頭蓋脳損傷救急無効死亡

狼一号
事件後の第2日の朝7時、張さんが来蔚县西合营漢方医院。「病院に着いたら、当時私は馬鹿」と、子供はベッドに横になって意識不明の重体。主治医彼に署名は、子供を言ってもうダメかもしれない、いつだって命が危ない。第三日の午後、子供の負傷はますます重くなって、「瞳も大きくなって、張家口まで251病院に転院したことはなかったが、3時間、人がない。」

6月30日夜8時、晓辉で頭部損傷を経て、救急処置を後に死亡した。
三体牛鞭
晓辉のおじいちゃんの思い出によると、事件の日午前10時半、ずっと宿題の晓辉彼と1元のお金はない、芯出水、根芯を買いに行く。「私を洗って、碗の発見、庭の自転車はありましたが、知っていて、また出を弄した子供。」

子供のおじいちゃんの思いがけないのは、今回の旅は、晓辉も帰って。事件後、多くの村民ておじいちゃん、ある人を見てた子供村西口を遊んで、準備が家に帰る時は何名上級生叫走「と電動の車に乗って彼を連れて西の方を、彼は自転車を置いて道端。は3台の電動の車に乗っていた人、6。子供は彼らと行く前にはしない限り、彼は彼らと歩く。」

これに対して、記者の取材に応じ、学生の村民がない人は当日の状況を紹介したい。一人だけの村民によると、事件当日の午後4時過ぎ、彼女が家を出る買菜時、かつて見たこと晓辉村内で自転車に乗る。蔵八宝

大連保険監督管理局全面発展保険ブローカー市場の整理整頓

近年、市保険の仲介機構は急速に発展して、保険ブローカー市場体係の大体の形ができている。今の時点で、全市保険専門仲介機関(含支店)99家兼業、保険代理機構に達する家、保険のマーケティング员23631人。2013年全市保険ブローカールート実現保険料140.96億元を占め、全市の保険掛金総80.09%。

保険ブローカーを促進したにもかかわらず良い保険市場の発展が、全体的には依然として発展の初期段階で、いくつかの矛盾や問題は深刻な発展を阻害した業界の健康によくないの社会的影響。2014年4月24日、中国保監会、北京で開催された全国保険ブローカーの監視作業会議で、全国でスタートした保険ブローカー市場を整理の仕事。保険ブローカー市場整理整頓は中国保監会は今年一項の中心の仕事も、保険業の改革を深化させの重要な措置で、関係業界の改革と発展の大局にかかわる、保険市場秩序の良し悪しより関係、保険まで消費者の合法的権益。今回の整理整頓主要な任務は、集中整備し、解決保険ブローカー市場がある突出の違法問題、市場秩序を短期間で明らかに好転する。
D10媚薬
5月初めにかけて、大連保険監督管理局管轄を起動した保険ブローカー市場を整理した仕事を局長蔡兴旭同誌を組長の保険ブローカー市場を整理作業指導グループを定め、比較的に整って整理整頓実施計画を明らかに整理整頓の全体を求めたい及び各段階の任務と責任。現在、大連保険監督管理局を全面的に推進している整理整頓第一段階探り出す内実現場監督を働いて、主を市区機構と県域機関分映画監督、産生命保険の主体と仲介機関分線監督の方式で、最終的に実現する全所轄損害保険会社、生命保険会社、保険専門仲介機関や金融兼業代理法人現場監督をすべてカバーして、殘さないでいかなる死角。
五便宝
今回の整理整頓して仕事の責任主体、大連保険監督管理局は中国保監会、市の市政府の指導の下で、切実に期待を背負って整理整頓各段階の任務と責任、やり遂げてよく組織、綿密な展開は、監督検査を強化し、正確探り出す真実、積極的に得る危険を規範リスクを解消し、市場の秩序、着実に推進改革と革新を推進する形成私市科学的かつ合理的な、公開透明で、規範秩序のある保険ブローカー市場体係。三便宝

深刻な干ばつて水が難しくて、食糧無収穫人を愁

淫インモラル
像韩能、張石磙老人のように歩いて、往復三時間、近くの村を水については、遭遇大旱の河南省の農村は珍しくない。はハナム省西部の洛陽も、最も深刻な干ばつの地区の1つ。干魃の状況も、ここに持ってきた一連の問題について。引き続きと『経済半』記者の記事。

ここは洛陽市宜陽県鹿叶庄村香町の村のチームは、気温が35度以上、村の老人と子供たちが集まった、そばは棚車1台台の上に、さまざまなドラム。そして村人は時々引っ張っている棚車、バケツに乗せて待ちの人の群れの中で。村人たちは記者に教えて、村の唯一の井戸を早ければ2ヶ月前からなく枯れて、多くの人がより地方まで行って水。今日は県の送水車を初めてこの村に来て彼らのために水を送る。新一粒神

自称子姑の涙

へんしこう
今年1月、琴満6歳、余秀兰からちょっと困る:琴はそろそろ小学校の年齢が、琴の戸籍はまだ連絡を失ってそこのおじいさん、琴のお父さんもまだ獄中受刑。琴のために本を読んで、余秀兰に心を砕く。「前後に走った1ヶ月以上、やはり結果がない。」余秀兰気落ちして、琴の戸籍がないため、自分も未処理のいかなる縁組手続き、琴の学校に行く夢難題になった。余秀兰覚えて、今年6月の一日は、賢明な琴突然泣きは彼女に言った:"私はいい子にして。」

「最初は分かりませんが、後に彼女は自分を恐れて帰る開県実家で本を読んで、私のそばにいない。」余秀兰、琴の約束した「約束」を彼女に心を痛めても、泣いては琴詰め掛け懐。インモラル

昨日午後、記者に余秀兰と琴一緒に家の近くの鉄道の小学校では、副校長センさんが知る琴の状況と考えた後、琴入学。

知った琴が入学を希望、余秀兰露出ほっとの笑顔に憧れて、甚だしきに至っては琴が顺調に大学に入る。「またでこの古い家を売って金であり、彼女は読書です!」どんな困難にも余秀兰、未来は困難ではありません限り、琴読むことができると感じて、彼女はすべての希望がある。「彼女のお父さんは来年が出所限りだが、子供は私の身の回りにに一日で、私が彼女に対して最後まで責任を負う。」

昨日、記者は永川刑務所からの確認は、2010年には、琴のお父さんがわざと傷害罪を犯し、裁判所の懲役懲役5年。夜夜堅