カルティエスーパーコピーの新コレクションが登場

カルティエスーパーコピーがSIHHで放った最大のニュースは、ブランドのあらたな軸となる新コレクションの発表だろう。その名は「クレ ドゥ カルティエ」。アイコニックなデザインを持つ「サントス」「タンク」「バロン ブルー ドゥ カルティエ」に続く4番目の定番コレクションとしての船出だ。時計職人によるコンプリケーションへの情熱が注がれた本作は、ほかに

トゥールビヨン、永久カレンダー、ミニッツリピーターといったハイコンプリケーションを複数搭載した時計を“グランドコンプリケーション”と表現することがある。この時計は先にあげた3つの複雑機構を、1つに搭載したカルティエの“グランドコンプリケーション”である。しかも、ただ複雑機構を載せただけではない。文字盤と裏ブタをシースルー仕様とし、複雑な機構とともに、様々な装飾を施して、見せることを意識している。しかも、ムーブメントの厚さはわずかに5.49mm。スーパーコピー時計自動巻きだが、巻き上げ効率を高めるため、マイクロローターを2層式とするなどの工夫も怠りない。初にして、これだけの高次元のメカニズム。カルティエの技術力の高さがうかがえる。

はない精密な意匠やデザインへの探求、そしてメカニズムにおいても一段と完成された域に達している。

スリム ドゥ エルメスの船出

1970年代からスイスに時計製造の拠点を持ち、時計の開発・製造に打ち込んできたエルメス。近年は、ブライトリングスーパーコピーヴォーシェ社との共同開発によるコンプリケーションをはじめとして進境著しく、2015年の今年は機能美にあふれる新コレクションをスタートさせた。その名は「スリム ドゥ エルメス」。文字盤からケースにいたるまですべて見直し、次世代のエルメスを代表するモデルとして設計されたモデルだ。

エルメスは、1970年代からスイス・ビエンヌに製造拠点を構え、「アルソー」「クリッパー」をはじめとする優れた時計をラインナップしてきた。

近年はヴォーシェ社(ヴォーシェ・マニュファクチュール・フルーリエ社)との共同開発になるハイレベルなコンプリケーションで、シャネル時計コピーファンからの注目度も高い。

そんなエルメスが2015年にあらたにスタートさせるコレクション「スリム ドゥ エルメス」は、まさにスリムなスタイリングが特徴だ。

機械式腕時計のムーブメントは、ヴォーシェ社と共同開発した新型キャリバーH1950を搭載する。薄型を追求し、コンプリケーションを開発。

今回は、ベーシックから永久カレンダーモデルなど多岐にわたる。フランクミュラースーパーコピーデザイン性の高いダイヤルの限定モデルも用意され、バリエーションは多彩である。