前に科学博物館に行ったのは

楼蘭の美女のミイラが展示された時だったか。いや、昭和基地の寒さを再現した南極展の時だったか・・・あの時は、南極の隕石も展示されていたな。
 調べてみたら、楼蘭の美女は1992年、「ふしぎ大陸 南極展」は1997年だったようで、これが科学博物館に行った最後だったのかもしれない。もう10年も経っていた・・・

 最近になって科学博物館を訪れた子どもから、新しくなって面白くなったと聞かされた。
 何でも、3年前の愛知万博日本館の目玉だった、世界初の360度天球型シアターが科学博物館に移設されているらしい。

 2005年の愛知万博の時は、7月の炎天下に日本館の長蛇の列に並んだ。
 映像そのものはあっという間に見終わったが、まあ、それでも、それ以外の展示物が結構面白くて、ナノバブルという技術によって淡水魚と海水魚が同じ水槽で泳いでいるのには驚かされた。

 へえ、愛知万博の360度天球型シアターが科学博物館にあるんだ・・・
 ミーハーな俺としては、もう一度、あの映像を見てみたいと思った。まあ、子どもの方は、それよりも古生物の骨が面白いと言ってはいたのだが・・・

 連れ合いは、サンシャインのプラネタリウムに行きたがっていたが、夏のプラネタリウムは混んで大変だぞと言うと、科学博物館に一緒にくることになった。
 炎天下の上野公園を科学博物館まで歩くと、エントランスは地下から入るようになっていた。かつての本館1階の入口は、今は閉鎖されていた。

 360度天球型シアターは、地下のエントランスから入館してすぐのところにあった。日本館と名前を変えた本館の地下1階になる。
 映像は、愛知万博で上映されたものと科学博物館で新規に作られた映像の2本立てだった。プログラムによれば、愛知万博の映像が3種類、新規映像が2種類。6通りの組み合わせで、初年度は2ヶ月ごとに入れ替わるようになっている。

 360度シアターを見終わり、律儀な我々は日本館の1階から順に見て回った。展示方法がだいぶ変わっていたが、昔からの展示物も多かったように思う。
 3階には、フタバスズキリュウの骨格標本があった。

 「変ねぇ、子どもが言っていた古生物の骨がないわよ・・・」
 「ああ・・・第一、昔、本館1階の吹き抜けにあったティラノサウルスの骨格標本がねぇぞ。どこに行っちまったんだ?」

 我々は地下に降りて、別館に向かった。いや、別館というのは昔の呼称で、今は新館に建て変わって地球館と呼ばれている。

 本館から渡り廊下を抜けて新館に入って驚いた。
 何だ、こっちの方が本館に比べて数段立派じゃねぇか! エスカレーターもエレベーターもあって、国立科学博物館の黴臭さが少しもないじゃねぇか!
 本館の奥に、いつの間にこんな近代的なもの造っちまったんだ! 
 こりゃ博物館じゃなくて、ミュージアムってもんだろう・・・いや、英語で言ってみただけだが、その方がしっくりするくらいに垢抜けているぞ!

 ちなみにミュージアム(museum)には、博物館のほかに美術館、記念館という意味もある。
 国立科学博物館の英語表記は、National Museum of Nature and Science となっている。お隣の国立西洋美術館は、The National Museum of Western Art。

 律儀な我々は、本館をじっくり見て回ったので疲れていた。
 「休もうよ・・・」
 そうだ、昼飯も食ってなかったな。
 我々は「地球の多様な生物たち ―みんな、かかわりあって生きている―」というコンセプトも斬新な1階の展示室を通り抜けて、中二階にあるレストランに入った。

 さて、ここからがいよいよ本題である・・・

 精養軒が運営するレストランは、ガラス越しに照明を落とした1階展示室が見渡せるようになっている。ロマンティックな雰囲気漂うレストランで、メタボ夫婦は揃ってオムハヤシライスを注文した。
 さて、推定800キロカロリーのオムハヤシライスを食べていると、聴き覚えのある音楽が流れてきた。

 「この曲、何だっけ?」
 連れ合いに聞くと、連れ合いも知っているけど思い出せないと言った。
 「アニメの音楽じゃなかったかしら・・・でも、久石譲じゃないわね」
 「NHKのドキュメンタリーかなんかのテーマ曲じゃねぇか? 喜多郎とか・・・」
 「うーん、違うんじゃない? でもだいぶ前の曲よね」

 こういった時、気になり出すと仕方がない。
 しかし、結局、何の曲か思い出せないままに、オムハヤシライスを食べ終わり、展示に戻った。

 地下の恐竜の骨格標本や、爬虫類・哺乳類といった古生物の骨格標本を見て回った。
 子どもが面白いと話していたのは、巨大な水棲爬虫類・水棲哺乳類の骨格標本だった。骨格標本はさまざまな古生物の機能美をシンプルな造形で表現していた。
 古生物の骨は、悠久のロマンを感じさせて見飽きなかった。

 さて、閉館時間になって科学博物館を出た我々は、歩き疲れて、西洋美術館の隣にあるテラスで休憩することにした。
 「で、あの曲、どんな曲だっけ?」
 いかん、悠久のロマンに浸っている間にメロディーを思い出せなくなっていた・・・
 
 その日、家に帰ると、思いつく限りの言葉を組み合わせて、ネット検索してみた。心当たりをYouTubeで探しもした。しかし、目当ての曲は発見できなかった。
 「メロディーしか判らない音楽は、検索のしようがないわね」
 その通りだった。しかも、この曲の歌詞が思いつかなかった。
 メロディーだけの曲ではなかったか・・・

 二日後、連れ合いがメロディーを思い出したと言った。
 都合三日間、この曲が気になっていたわけだ。
 「ミ・ララ・ソソ・ミ、ミ・ララ・ソソ・ミ・ドレ」

 「レコード屋に行って、店員にそのメロディーを口ずさんでみたら、教えてくれるんじゃねぇか?」
 「冗談でしょ。恥ずかしくてできないわよ」
 「いや、本気、本気」
 「店員も判らなくて、ほかの店員にメロディーを口ずさんで訊いたりして・・・」
 「レコード屋の店員みんなが、同じメロディーを口ずさんだりしたら、面白くない?」

 もちろん、連れ合いは拒否した。
 それで私は、「ミララソソミ」をgoogle検索窓に打ち込んでみることにした。
 えい、ままよ! やけくそである。
 「!」

 1件引っ掛かった記事があった。
 「この曲探しています!誰か助けてー」という2ちゃんねるのスレッドだった。
 「判ったぞ!」

 私は2ちゃんねるに書かれていた曲をYouTubeで探し、連れ合いに聴かせた。
 「ほら、この曲だろ?」
 メロディーだけの曲だと思っていたが、その曲にはヴォーカルが付いていた。

十分満足している日々を送っている

美味しい、楽しい、嬉しい、そして時には辛く哀しい、でもまた元気になり、幸せを感じ、感謝して。
実際そんな風に生鑽石能量水 騙局きていることが出来る今、生活に不満があるなんてとても言うことが出来ない。そう、満たされた生活を送っているのは確かだが、、、
でも、何かまだ満たされていない感覚があるような気がする。そして、私はある日叫んだ。

哲っ!うっとりしたい!そう、うっとり!そうだ、そうだ、何が必要なのか分かった!うっとりする時間だっ!
???????
最後にうっとりしたのはいつだろう。。あ、和参かなぁ(←クリック)。
それは『美味しい』じゃないの?
うん、そうだけど、味覚と共に、あの雰囲気にうっとりしたんだもん。
あぁ、うっとりしたいなぁ。。それがリラックスにつながるような気がする。

そう気付いた数日後のことだった。
我が家のイヴェント係りは哲。私はいつも哲が計画するイヴェントに消極的に参加するタイプの人間だが、これを見た時はイヴェント係りを申し出た。

哲、これ行きたいっ!
ケネディセンターだって!

バレエ、ロミオとジュリエットだった。

いろいろな物に未だ憧れを持ち、この年になっても将来何になりたいか夢見ている少女の気分でいる私が、ずっと密かに憧れを持っているものは実はバレエだ。しかし、憧れを持っている私の体は、小学校、中学校の体力測定では前屈で+17センチという記録を持つほど体鑽石能量水 騙局が固く、バレエはそんな自分には到底縁の無い物だと思っていた。いや、+17センチでは実際無理だ。それなのに、一番大好きな映画ビリーエリオット(日本語では『リトルダンサー』)に触発され、何を間違えたか、チリにいる時にバレエにどうしても挑戦したくなり、小学生の時よりもさらに固くなっている体を引き下げて、バレエ教室に乗り込んだ。
何も経験の無い私がいきなりバレエ。周りは経験者ばかりの中、鏡を見ながらアンドゥトロワァと足を曲げたり伸ばしたりしている自分の姿は、漫才以外の何物でも無かった。無料体験ということで2~3度通ったものの、翌日にはものすごい筋肉痛になったりして、そしてもう二度とあの無様な自分の格好を鏡で見るのを珍しく恥ずかしく思い、諦めたのだった。

それほどまでに憧れを持っているバレエ。広告で見たジュリエットが取っていたポーズは、同じ人間とは思えないほどにカーブが美しく、しばらく放心状態でと眺めるほどの物だった。

ビリーエリオットに例を観るように私は映画はハッピーエンドしか観ないことにしている。映画の世界と現実を切り離すことが出来ず、映画を観るとしばらく気持ちを引きずってしまう私の心は、とても悲劇対応には出来ていないのだ。バレエは観たいけれど悲劇という所で迷いはあったが、あのジュリエットの姿を生で観たいがために、私達は土曜の夜、着飾った観客で賑わうケネディセンターに足を運んだのだった。

哲はストーリを知らず、始まる前に急いで目録を読んでストーリーを把握した。
そして、

これは哀しい話しだね。
そうだよぉ、哀しんだよ。絶対に泣いちゃうよ。。号泣しちゃうかも。あぁ、やだなぁ、アンハッピーエンド。。
大丈夫だよ、死んでも幕が閉じたあと、生き返って二人で手をつないで笑顔になって戻ってくるから。映画だったら死んだままだけど、生き返るから。

哲のそんな役に立ちそうにないアドヴィスに妙に納得し、暗くなった観客席の前に浮き上がってきたステージに胸躍らせた。

言葉が無いのに言葉以上に伝わってくる動き、、、ステージを舞うジュリエットは息を呑むほどに美しい。3部に分かれた長い舞台だったにも関わらず、私は前傾姿勢になったまま、最後の最後まで楽しんだ。まさにうっとりした時間だった。心が体がとろけそうだった。

次の日も、そして次の日も、その「とろける気持ち」は持続し、そんな今、自分は全ての感覚をフルに使っているように感じた。
そして、私がバレエを試みたことも鑽石能量水 騙局相変わらず覚えていない哲に聞く。

ところがある日

元々、お母さんが『お菓子をあげるから少し黙っていてね』というぐらい、お喋りでした。

ちゃんって声が変東京機票だね』とある子が言い出しました。
それを聞いて周りの子たちも、『そういえば、そうだね』といいました。

それを聞いた彼女は、それ以来お喋りが怖くなり、
だんだんと喋らなくなってゆきました。

ある日、お母さんは言いました。
『最近、すっかり喋らなくなったけど、どうしたの?』

彼女はお母さんに思いをすべて吐露しました。

それを聞いたお母さんは、
『あなたがそんな考えだったなんて、お母さんガッカリだわ。
いい?
弱いところ(弱点、短所)をね、弱いからいって使わなくちゃ、
どんどん、もっともっと弱くなっちゃうのよ。

からだのどこだっ服務式住宅短期租約て、使わなきゃそのうち動かなくなってしまうの。
だから、どんどん喋りなさい。』


それから、彼女はまた元のとおり、元気に喋るようになってゆきました。
それにも増して、放送部でどんどんアナウンスし、
彼女の動物の鳴き真似なんかが凄く評判になったりもしました。

そしていつしか、彼女は大きく夢を持ち、実現してゆくことになります。
今、声優として彼女を知らない人はいません。
彼女の名は-----

大山のぶ代さん。
ご存知、ドラえもんの声をやっておられた人です。


自分を「輝かせる」キッカケ創り。---
そこを得たとき、面埋線邊間好白いように前に進みます。

ウツになりそうだったが

ピアノにむんず調理油と腕をつかまれ、弾けといわれたそうだ。
で、ウツから逃れられるわけであるが、
趣味って、人生をバラ色にしたり、彩りを添えるだけでなく、
自分を生きさせてくれたりする。

わたしも社交ダンスは趣味であるが、足を故障したり、健康を害したりすると断念せざるをえない。
とすると、自分の生きる活力まで奪われるか?
というと、ちょっとショックだとは思うが、おそらく気を取り戻すだろう。
なぜなら、趣味はひとつではないから。
リスクヘッジをとっている。
バランス。
どっぷり浸かりながら、どこかに、引き戻れる退路を確保している。

カラダ(動)と、こころ(静)のバランスで、休んだり、動いたりする。


蝶ブログは、ブログ村の「エッセー」カテゴリーに登録しているものの、
わたしは、残念ながら読書嫌い。
創作作品よりも、ニュース記事や、世相を斬る記事のほうが好きだ。
最近は、写真や絵と文智能護膚章が、半々、もしくは、絵のほうが多いという本を好む。
読書より、映像・音響の、映画に、イージーに移行している。
(といっても、もともと読書はしないから、移行ではないが)

もっとカラダが動かなくなったら、鑑賞方面に軸足を移すことだろう。

で、昨日。
帰りにスーパーに寄ったら、3本98円の西洋ニンジンが呼びかけた。
「わたしを、買って」
と。

家にはニンジンが1.5本あるのだが、
なぜか、その強い呼びかけに、ふらふらとニンジンに手を差し伸べた。
時間も無いので、家で、手作り柚子味噌(いただきもの)をつけて、ステック※にして食べた。
(※切るだけ、とも言う)
わたしに強く訴えかけたニンジンは、ウツを救うかわりに、栄養偏りを救ってくれた。
ついでに、安かったので、家計も少し助けてくれた。

わたしは、芸術家になれそうもないので、ウツにはなりそうもない。
やはり、女性※は、「生活」である。

(※女性による女性への、女性・偏見香港住宅式酒店バイアス発言か。

團結就是力量

想當初,一個百孔千釣墨魚瘡的中國,面對日寇的侵略,中華民族,國共兩黨,也是肩並肩冒著敵人的炮火,不怕流血犧牲,才贏得了八年抗戰的勝利。其浴血奮戰的精神也如同紅樹林一般。

今天,一個開放的中國正在跨進世界的强林,一個民族更需要發揚紅樹林的精神和智慧,用血肉之軀與祖國共生共榮,才能讓一個强大的中國屹立於世界的東方!

我欣賞過廬山的俊秀,我體會過喜馬拉雅山的巍峨,我親近過天山的挺拔,也穿越過太平洋、地中海的波濤……也許,只有紅樹林給我詮釋了什麼是偉岸。

在海洋和陸地之間,紅樹林用它紅的心、紅的枝、紅的根烈烈成一片生命的綠色,護擁著綿延的海岸,抵香港酒店訂房禦著海的咆哮,讓它的身後氣象萬千,繁榮昌盛!用並不威武的身姿,實實在在地譜寫了山魂海魄的生命禮贊!

夕陽西斜,老艄公拔起船錨,準備返航,他問我:“看明白了嗎?”我點了點頭,目光一直沒有離開紅樹林。風起了,隨著海風陣陣,天空的霞光漸漸變成緋紅,落日的餘輝把紅樹林染成一片金紅!光影中的紅樹林在一片紅色中呈現出熱烈的神采,像極烈烈昇華的火焰,在夕陽躍動的火炭數學補習社餘輝中熠熠生輝……。

莊裡的首富

他是十裡八鄉出名的老中醫,他的大兒子是小隊長,老二跟著他做赤腳醫生。每年進入臘月,四爺家第一個開殺戒,而且殺的是隔年大肥猪。莊裡其他戶也都是看著四爺家最先殺了香港深度遊猪才陸續接著殺年豬,這好像是一個不成文的規矩。於是乎,整個莊裡空氣中都彌漫著濃濃的肉香,一波接一波,一直到出正月,不曾消散。

四爺家殺了猪,本莊凡緊致肌膚有六十歲以上的家和一戶五保戶,他每家都要送一塊五斤左右的猪肋條;不僅如此,莊裡十二歲以下到會走路的小孩,都會被喊去他家吃肉,大快朵頤地吃到再也吃不進去的份上才算完。從我記事起就一直是這樣。在四爺家吃著肥肉,啃著骨頭,心裡就想,天天有肉吃的一定是天上的神仙了。

進了臘月,四爺家的猪殺晚一點兒,我們這些孩子們都會藉故上門問:四爺,你的猪啥時候殺呀?

日子過得緊巴的,殺年豬大瑪姬美容 暗瘡多要往後拖,有的甚至拖到臘月二十二。實在不能再晚了,過了小年屠夫就不出門了。說起來不好意思,當家才知過日子難。拖到很晚才殺豬,打的只是减少一點猪肉消費的窮盤算。

而處置猪肉,貧富家庭大不一樣。富裕家殺了年猪,全部留下自己食用:一部分分割了,掛在鍋屋的梁上風乾微熏成臘肉;一部分切塊在鍋裏煉製了,裝進幾個罎子裏,然後封口做成“悶罐肉”,可以吃上一年,臘肉接著新殺的猪肉。過年以後的日子,除了節日和人來客去以外,自家人也會隔三差五地取出來烹飪美餐一頓。而家境不好的戶,殺一頭年猪,要拿一多半到集上賣了變錢,好換取家庭急需的其他年貨回來。

溫暖春風送綠來

前文提起,A公主於今日大婚。作為曾經的密友,只能借著文字,送上暖心的祝福。其實,也有去過電話的,就在幾分鐘之前。彼時,她正在開車,電話是她老公接的,雖然只幾句簡短交談,也可看出是個彬彬有禮之人。心中為她高興,經歷過許多跋涉之後,終於找到了眼前這一個。緣分迪士尼美語 好唔好到了,幸福也就來了。祝福她,永遠幸福!

說起A公主,她的愛情故事如電視康泰劇情節一般跌宕起伏,每一段都是轟轟烈烈。她個子小,頂著個娃娃臉,聲音柔糯,令人一見之下便生親近之心。大學期間,我們常常一起出入各種場合,真是好的沒話說。正因如此,我有幸旁觀了她的愛情。所謂的電話情緣,所謂的列車情緣,都真實的在我身邊演繹著。也是由此,我才相信了課本中的理論:藝術源於生活而又高於生活。這個起程轉折為什麼要有?因為她的這些愛情故事都不幸夭折了,而藝術中諸如此類的愛情,大多都有了美滿的結局。

現實畢竟不是童話,完滿的只是遺憾。MathConcept奧數所幸,A公主從來不信命,反而有一種愈挫愈勇的精神。這些年,她的愛情故事永遠在繼續,只是我已經沒有份旁觀了。隔著山水萬裏,心底裏曾經的那個可愛的小姑娘跟我一樣在經歷著世事沉浮,經歷著成長的痛。由旁觀到聽說,由朝夕相伴到偶爾一個電話,由偶爾一個電話到漸漸不再聯系,是距離隔斷了友誼,是歲月淡薄了情意。相信我們彼此心內都有一份唏噓,也許,這就是所謂的滄海桑田,所謂的物是人非。

妻子給娘緔棉鞋

光陰荏苒,日月如梭。去年元宵節之夜,妻子幾乎廢寢給老娘緔棉鞋的“壯舉”,彈指間,已過去一年多了。但妻子挑燈夜戰的那一幕,時時清晰地浮現在眼前,讓我心生溫馨孔聖堂好唔好與感動。

去年元宵節那天,我與妻子應邀到親戚家參加義務勞動——裝袋料。下午回到家時,已是夕陽欲墜,晚霞滿天。機車剛在家門前停下來,鄰居老嬸子就說:昨天,你媽來了!她讓“羊娃嬰兒濕疹治療方法”給她緔雙暖鞋。“羊娃”是俺家娘子的昵稱。因為她姓楊,愛開玩笑,周圍的人贈予她這個聽起來頗為溫順的“諢名”,有時連三歲的小孩都這麼叫。下車後,妻子到“禦膳房”做晚飯;我去老嬸子家去取媽媽放在那兒的鞋幫鞋底。

吃過晚飯,被女兒封為“洗碗機”的我,愉快的將碗筷洗得一塵不染,然後到臥室上網逛論壇。妻子進屋後,拿起放在寫字臺上的鞋幫鞋底看了看自語道:老太太的針線活那麼好,瞧得上我三脚猫的功夫。妻子的話不假,想當年,媽媽的女紅是村子裏數一數二的。縫衣服,納鞋底,針腳勻稱、細密,誰見了誰嘖嘖稱讚。只是如今她早過古稀之年
孔聖堂 band,滿頭霜發,耳閉眼花手顫,緔鞋的力氣活心有餘而力不足。不然,也不會徒步幾裏來勞媳婦的“大駕”啊。我知道,妻子嘴上這麼說,實際上絕不會拒絕為老娘效力的。於是,我學著古戲裏的腔調:娘子休要謙虛,老太太捨近求遠,把這個光榮的任務交給你,說明她充分信任你這個三媳婦,你應該驕傲自豪啊!妻子白了我一眼:別給我施迷魂大法了!俺姓楊,不信將。

昨天,與朋友談心

偶然談到小時候的幾件令我尷尬的事情,用現在比較時髦的話說,就是幾件囧事,一陣哈哈大笑之後,感慨良多,噓唏不已。

小時候,我們農村沒有廁所,只有茅缸,都是敞口的露天的,在周圍圈了半圈蘆葦編制的“芭”,只能算是遮住後面的來風,並不能真正起到遮羞的作用。茅缸往往就在路邊,來來往往的行人就在能量水旁邊經過。我們小孩,特別是男孩倒是無所謂,但是大人們,尤其是女人,那就很不雅了。但是,那時的農村,由於條件的限制,男女老少,都共同來這種茅缸方便,好像也感覺不到難為情了。人們就在這種幾乎無所遮擋的情况下,居然也很舒服地解决了“三急”之一。

記得好像是七八歲的時候,深秋了,比較冷了,衣服也穿得不少了。放學後,突然有了便意,於是把書包在門堂子的大門下麵塞進家裡,就匆匆地來到河邊的一個茅缸解手。我一隻手扶住旁邊的鑽石能量水“芭”,一隻腳站上茅缸的邊沿,另一隻脚剛站上,也許是真的太急了,竟然沒有蹲穩,就一下子仰著掉進了茅缸。好在裡面的大糞不是太滿,茅缸也不是太深,嗆進幾口大糞後,站在裡面大聲哭了起來。還好,母親從田裡也正好回來了,有人立即告訴了她,趕來一看,我還站在那裡閉著眼睛嚎喪呢。那個慘像可想而知。母親不問三七二十一,抓著我的衣服,把我從茅缸裏拖了出來,再拖進河裡一陣沖洗。一會兒悶進水裏,一會兒拖出水面,上上下下好多次,好一陣折騰。然後,把渾身還有臭味的我抱回家,立即脫掉臭氣烘烘的雪纖瘦投訴衣服,再用清水沖了幾遍,用舊衣服把我裹了起來。我就站在那裡只知道哭。“哭什麼?!誰打你了嗎?是你自己不小心,怪誰呀?”母親呵斥著我。也許是嗆進去的東西,使我嘔心了,一陣嘔吐,嘔出了黃疸,難受死了。又寒冷又嘔心,簡直是倒楣透頂了。要知道,那已經是深秋時節了,我已經是凍得直哆嗦了。母親又連忙燒熱水,可沒有現在這麼方便,還要在灶上慢慢地燒。直到燒好後,又用熱水慢慢的沖洗,才讓我真正的睡進被窩,打了好多噴嚏。你看看,這是多麼囧的一件事啊!

於五教祈福苑出發

一路拾階而下找尋著名的三疊泉,一路上不停地問導遊:天什麼時候晴啊?導遊笑說一直都是大晴天啊.原來廬山的霧,出了名的辛苦,一年當中倒有二百來天繚繞於山間.濕滑的林間小路,清一色的石板鋪就,繞小橋.穿密林,巨石種種,水流聲聲,終於到了三疊泉,碎新股融資玉珠濺,清潭甘冽,卻不見泉水真容,濃濃的霧氣包裹著五老峰,更包裹著三疊泉,微風偶爾吹散了霧氣,重疊而下的泉水,剛剛露出了全貌,又被迷霧籠罩,讓人不免感喟‘不識廬山真面目,只緣身在此山中’短短的幾天,根本無法窺探廬山的全貌,更無法走遍廬山的美景,但心中始終裝承著一份感動,感動於造化的神奇,感動於生命的沿襲,更感動於世事的無常與驚喜,不知道下一站風景會不會更美麗,卻於廬山之巔,對未來有了更美的期許.

其實這一路走來最難忘的不是
余近卿那些名聞天下的奇景,而是那晚,我們一起牽手走在廬山的月色裏,一起走在去往小鎮的街,街道蜿蜒在密林中,空曠而清幽,我們邊行邊聊,感覺人生真是奇妙,我們已經一起攜手走過了二十年,這二十年裏無數風雨的街頭,無數有月色的街頭,無數飄雪的街頭,我們一起走過.在愛人的四十五歲的生日這天,我們從遙遠的北國牽手一起走進廬山的月色,夜如此靜謐美好,牽著愛人的手,心如此溫情醇厚,沒有生日禮物,廬山是我們的二十年婚姻生活最美好的禮物,余近卿廬山的月夜和你一起牽手走過的街頭,是給你的最好的生日禮物,一部廬山戀曾熱血了多少男男女女,我們一起走過的廬山會否鐫刻永遠?

廬山上的那個小鎮,是否會記憶我們這樣的一對夫妻,傻傻的.漫步在月色裏,心中滿滿的裝盛著感動和欣喜。

穿行於廬山的脚步,就像穿行於歲月裏的所有歷程,總要遠離,總要歸結於記憶,可那份靜謐與美好,深深的烙刻在心底,感謝歲月,感謝我的廬山之旅.

兒行千里母擔憂

寄上一封家書問寒問暖,家裡的事不用牽掛,我們怎麼會不知道父母的頭上已增添了一絲絲銀髮。男大當婚女大當嫁,是父母最幸福也是最操心的大事,他們為我們節衣縮食,求親拜友,以最大的能力成就了我們的花好月圓。當我們取得了微不足道的成就時,他們會覺得是他們最大探索40的榮耀。我們幸福了,他們為我們高興;我們挫折時,他們替我們痛苦;當我們在人生旅程中茁壯成長,他們已度過了生命中最美好的時光。悠悠歲月在他們的臉和發際上留下了道道滄桑,他們卻無怨無悔。

當我們懂得感恩時,父母老了,早已探索40不見曾經的風華。獨自守著居住多年的老屋,看日出月落,不免有些蒼涼的傷感。記得母親在世的那些年,每當回老家看望她的時候,明明看見她的臉上帶著孩子般的喜悅。依舊會如同我小時候那樣問寒問暖,讓我們在老家多住些時日。看著她渴望的眼神,我的眼裡不由得有些濕潤。

這寫在感恩節日子裏的文字,有許多暖暖的回憶,更多的是難以彌補的歉疚。人生短暫,這份感恩的情懷曾經離我們那麼近,如今想起來卻是那樣的遙遠。有多少愛可以重來,有許多愛無法重來。我只

探索40能用粗淺的文字追憶被歲月淡忘的痕迹,重溫曾經一幅幅恬淡安暖的畫面。在我有限的文字中,多半是過去的影子。不是無病呻吟的做作,而是過去給予我深深的印記。這些印記裏滿滿的都是溫馨的記憶,或許是曾經得到愛太多,心情才會如此的凝重。

時常在回家時,和子女們說起曾經的故事。他們會用新奇的眼神看著我,帶著嬉笑說我懷舊的情結太深。其實,我未必是教育他們尊老愛幼,而是在心裡默念往昔歲月裏那些美好的東西。或許,能在他們幼小的靈魂裏留下一些崇善的箴言。讓我欣慰的是,他們從來沒有用時下的孩子那種逆反心理對待我的陳年往事。

有多少愛可以重來,有多少人可以等待。其實,有許多愛不會重來,感恩今生,珍惜今生吧。

一個半陰的星期天下午

我從家裡返回學校,剛到街口戲樓台前,便迎面看見一輛三輪車筐裏躺著一個身材肥壯的女人,一股刺鼻的“三九一一”藥味散向四周,旁邊有瘦面針 人用手舉著輸液的瓶子,有好幾個人在急切地觀察並說著要往縣城送去搶救——後來,就聽到是老牛與妻子在前幾天爆發過一場極其殘酷的戰爭,本來已經戰後談合了,卻雖料突然間就這樣給老牛一個後半輩的孤獨?至今,老牛婚姻戰最後的戰果是左前小腿茶杯大兩塊面梨刺棒留下的疤痕以及脖頸幾道橫向指痕。大概這典型的勳章會陪他到死。

其實,事業中的老牛是一頭去黑眼圈 勤耕深種的敬業者,雖然程度羞澀,教不了五六年級,卻一直在一二年級的教學上,積澱多年,成績一直名流前茅,重要的是他平日的好習慣,教案工作滴水不漏,就是簽到也一如既往,從不遲到早退,很少請假。給年輕人無形裏一個表率。兩個兒子都外出務工,按理他不該再養家畜和種莊稼,可仍然養著一匹騾子,還種著小麥油料和洋芋,每年養一頭豬。這一切都在工作之餘的星期天和午休、下午放學後完成,如果沒有和他一起工作,任誰也遊香港優惠券 app不會相信他是怎麼玩轉時間的,實在是我們研究和學習的好榜樣。魚和熊掌不可兼得,在他這裡已不是什麼至理了!

落花成了流水

伊人的目光劃過淺藍的天空,我默默尋覓音樂的海洋,在格調旋律中感受柔和的馨香,浩淼的宇宙,囊括深邃的思想,今夜,踏著茫茫月色,我又將登上遠行的列車,和著洋流,洞穿霜雪淩冽的寒宇。對於我來說,已然忘卻了這是第幾次去遠方,遙望母親泛紅的眼角,心裡充盈著不舍;當東余仁生保嬰丹方升起耀眼的魚肚白,我乘著晨輝的羽翼,飛向夢中的遠方—北國。

還記得,那些年,為你獨唱的櫻花草,是我唱給你的專屬味道,曾經滄海桑田,信直播博說出,遇見你,是我醉美的時光Pretty renew 呃人。可,韶光易逝,當涇河與渭水合為一體,不知是精衛填海的悸動,還是女媧造人的癡纏。N年以後,小徑偶遇,你牽著孩子,我抱著娃,我們形同陌路。只記得,家門前青石板上油亮的印記,是我們兒時一起玩過的甜蜜樂園;也是爸媽走過的最樸實的痕迹,無數遍刻在心裡、記在腦海。無論是你還是那些美美的歲月,都有相同的境遇,念時,銜泥重播;憶時,藏於心房。沏一壺溫熱的記憶,只想對佳人說出,歲月靜好,明月在,願景村 邪教天涯隔,淺笑安然,你可安好。

時光沒有銘記你落幕的微笑,而我卻隨手把思戀藏進心底,一輩子。

幾近暮年之後

對爸爸的思念也越來越沉,聽到媽媽對爸爸的幽怨也越來越少。父親是被抓的壯丁,他被抽丁,大伯是一家的勞力,爺爺叫他躲丁出走,弟兄四個,保長說最少得有一到兩個人去當兵,大伯躲出去啦Dermes 脫毛價錢,兩位叔叔還小,只有父親在街上的絲綢店當學徒,被抽抓壯丁走進了國軍的部隊,新兵受氣挨打是常事,悲慘的少年記憶,革命军和國民黨進入拉鋸戰,爸爸被革命军俘虜便參加了革命。父親的脾氣剛正不阿,不會趨炎附勢,吪意奉承,在他的一生中最不耻這樣的人。

到地方後為此得罪了不少
康泰旅遊領導和同事。父親的煙癮很大,上夜班太多,別的領導在工區上夜班都是在值班時睡覺,可他作為最大的領導在夜班總是不睡覺,參加工區的勞動,和工人們一起幹活,總是吸烟很多,所以人到中年就落下慢性支氣管炎、肺氣腫多發肺大泡、肺心病,常年咳嗽,晚年氣喘。父親對自己的一生從未感到後悔,總是理直氣壯的一種坦然。我們家在組織分到大一點的房子也是到他快退休啦,母親總是說組織的好事都沒有我們家,也從未聽到又什麼好事輪到我們家。

父親的時代正是一個火熱的年代,正Yumei水光精華直正氣蒸騰的時代,但是父親沒有我們想要的那種輝煌,直到退休時,他本來是够著離休的,可他的檔案是49年9月16日參軍,不够離休,知道他歷史的朋友有勸他找找老部隊,老戰友,只要有證據是可以更改檔案的,可他總是輕描淡寫地說組織對得起他,有終身俸已經有保障,何苦要舍這張老臉呢。說起這件事,母親也說他不會為自己的事去找過去的部隊和戰友,拉鋸戰時部隊被打散又進入其他部隊所以檔案就按最後所在部隊的檔案記錄。

水も優しい

少ない急流の早瀬は、柔水が減っていき、波瀾は驚かしませ。急に激しい川は北西高原から江南平原、を失っていた不羈の猛烈な、もし江南草木、江南の言葉のように優しく、もう歌い奏でる甲高い船頭Pretty Renew 代理人船歌ではなく、柔らかな江南糸竹ました。「小橋流水人家」、これは江南の基調を流水、牧歌の基調。は蘇州、烏鎮、週荘、あなたも見られるの流れ。で座って乌篷船の中を見てゆるやかなリズムに乗って、船頭に櫓をこPretty Renew 代理人、楽生糸絃を弾く。船と水の流れのように、ゆっくりと落ち着いて、ゆりかごのような揺れ揺れ揺れ、祖母橋まで……

存在が意識を決定する、環境影響性格、江南人の性格も優しい。私は蘇州に行きの列車の中では、1位の東北に商売の蘇州男、彼は東北の人が豪快で、性質もず、手で戦争をする。彼の故郷の人は温和で、話がよくて、彼は小さいときから40代まで伸びて、見てない人は喧嘩をPretty Renew 代理人したこと、もっと見てない人のけんかする。

はすでにの見が窺えるだろう。私を江南、いくつかの都市はいくらかの時間に住んだことも、共感する。東北で、私は多くの上海知識靑年に接触したこと、感じが彼らの性格は柔らか味味が濃くて、甚だしきに至っては多少ある女性化。脾気烈脾気柔とどちらがいいか悪いか、次の判断は難しいが、人に接するのは穏やかで、ちゃんと話しはいつもいい。調和社会の必要な、和合の人間関係。

という文章江南の優しさが江南人の骨が、たとえば明末変節士人钱谦益、侯方域、吴梅村、龚定山、現代売国奴章宗祥、陆宗輿。鬱達夫より辛辣に杭州人と「文弱」、「意誌薄弱。」(会う鬱達夫が「杭州」)。これは私が推測する評価し、適切な。どこの人がある、大雑把定性。江南の人は優しいのも、強い。「臥薪嘗胆」を体現した江南の強靭。文天祥、陆秀夫の寛大で死ぬと江南の不屈。林則徐の怒焼きアヘンは焼出した江南人および中国人の正気と豪情。

ノラ遠く

聞かないでどこから/私の故郷は遠く/どうしてノラ/ノラ遠く、ノラ……

踏み光陰折風行、笠、袖にreenex入って月、三毛砂漠、前世の郷愁を探して。月明かりの誇りのような女子、砂漠の強い女子、ひとつの花火が寂しい女子、この女を見て歩い千山万水、天地太古、拾塵荷物を入れ、送り天涯物語。を持って世の変転繁華散って、1種のやる気や興味が失せるの美しい、じゃあ、忘れてはいけなくて、彼女の名前は三毛。

三毛の子供のころは世の群がreenex、彼女を尊重する生活、また生活を愛して。三毛読書が好きで、墓地で本を読んで、静かで美しいが、読書する彼女は、中学生の学業の中で、彼女は彼女のプライドを先生のことに読まなくなった。このように、彼女の彼女の繭を破っ蝶になって、顾福生。彼は画家で、彼は彼女の心が読めて、彼は彼女の初登場刊作品、彼女の世界の花。

「人の命は長さを、かどうか、三毛は痛快生き」この言葉に完璧に解釈した彼女はデモ世界の原因。初めての旅スペインマドリード、そこに彼女のあこがれのワイルド、風情、シreenexンプルな。それ以来、彼女に恋をしていた旅行、旅行の中で、彼女はスペイン彼女の生涯に出会った人々の愛、JoseマリアQuero三毛を彼は、ホセ。

マドリードの夜空に美しいのは、そんなに多いきらめく星、三毛ホセとの再会も美しい。