慌てて顔をそむけた

舞踏会は盛況で、沢山の町娘たちが立派な衣装を着た若い男たちとダンスを踊り、賑やかに笑いさざめいている。
私たちが到着すると、早速に王子が挨拶に出迎え、娘たちを眺めて、満足げに薄汚い笑みを向けた。娘たちもひ服务式住宅出租きつった微笑みを返し、王子に礼儀正しく挨拶した。
それから、二人の娘たちそれぞれと王子はダンスを踊り、何事かを取り巻きの若い貴族に囁いて、ホールの奥、玉座の傍らにある王子の席へ引き上げていった。
どうやら、妹の方がお気に召したようだ。
気のやさしく、とても思いやりのある子。親孝行で、笑うとできるえくぼがチャーミングで・・・・・・

涙があふれそうになったから、慌てて顔をそむけた。そしたら、視界に偶然、その子がホールへ入ってくるのが見えたのだ。
「どこのお嬢さんかしら? とても綺麗だわ」
「清楚で美しい娘さんね。どこの家の方かしら?」
「可憐なまるでお花のような。素敵な方だわ」
周りにいた町の人たちが、早速その娘に目をとめ、なかば憧れるような声で吐息のようなものをもらしている。
――本当に美しい人。
私もその女の人に見とれてしまっていたのだけど、急に、娘のうち姉の方が私の袖を引いて耳打ちしてきた。

「ねぇ、あの今入ってきた人って、あ服务式住宅出租の娘にそっくりじゃない?」
「えっ?」
「ほら、泣きぼくろとか、髪の色とか、歩き方とか」
改めてしっかり眺めてみる。姿形こそ見違えるほどに華麗に着飾ってはいるが、よくよく見ると、たしかにあの娘にそっくりだ。いや、あれはあの娘だ。
――でも、なぜ? あの娘は、今、夫の屋敷で留守を守っているはずなのに。それに、あの娘の持ち物の中に、あのようなドレスも、宝石も、ガラスの靴も、なにもなかったはずなのに。
ホール中の視線を集めながら、その娘は伏し目がちにしずしずと進んでいく。

一方、奥の方で、取り巻きの連中と談笑していた王子も、その娘に気が付いたようだ。途端に驚いたような顔をして、まるで心ここにあらずというようにフラフラとした足取りで、ホールの中へ歩みを進めていった。
そして、二人は出会い、二言三言会話を交わしたあと、不意に始まった曲に合わせてダンスをするのだった。
それから三時間以上、二人はぶっ続けにホールの中央でダンスをした。王子は熱の浮かんだ顔で、その娘を見つめ続け、目を離せなくなった様子。もう私の娘たちには興味をなくしたようだった。
その光景を眺めながら、私は何度も自問しつづけていた。
――どうして? なんで? なんで、あの娘がここに? なぜ、なぜ、あの娘が王子と踊っているの? もし、このまま、あの服务式住宅出租二人が結婚するようなことになったら・・・・・・

夫のひどく落胆した顔が頭の中に何度も浮かんで、うずまいた。
――あの人を悲しませたくはない。でも、どうすれば・・・・・・
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/idhfvuieoo/25626