チャイニーズカットとヘアカラー

今の会社に入ってからはオフィスワークだったので比較的長めのヘアスタイルでしたが、催情粉夏に向かって日々暑くなってくると鬱陶しい、、、特に前髪が長くて目に掛かるのが気になっていました。

ということで、昨日、ゴルフの帰りに近所のQBハウスに寄って、「6mmのバリカンで横と後ろを刈り上げ、前髪は下ろした時に眉毛くらいまで短くしちゃって下さい」と依頼し、10ヶ月振りくらいに刈り上げ君が復活しました。家族には「中国人みたい!」と言われているカットなので、わたし的にも「チャイニーズカット」と呼んでいますが、けっこう気に入っています(笑)。洗髪後の乾きも早くてGOOD!

でも、催情剤短くするとロマンスグレーの髪の毛(簡単に言うと白髪、汗)が目立つんですよね、、、特に両顳かみの下辺り。。。先日「手軽なヘアカラーは?」と題してブログにも書いたように、リンスタイプの白髪染めも意外と煩雑だったし、使っている薬品の髪の毛や頭皮への影響度も考えると美容院や理容院で染めた方がベターと考え直し、本日、久し振りに理容院でヘアカラーしてきました。

家内の誕生日ランチをコルトンプラザのがんこ炎でしている時に、コルトンプラザのショップ情報をiPhoneで見ていると、目の前に「OK club ANNEX」というヘアサロンがあったのでランチ後に飛び込みました紅蜘蛛。予約も何もしていなかったので45分待ちと言われましたが、予約の人が来なかったようで早めにスタート出来ました。

今の会社は茶髪にもメチャクチャ寛大な会社なので真っ黒じゃ芸が無いと思いつつ、私の太くて真っ黒な眉毛に明るすぎる茶髪は合わないので(汗)、ダークブラウンで若干明るめの色にして貰いました。もっとも、太陽の下で明るく照らさない限りは黒にしか見えないのでGOOD! 何よりも、両サイドの白いものが殆ど見えなくなりましたからね(笑)。

シャンプー代も含めると5,000円+税ですが、殆ど一度しか使わない薬品、汚れないようにする準備、汚れてもいいタオルの準備、髪や頭皮への優しさを考えた場合、ヘアカラー蟻力神は自分で遣るよりも理容院や美容院等の外で遣って貰った方が圧倒的に良いと実感しました。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/jhlakdjsg/28008