インド人口、7年後に中国抜き1位に…国連予測

国連は29日、世界の人口が2050年には約97億人、2100年には約112億人にまで増えるとの予測を発表した。
三體牛鞭

威哥王
 インドは2022年までに中国を抜いて人口が世界第1位になる見通しだ。現在は約1億2700万人で11位の日本は、2100年には約8300万人で30位になるという。

 現在の世界人口は73億5000万人で、若者や子供が多いアフリカを中心に増加が見込まれる。現在は世界7位のナイジェリアは、2050年頃までには米国を抜いて世界第3位になるとした。インドは2100年には16億人を超え、中国は約10億人まで減少すると推測されている。

 一方、世界全体で高齢化も進み、現在は12・3%の60歳以上の人口は2050年には21・5%、2100年には28・3%まで増えるとされる。

高齢者世帯数が児童世帯を逆転 昨年1221万、厚労省発表

65歳以上のお年寄りで構成される高齢者世帯が、2014年に推計で過去最高の1221万4千世帯となり、児童のいる世帯を逆転し初めて上回ったことが2日、厚生労働省が発表した国民生活基礎調査で分かった。高齢化の進展を反映し、全世帯の24・2%を占めた。
威哥王

ビグレックス
 18歳未満の児童のいる世帯は1141万1千世帯で全体の22・6%となり、数、割合ともに過去最少だった。調査を開始した1986年は46・2%で、割合は半減した。高齢者世帯には児童がいる世帯も一部含んでいるが、厚労省は「将来的にも少子高齢化の傾向は続くのではないか」と分析している。

 調査は昨年6月と7月に実施。