各地で連日猛暑、熱中症に注意 急な雷雨や突風の恐れも

日本列島は6日も高気圧に覆われて午前中から各地で気温が上昇し、最高気温が35度以上の猛暑日になる地点が相次いだ。東京都心も7日連続の猛暑日で、最長記録を更新。原爆の日を迎え、平和記念式典が営まれた広島市も30度を超えて真夏日となった。
威哥王

三体牛鞭
 気象庁は、水分の補給や冷房の適切な利用で熱中症を予防するよう呼び掛けるとともに、急な雷雨や突風などへの注意も求めている。

 気象庁によると、千葉県茂原市や福島県伊達市、鳥取市、山梨県大月市、仙台市などで、午前中から猛暑日になった。

 また、大気の状態が不安定になり、局地的に大雨が降った地点も出た。