初サンマ、1キロ1万5500円 高値を更新、道東で水揚げ

今季のサンマ漁の皮切りとなる流し網漁の小型船が9日早朝、釧路などに初水揚げをした。水揚げ量は振るわなかったが、釧路港の卸売市場で行われた初競りでは1キロ1万5500円の値が付き、過去10年で最高値だった昨年からさらに7割増しの「超高値」となった。
壮根精華素

徳国公牛
 8日未明から出漁していた流し網漁船のうち、釧路港には9日午前4時ごろから7隻が入港。魚群が薄く、水揚げ量は約250キロと、低調だった昨年の3分の1にとどまり、漁船の乗組員たちは「最悪の漁模様だ」「まだまだだねぇ」などとこぼしていた。

 例年なら即日「初サンマ」として釧路市内の市場に並ぶが、この日は漁が薄かったため、ほとんどが東京や大阪に直送された。