幾近暮年之後

對爸爸的思念也越來越沉,聽到媽媽對爸爸的幽怨也越來越少。父親是被抓的壯丁,他被抽丁,大伯是一家的勞力,爺爺叫他躲丁出走,弟兄四個,保長說最少得有一到兩個人去當兵,大伯躲出去啦Dermes 脫毛價錢,兩位叔叔還小,只有父親在街上的絲綢店當學徒,被抽抓壯丁走進了國軍的部隊,新兵受氣挨打是常事,悲慘的少年記憶,革命军和國民黨進入拉鋸戰,爸爸被革命军俘虜便參加了革命。父親的脾氣剛正不阿,不會趨炎附勢,吪意奉承,在他的一生中最不耻這樣的人。

到地方後為此得罪了不少
康泰旅遊領導和同事。父親的煙癮很大,上夜班太多,別的領導在工區上夜班都是在值班時睡覺,可他作為最大的領導在夜班總是不睡覺,參加工區的勞動,和工人們一起幹活,總是吸烟很多,所以人到中年就落下慢性支氣管炎、肺氣腫多發肺大泡、肺心病,常年咳嗽,晚年氣喘。父親對自己的一生從未感到後悔,總是理直氣壯的一種坦然。我們家在組織分到大一點的房子也是到他快退休啦,母親總是說組織的好事都沒有我們家,也從未聽到又什麼好事輪到我們家。

父親的時代正是一個火熱的年代,正Yumei水光精華直正氣蒸騰的時代,但是父親沒有我們想要的那種輝煌,直到退休時,他本來是够著離休的,可他的檔案是49年9月16日參軍,不够離休,知道他歷史的朋友有勸他找找老部隊,老戰友,只要有證據是可以更改檔案的,可他總是輕描淡寫地說組織對得起他,有終身俸已經有保障,何苦要舍這張老臉呢。說起這件事,母親也說他不會為自己的事去找過去的部隊和戰友,拉鋸戰時部隊被打散又進入其他部隊所以檔案就按最後所在部隊的檔案記錄。

水も優しい

少ない急流の早瀬は、柔水が減っていき、波瀾は驚かしませ。急に激しい川は北西高原から江南平原、を失っていた不羈の猛烈な、もし江南草木、江南の言葉のように優しく、もう歌い奏でる甲高い船頭Pretty Renew 代理人船歌ではなく、柔らかな江南糸竹ました。「小橋流水人家」、これは江南の基調を流水、牧歌の基調。は蘇州、烏鎮、週荘、あなたも見られるの流れ。で座って乌篷船の中を見てゆるやかなリズムに乗って、船頭に櫓をこPretty Renew 代理人、楽生糸絃を弾く。船と水の流れのように、ゆっくりと落ち着いて、ゆりかごのような揺れ揺れ揺れ、祖母橋まで……

存在が意識を決定する、環境影響性格、江南人の性格も優しい。私は蘇州に行きの列車の中では、1位の東北に商売の蘇州男、彼は東北の人が豪快で、性質もず、手で戦争をする。彼の故郷の人は温和で、話がよくて、彼は小さいときから40代まで伸びて、見てない人は喧嘩をPretty Renew 代理人したこと、もっと見てない人のけんかする。

はすでにの見が窺えるだろう。私を江南、いくつかの都市はいくらかの時間に住んだことも、共感する。東北で、私は多くの上海知識靑年に接触したこと、感じが彼らの性格は柔らか味味が濃くて、甚だしきに至っては多少ある女性化。脾気烈脾気柔とどちらがいいか悪いか、次の判断は難しいが、人に接するのは穏やかで、ちゃんと話しはいつもいい。調和社会の必要な、和合の人間関係。

という文章江南の優しさが江南人の骨が、たとえば明末変節士人钱谦益、侯方域、吴梅村、龚定山、現代売国奴章宗祥、陆宗輿。鬱達夫より辛辣に杭州人と「文弱」、「意誌薄弱。」(会う鬱達夫が「杭州」)。これは私が推測する評価し、適切な。どこの人がある、大雑把定性。江南の人は優しいのも、強い。「臥薪嘗胆」を体現した江南の強靭。文天祥、陆秀夫の寛大で死ぬと江南の不屈。林則徐の怒焼きアヘンは焼出した江南人および中国人の正気と豪情。