名前は読めればいいけどさ…

まずは赤ちゃんの誕生おめでとうございます。
でも、日記見てると、汰の字を巡って何かやってるなぁ…
汰の字はないわという日記に、お子さんにこの字をつけた方が食いついていたり。
名前は世間で使うものだから、間違われず読めるのであれば他人にはそれでいいと思う。
汰の字はやっぱり私には「淘汰」のイメージは強いですけどね。

この子がこれから自分の名前の漢字を説明する時に「サンズイに太いです。…だから、淘汰と打ち込むと一発で出ます」と言うのか、はたまた子供本人が自分の字を打ち込む時にそうするのかは知らないが、確認する相手に「ああ、淘汰の汰ね」と少なからず言われて人生送っていくんだろうなと。
それを少し気の毒に…と思う程度で、そう名付けられちゃったんなら仕方ないんじゃないとは思う。

この名前なら正しく呼んでは貰えるだろう。
無茶読みで相手を困惑させる事がない分、周囲に迷惑かけないと思う。

私がドン引くのは、汰って淘汰の汰(笑)という人に、一々「汰には元々ゆたかな水~」という由来云々を述べて、挙句の果てにそう言う人に親は調べているんです。知らない方が無知と言わんばかりの反論をする人。

そこにどんな願いが込められていようが、「はぁ、そうなんですか」だし、他人の子供の為に一々辞書なんてひかないし。第一、名付けた本人だって子供が生まれたから名付けで漢字を調べたんであって、その前から知ってた人がどれだけいた?

やっぱりこの字が世間にマイナスイメージがある字だというのはどうしようもないと思う。
それを敢えて名前につけておいて、悪く言われれば食いついてくる。
これだから、こういう名前をつける親は…と言われるんですよ。

名前は親ではなく子供が世間で使っていくものです。
世間で名乗る時に子供が困る事のないように、マイナスを出来るだけ排除して…という風に思考は働かなかったのかな?願いを込めるだけが愛情じゃないぞ。

「親は淘汰って言葉も知らんのか」と思われちゃったり、親が文句を言われたらそう食いついてきたり、そういうのが見えるから、モンペ親の子供と自分の子供に更にマイナスを背負わせる。
自分がいいと思ったのなら、黙ってればいいのに。
威哥王:http://www.akanpo.net/
花痴:http://www.xn--6qs44kv2wxulv8l.com/
紅蜘蛛:http://xn--19zl5rhf.akanpo.net/

椎名林檎

映像によって作り出されるパブリックイメージと本人は、必ずしも一致しない。当たり前のことだが、意外と忘れがちだ。実際に会ったとき、「何か違う」とガッカリしたり、「思ったより良い人」と見直したりした体験は、誰しも一度や二度あるだろう。NHK「スイッチ」で作家の西加奈子と対談した椎名林檎は、イメージと大きく異なるシャイで職人気質な素顔を見せてくれた。
勃動力三體牛鞭
「ギブス」や「罪と罰」といった椎名の曲は、大人に成りかける年頃の心に強く響いた。退廃感とエロチックに満ち溢れた楽曲、看護師や白装束色など独特なコスチュームに魅了された。

そうしたイメージは今も変わっていない。だから、スイッチの彼女を観たとき、少なからぬ衝撃を受けた。もちろん、ポジティブな発見だ。

コンサートや音楽番組などで見せるノリノリな姿とは裏腹に、裏方の仕事の方が好きで、実際に合っているという。舞台全体の音楽や動きを寸分狂わず合わせることに喜びを感じる。熱唱していても、全体を俯瞰的に見渡す自分がいるという。意外と醒めている。
RU486
椎名といえば、情景描写に優れた詩的な歌詞も魅力。ところが、彼女は独特な表現で歌詞の存在を否定する。「ぶっかけ飯になってしまう」。歌詞がメロディーそのものの魅力を伝えにくくしてしまう。というわけで、自分の曲作りは本来やりたいことではない。求められているから、続けているに過ぎない。

そういう意味で、都はるみに楽曲提供したり、野田秀樹の芝居の音楽プロデュースをしたりと、多方面に顔を出すのも頷ける。

「少しずつ表舞台から消えたい」。そんな彼女の願いは叶わないかもしれない。裏方ではなくセンターで輝く役割を求められているからだ。人気者の宿命だろうか。