまとめて肩口から前に垂らしている。薄い緑のゆったりとしたワンピースに薄いピンクのカーディガンを羽織ってヒールのない靴をはいた姿は、とても地味で落ち着いた印象だ。
年のころは、俺と同じ二十代中ごろだろうか。

同じ年頃か・・・・・・
確か、俺が電車の乗った時には、すでに向かいに座っていた気がする。まさかな。いくらなんでも、ないよな。

そう結論付け、もう一度スマホの画面に視線を戻したのだが、なぜだか、じっと誰だかに見られているような気がしてそちらに眼をやると前の女性だった。
俺が視線を上げたものだから、慌てた様子で文庫本に視線を戻していた。

もしかして、知り合いか? けど、あんな女性に知り合いなんて・・・・・・

思い立って、目の前の女性の眼鏡を取り除き、髪をショートにし、そして、顔立ちを幼くした姿を思い描いてみる。

ら顔を上げた

次の休み時間、小西さんが、オレの隣の席の吉野に近づいてくる。
何かを決心したかのように表情を引き締め、胸の前でぎゅっとこぶしを握っている。
「あ、あの、よ、吉野香港服务式公寓くん・・・・・・?」
「ん? なに、小西さん?」
「あ、え、えっと・・・・・・」
一度、うつむき、肩を震わす。いつしか、そのただならない様子に、オレたちの周囲の連中全員の視線が集まってきている。
やがて、泣きそうになりながら顔を上げた。
「あ、あの、吉野くん・・・・・・」

そこで言葉を詰まらせ、なかなかその続きが言い出せないようだ。
オレの前の席で文香が小さく『がんばれ』とつぶやいているのが聞こえてくる。周りの連中も息を止めて見入っている。
だが、そんな空気にすら全然気が付いていない男がこの場に一人いて。
「あのさ? 俺に何か用? 用がないんだったら、後でいいかな? 俺、ちょっとこれから用事あるからさ」
「えっ? あ、えっと・・・・・・ どぞ」
たちまち周囲に張りつめていた緊張牛熊證打靶の糸がほどけた。顔をそらせた小西さんの眼の端に水滴が浮かんでいる。
――なにやってんだよ、吉野よぉ

思わず、吉野を睨んでしまうのだが、それは周囲のギャラリーたちも同じようで、
「ああ、よしのぉ~」「空気よもうよぉ」「よ・し・のぉ~」
失望の声がちらほらと。
そんなアウェーな空気の中で当の吉野はというと、さっさと席を立って教室を出ていくのだった。

小西さんは自分の席に悄然と座って肩を落としている。そして、文香が励ますように、その背をやさしくなでていた。
「文香、ちょっといいか?」
「なによ?」
オレが無言でスマホの画面を見せると、文香が憤慨した顔をして、オレを睨んできた。
――って、なんで俺が怒られてるみたいになってるの?
釈然としない気分で、nu skin 如新
とりあえず、今きたメールに返信をしておいた。
『なにが、『こういうのは男から切り出すものだろ?』だ。そう思うなら、さっさと自分から訊け。さもないと、もうすぐ夏休みだから、一か月以上会えなくなるぞ』

慌てて顔をそむけた

舞踏会は盛況で、沢山の町娘たちが立派な衣装を着た若い男たちとダンスを踊り、賑やかに笑いさざめいている。
私たちが到着すると、早速に王子が挨拶に出迎え、娘たちを眺めて、満足げに薄汚い笑みを向けた。娘たちもひ服务式住宅出租きつった微笑みを返し、王子に礼儀正しく挨拶した。
それから、二人の娘たちそれぞれと王子はダンスを踊り、何事かを取り巻きの若い貴族に囁いて、ホールの奥、玉座の傍らにある王子の席へ引き上げていった。
どうやら、妹の方がお気に召したようだ。
気のやさしく、とても思いやりのある子。親孝行で、笑うとできるえくぼがチャーミングで・・・・・・

涙があふれそうになったから、慌てて顔をそむけた。そしたら、視界に偶然、その子がホールへ入ってくるのが見えたのだ。
「どこのお嬢さんかしら? とても綺麗だわ」
「清楚で美しい娘さんね。どこの家の方かしら?」
「可憐なまるでお花のような。素敵な方だわ」
周りにいた町の人たちが、早速その娘に目をとめ、なかば憧れるような声で吐息のようなものをもらしている。
――本当に美しい人。
私もその女の人に見とれてしまっていたのだけど、急に、娘のうち姉の方が私の袖を引いて耳打ちしてきた。

「ねぇ、あの今入ってきた人って、あ服务式住宅出租の娘にそっくりじゃない?」
「えっ?」
「ほら、泣きぼくろとか、髪の色とか、歩き方とか」
改めてしっかり眺めてみる。姿形こそ見違えるほどに華麗に着飾ってはいるが、よくよく見ると、たしかにあの娘にそっくりだ。いや、あれはあの娘だ。
――でも、なぜ? あの娘は、今、夫の屋敷で留守を守っているはずなのに。それに、あの娘の持ち物の中に、あのようなドレスも、宝石も、ガラスの靴も、なにもなかったはずなのに。
ホール中の視線を集めながら、その娘は伏し目がちにしずしずと進んでいく。

一方、奥の方で、取り巻きの連中と談笑していた王子も、その娘に気が付いたようだ。途端に驚いたような顔をして、まるで心ここにあらずというようにフラフラとした足取りで、ホールの中へ歩みを進めていった。
そして、二人は出会い、二言三言会話を交わしたあと、不意に始まった曲に合わせてダンスをするのだった。
それから三時間以上、二人はぶっ続けにホールの中央でダンスをした。王子は熱の浮かんだ顔で、その娘を見つめ続け、目を離せなくなった様子。もう私の娘たちには興味をなくしたようだった。
その光景を眺めながら、私は何度も自問しつづけていた。
――どうして? なんで? なんで、あの娘がここに? なぜ、なぜ、あの娘が王子と踊っているの? もし、このまま、あの服务式住宅出租二人が結婚するようなことになったら・・・・・・

夫のひどく落胆した顔が頭の中に何度も浮かんで、うずまいた。
――あの人を悲しませたくはない。でも、どうすれば・・・・・・

笑顔がまぶしい

すぐそばから聞こえてきた声に驚いて、石鹸をとり落としてしまった。洗面台にたまった白い泡の中に、すっぽりもぐりこんでもう見えない。けど、今はそんなことより、
「な、なんで、牧原がいるんだよ!」
「藤川、おすっ!」
ショートカットの小さな顔新娘化妝課程の横で、華奢な右手を上げて挨拶。それだけで周囲に幻のお花畑が広がった。
俺と同じクラスの女子で、教室では隣の席だから、朝と帰りに挨拶を交わす程度の間がら。もっとも、それは俺だけではなく、牧原の周囲に席がある男子全員がそうなのだが。
でも、俺にとっては、女子とそんな関係にあるのは牧原ぐらいなものだ。だから、俺にとっては特別といっていい関係で。

「なんで?」
「ふふふ、焦ってる。焦ってる」
俺をいじるのが心から楽しいかのような笑顔がまぶしい。本心からなんかじゃないことは薄々感づいてはいる。大体、自分が異性からどう見えるかぐらいは知っている。俺はそこまで自信家なんかじゃない。
「そうだよね。こんな可愛い子が突然、家のDR REBORN老闆中に現れたんだもね。うふふ」
「え、えっ? ええっ!」
「もう、そこは『どこに可愛い子がいるんだよ』って突っ込むところでしょ」
驚いてまともに話せない俺に、不満げな様子で頬を膨らませて見せてきた。牧原と『おはよう』とか『さよなら』以外の会話をするのって、いつ以来?
「あ、ご、ごめん」
「ううん、そこは別に謝らなくていいからね。ふふふ」

「藤川、ちょっとトイレ借りるねぇ」
「あ、う、うん」
気が付いた。俺がこのままボサッと立っているとトイレの入口をふさぐ形になって通れない。牧原の横を通り抜けて廊下へ出る。そこへ牧原が足を踏み入れてきて、そのままドアノブに手を伸ばして・・・・・・
ん? いや、待てよ。つい今しがた、そのドアの向こうでは俺が用を足したばかりだ。ちゃんと水は流したし、便座は下ろし直した。けど、俺が使った後だから匂いってヤツはまだ漂っているはずで。
やばっ!
慌てて、手を伸ばして、牧原の腕をつかむ。
「ちょっと待って」「え? なになに?」
「お願いだから、ちょっとタンマ」
「えっ ええっ・・・・・・」
そのまま牧原を俺の方へ引き寄せた。ほん新加坡套票の瞬間だけだけど、抱きしめる形になった。すぐに体は離したけど。

直後に、硬直している牧原と眼があった。真ん丸に見開いている。
それから素早く体の位置を入れ替えて、トイレのドアを開き、中へ入る。隅に転がっている消臭剤を拾って、シューッとひと噴き。たちまちラベンダーの香りが広がった。
うん、これでよしっと。もう、俺の残り香はないはず。ふぅ、危ないところだった。こんなことで嫌われるのも、ヤだしな。俺にしては機転が利いて上出来だっただろう。

整いました

暑いからと言って外に出ないとほとんど動かない一日になってしまいがちなので、今月は、いや、とりあえず今日は、「家の片づけの日」と昨夜のうちに決めていた。

洗濯をしながら、まずはモチベーショ探索四十課程ンアップにとYouTubeで片付け系の動画を、コーヒーを飲みながら観る。(←なんか違うと思うけど、いきなりは身体が動かない)

とんでもない汚部屋がみるみる片づいていくのを観るのは面白い。いやあ、どうしてこんなに散らかるんだろう、うん、うちは大丈夫だ、特に片付ける必要ないぞ……って、それじゃだめなのだ。

カラーボックスや突っ張り棒や、100均でいろいろ買ってきて工夫する系や、ホームセンターを巡って大物家具を作緊緻面霜るDIYも、見ていると面白い。でも、うちには必要じゃないし、ものが増えるのは避けたい。

さらに、なんにもない系の人の部屋を観てみる。物が少ないというか、ほとんど無くてきれいさっぱり。床が全部見えているのは掃除が楽そうでいいなあ……とは思うけれど、ちょっと方向性が違う。

などなど、見ているだけでは時間が経ってしまうだけだ。

まあ、分かっていたんだけど。

結局、新たに物を増やさずに片付けるという意味では、こんまりさん流の「全部出して要らないもの長效維他命Cを捨てて、要るものをきれいにしまい直す」がわたしには合っているのだと思う。

フランス的一日

昨晩というのか今朝というのか、午前零時過ぎに帰宅。三十分、ぼーとビール。寝る。午前三時十五分、起床。ほとんBBA 出路ど寝ていない。仕事。ガレージで車の掃除を終了したのが、午前七時。普通なら、八時半には家に着いている。本格的二度寝の予定。地下鉄、郊外線、最寄り駅、下りる。電車がない。

また、地下鉄に乗り、サンラザール駅へ。ホームを出る電車の後姿に紙テープ。疲労タイタニック。次の電車、二時間後・・・。そう、フランス名物、国鉄ストなのだ。寒波、霙の中。こちらは、ほとんど寝ていない。倒れそうになる。急に顔がダニエル・クレイグになる。不思議な笑い方。一昨日、カバンの取っ手に結んでいた折り畳み傘をどこかで落としている。こういうチョンボは滅多にしないけれど、やはり、疲れている。道筋を戻る。当然、拾われて、持って行かれている。フランスで、一旦、体から離れたものが戻ることはないのだ。カミサンもね。そうすると、算数的乗り継ぎ帰宅になる。

段々、雨土砂降り。帰宅駅からの道筋を考えると、その合間にどこかで傘を買わなければならない。コンビニなんちゅ機票網うものはない。早朝、開いている店もない。どこで調達するのか? しかも、安物買いのなんとかで、フランスの安傘は三回差すとアウト。私は嫌いなのだ、こういうのは。多少、高くても、何年か持つものを買いたい。算数的乗換えの合間に、開いているスーパーを見付ける。「雨と共に生きる」という赤いロゴの入った傘を購入。赤い文字のデザインが女性的でちょっと気になる。おかまに間違えられるし口説かれる可能性が高まる。おかまに他意はないけれど、こちらは寝ていないから女性でさえしんどいのに・・・。

しかし、傘はとてもいい出来。気に入る。と、駅に着いて、土砂降りの中買い物して帰宅して一時間半寝て昼食風呂ピアノブログ料理と俺はピカソかよぉーと思いつつこの異常な高年エネルギーはなんなのだぁーとも思うけれど来週のコンサート大先輩三人に羽交い絞めやばいから練習せんといかんのだうで海鮮カレーを食べてトゥルルさまーず見て寝るのだけれどあびるはなんか諸フランス女してしいる。同性の好感度は低いだろうけれど俺は好きだなこういう感じ自由感と衒いがないい澳洲黃金海岸いナオンだ、ジャズってる彼女。大竹さんと三村さんはタレ目涙目でいつも見ている。大ファンである。

ブログトーナリティー

「トーナリティー」、音楽用語。「調性」と訳される。単純に曲の音階でもあるし、その曲の色調とかムードという意味も含まれている感じがする。私は一度、ブログを完全に閉鎖しようと隆胸思ったし、二か月ぐらい記事を書かなかった。ブログという媒体に飽きてしまったせいである。閉鎖しているのにサイトはそのままにしていた。やはり、未練があったのだろう。
ところが、閉鎖中の閲覧数が変わらないという現象が起きた。これは正直不思議だった。元々一桁アクセス零細企業的ブログではあるのだけれど、「閉鎖しているのに閲覧数が変わらない」。これは心に染みた。静かな静かな応援者の方々の存在をインターネットの画面の中に感じた。そして、とうとうフェアリーさんからコメントを頂いた。「楽しいわ、うっふふふ」って。もうこうなると、ピアノの蓋を開けたまま、「僕は演奏しませ
んっ!」と意固地になっているピアニストなんじゃね?弾けよっ!書けよっ!と
なった。
結局、再開したのだけれど、ブログ自体には飽きている。のに、なんだか楽しいのだ。これは静かな静かな応援者の方々のテレパシーなんじゃね?ふむ、もしかすると私はその応援者の方々に向け瑞典旅行團てお手紙的私信を書いているのかしらぁー?というトーナ
リティーに私のブログは移行したような気がする。

おまけに、私のブログの順位が三位。二年前ぐらいにも一度だけあった。ブロガー全盛期の頃と言ってもいい。今は全盛期を過ぎた余生ブロガーと化しているのにこの順位は凄過ぎる。これも静かな静かな応援者の方々なくしてありえないのだ。深々とお辞儀。ところで、ブログの順位自体には興味はない。でも、応援して下さるという心意気に熱くなる。嬉しいのだ。
プロ野球の順位じゃあるまいし、何位でも構わないのだけれど、単純に多少は目に付きやすい辺りがいいかしらねぇーというのはある。やはり、インターネットを通して書いているのだから、読者の方は多い方が楽しい。でも、他のカテゴリーの閲覧数、ゼロが二つ多かったりするから、これは恐ろしい。エッセイ部門のアットホームな数字を私は好む。ブログの炎上なんていう恐ろしい事態は、本当に恐ろしい。楽しくないのだ、うなもの。

そうかぁー、ブログの進化ではなくて私科技轉移信化なのか?いいよねぇー、自分のブログだからね。

飼い主ビビる

スマホを持って散歩に行き、スマホで初撮影、憧れだったスマホからのfb投稿も果たしました。

相変わらず文字入力は下手ですが、なんbotox 瘦面とスマホに向かって喋ったら入力もできてしまうということに今日気が付きました。
便利~。

そんな初体験も済ませて、あとは日常に戻り仕事に励んでいました。

でも、夕食後に超ビビる出来事が起こりました。

何がどうなったのかは不明なのですが、ハクが突然腰をぬかしたようにガクガクとなり震え出しました。

その時飼い主は夕食後で、まったりしながら土曜プレミアム・ENGEIグランドスラムを見て笑っていました。
凛太郎は抱いてくれの攻撃を仕掛けにかかり、ハクは飼い主の傍で座っていました。

凛太郎を避けようとして後じさりしたようで、その時におかしな動きになったのか、凛太郎が、突然ハクのどこかに触れたのか、それとも飼い主の笑い声に恐怖したのか・・・。

何があったかわかりませんが、ガクガク西班牙旅遊と腰が抜けたように足を震わせ、カラダも震えていました。
どこへ行ったらよいかわからないように振る舞い、テーブルの下に潜りこむも、座りもせず、しっかりと立てもせず、ガクガクするばかり。

飼い主は血の気が引き、ちょっとドキドキ、ハクの胸を触ったら、激しくドキドキ。早鐘を打つように心臓の鼓動が触れた手に伝わってきました。

何か悪いものを勝手に食べた?
なんかの病気?
動物のお医者さん、伊賀まで行く?

頭のなかでこれからどうするかを考えながら、とりあえず両手でハクに触れ、「どうしんたん?」と優しく声掛け。それから抱き上げて、しばらくじっとしていたら、ハクのドキドキもおさまりました。

離れたところからジト目で見上げる凛太郎には「ハクちゃん、なんかおかしいから我慢してて」と言いながら、なおもしばらく抱いていました。

抱いてやりながら、優しく撫でていました。しばらくして動悸もおさまったようなので、下に降ろしたら、足も學生交流しっかり、もうフツーのハクに戻っていました。

病む

2ヶ月、病んでいた。今も回復していない。癌が再発したのではない。精神を病んでいるようだ。老人性鬱病に近い状況と思っている。
引越しをしてから、特に具合が悪HKUE DSEい。特に相棒と上手くいかない。喋っていても空しさだけが残る。だから沈黙する。沈黙は二人の間の溝を深め、別々の世界が出来上がってしまい、やること為すことが全てが余計空疎になる。

今までの10年以上余り電車に乗らなかった。引越した所が校外なのでよく電車に乗るようになって最近車中の様子が違うのに気が付いた。乗客の半数以上がスマホに熱中している。高校生達が数人友達同士で乗ってきても殆どお喋りをせず、めいめいがスモホを始める。赤ちゃんを抱いた若いお母さんが片手でバックを下げ、もう一方の手にスマホを持って赤ちゃんの頭を支え、座席に座るやスマホを始めた。赤ちゃんはお母さんの顔を見ない。見ないのではなくスマホで見えないのだ。赤ちゃんの目と私の目があった。私が顔を綻ばせてあやしても反応がない。暫くHKUE DSEしてそっぽを向いてしまった。最も人の顔に関心を持つ5,6月の赤ちゃんなのに…。

スマホ依存症などその弊害が指摘されるが、実際はそれ以上に人の心を蝕んでいるように思える。スマホは人々から会話を奪っている。人のつまらない話に付き合うより相手がいても、仲間がいてもそれぞれが自分の興味のあるものに熱中して、仲間が電車を降りようとするのに気がついて「じゃあ!また明日…。」と別れる。
人と人はそのコミュニケーションの仕方で認識を深めていく。人の心の綾や相手の想いや感情を直に接し、言葉を交わすことで読み取って行くものだ。見もしらない人々とブログやファイスブック、ツイッターで接して、仮想現実に身をおいて、「よかったね!」競争HKUE DSEに明け暮れ、身近な人を置き去りにしている現実を前に、病んでいるのは私だけではない!世界中が病んでいるように思える。

碁碁のパンダ

最近、AI囲碁ソフトが強くなったことが巷で話題なので少し内容を変えてブログと小説家になろうに投稿することにしました。

碁碁の美麗華旅遊糾紛パンダな対局
〜転生天才囲碁パンダVS人工知能(AI)囲碁ソフト

「かみのいって」(神の一手)とiPhoneで入力すると「上野行って」と変換される。上野といえば動物園、上野といえばパンダ……そんなことに気づいたことから始まる囲碁パンダストーリー。


オレの名は東郷剛太郎(とうごうごうたろう)、高校生。オレは囲碁の天才的な実力者だった。順調にプロ試験を勝ち抜き見事合格……ゆくゆくはタイトルホルダーか? と期待されていた。

そんな順風満帆なオレに対し囲碁の神様は何を思ったのか、プロ試験に合格した翌日、目が覚めるとオレは某動物園のパンダに転生していた。

何故パンダ?
白と黒だから?
囲碁カラーだから?
確かに可愛いが……。
生後数ヶ月の仔パンダであるオレ、その愛くるしい姿がテレビでも放送されたオレは動物園の人気者になっていた。

公募によりオレの名前は碁碁(ごご)という囲碁っぽい名前がつけられた。
そして動物園にファンからオレへのプレゼントとして高級脚付き囲碁盤と高級碁石、高級碁石入れ(碁笥)など高級囲碁セットが贈られてきた。

「碁碁ちゃんへ、頑張って囲碁を覚えてください。あなたのファンより」

すごいなパンダ(オレ)のファン……オレ人間の頃だってこんな高級囲碁セットで囲碁打ったことないよ……。

飼育員A「良かったね! 碁碁ちゃん! あなたの名前の旅遊優惠由来になった囲碁セットよ。」
飼育員B「園長さんが試しに碁碁ちゃんに本当に囲碁を打たせてみたいって言ってるんだけど……どうしよう……」
園長「ははは! なんでも挑戦だよ! さて碁碁ちゃん……ここに囲碁セットがある。どうだい? 私と一局打たないか?」

園長の棋力(囲碁の実力)がどれくらいか分からないけど、パンダの身体で囲碁が打てるのだろうか? 園長の言う通りなんでも挑戦なのかもな。

そんなわけでオレ(パンダ)は、動物園の園長と囲碁対局することになった。
いつの間にか、テレビカメラや取材陣が集まっている。

きっと何かの企画のために動物園のパンダが囲碁を打つ映像を撮りたいだけなんだろう。
だがオレは人間だった頃のクセで本気で囲碁を打ってしまった。

園長「お願いします」
オレ(パンダ)「クークー(お願いします)」

パンダなのでパンダ語でしか挨拶出来ないのが心苦しいが、オレはパンダ特有の細長い爪で器用に碁石を持ち、パンダとは思えない美しいフォームで鮮やかな囲碁を打っていった。

園長「……! この実力は? !」

園長が驚いている……無理もないか、普通の仔パンダのオレが囲碁のプロ試験合格者の実力があったら驚くよな。個人的には園長の囲碁の棋力(囲碁の実力)が高くてそっちに驚いたが……。

園長「……ありません。私の負けです!」
オレ(パンダ)「クークー(ありがとうございました)」

園長が投了(降参)し対局はオレの中押し勝ちとなった。

『囲碁が出来るパンダ現る!しかも強いらしい』

この対局の様子は各ニュース番組のほのぼのニュースコーナーでたくさん取り上げられた。
この時点では、動物園の園長が仔パンダのオレの売り込みのためにわざと投了(降参)したものだとほとんどの人が考えていた。

しかし……

園長「先生、この棋譜を見てください。これはウチの動物園のTAFE 課程 香港仔パンダ碁碁(ごご)と私が対局した時のものです。すごいと思いませんか?碁碁はまだ仔パンダなのにしっかりとした囲碁が打てる。手を抜いていたとはいえまさか元学生アマタイトル取得者の私を投了させるとは……」

時間が静かに流れます

彼の記事、彼自身をからかっのよう如新nuskin產品なビットを見てください。蘭のような女性を行うために熱心に軽く憧れ、いずれも、彼らはトスを扇動凝集は、ライブ強いを行うことを願っています。私はどれですか?それは、どれも見つからなかったようです。

時間静かに流れて、離れて私の青春を流すだけでなく、離れて私の夢のようなビジョンを流します。私は混雑した生活の中でペースをピックアップし、ゆっくりと高齢化に向かって。

振り返ってみると、私は、靴のマークの束を拾う生活の写真を綴るが、フットプリント軽すぎる、タンブリング定命の世界でぼやけしたいと思います。いくつかは、華麗なワイプ生活のフレームを保持する選択したいのですが、経験がでファイアストン蘇チェンで失われた、軽すぎます。

静かな時間、自分の現実の完全な私には夢を、無駄に。

私は私に愛のエリクサーを与えることができ慈悲年、彼を結ぶために家族から抜け出す、空を戦う鷲を学び、逃げたかったが、最終的に現実から抜け出します。彼は天と地の愛の感覚を持っていると思ったが、愛は着実になっていると私の周囲の思いやり、囲ま昼夜することができます。彼は感覚を引き起こすことがたかったが、職場穏やnu skin 如新かでは、当たり障りのない、ステップアップ私のキャリアの累進を取得するためのはしごを一歩することができます。

人生の旅は、回す、または意識、または強制がたくさんあり​​ますが、私は静かに歩きました。

単純なものから生命、成熟する未熟から私を聞かせては、複雑になります。若者が繁栄、ビジョンとイメージのハードワーク。変転を行うために読んだ後、希少になる夢。沈殿後、もはや単に強いが、心の記憶に残る初め、揺れで軽く「トス」のヒントをさせます。

時間静かに、流れる私の顔を席巻し、忙しいのコーナーに刻まれた年を入れて、寺院で点滅し、ハード白の漂白、私の髪を流れるが、私の魂を清め、私の心の予約をしましょう浄土。

私は鏡の前に常に常にそれは言われていたかどうか、本当の自分を改訂だ:それは弱いの夢を敢えてされていない、と誰かが言っているかどうか:これは強力な良い適応です。私は私、一粒の砂で世俗的な世界です。それは金ではないので、それは夢が光っていませんが、私は人生は努力が必要であることを知っています。

ライトではなく、不作為を求めることなく、強力な、盲目のない闘争。実際に、私は実際の生活の方法にありました。

トス、彼の手で装飾;静かで、心nu skin 如新に注ぐ保持する、純粋な穏やかな年のための静かな残りの年は、私はいくつかの簡単な、自然、眉毛の間にぶら下がって、真の美しいのいくつかをしたいです。

私は、風が吹くが、揺れる、青、心、華麗な努力を枯れない、花びらをドロップいくつかの静かに流れるがハングアップしない静かに開いた蘭、の喧騒になって、お約束します。