「水着姿は恥ずかしい…でも泳ぎたい」という困った事態の切り抜け方9パターン

「思う存分泳ぎたいけど、水着姿は恥ずかしすぎる」という複雑なオトメ心のせいで、夏のマリンレジャーを諦めてしまう女性は多いのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性205名に聞いたアンケートを参考に「『水着姿は恥ずかしい…でも泳ぎたい』という困った事態の切り抜け方9パターン」をご紹介します。
催情

【1】パレオを巻くなど体型をカバーする水着を選ぶ

「男性目線では楽しくないかもだけど、これが限界」(20代女性)というように、露出度の低い水着で誤魔化すパターンです。ラッシュガードなど、さらに体型をカバーするウェアを着用するのもアリでしょう。
【2】ショールとサングラスで顔を隠して恥ずかしさを紛らわせる

「すっぴんの場合のマスクですね。誰だかわからなければ問題なし」(20代女性)というように、「顔は隠せど体隠さず」で乗り切るパターンです。大胆な水着を着てみたい、あるいは彼氏から着てほしいとリクエストされている場合に使える手かもしれません。
【3】泳ぐときはTシャツを着て、水から上がったらパーカーを羽織る

「とにかく、水着単体では見せない」(10代女性)というように、水着にちょい足ししてカモフラージュするパターンです。彼氏には「日焼け防止!」と強く言い張れば、納得してもらえるかもしれません。
【4】いっそのこと洋服のまま海に入ってしまう

「沖縄の人とかほとんどこれ」(20代女性)というように、水着を用意せず普段着で泳いでしまうパターンです。ただし、水を吸った衣類は体の自由を奪うので、くれぐれも溺れたりしないようにしましょう。
【5】早朝やお昼時、夕方など人気の少ない時間帯を選んで泳ぐ
淫インモラル

「どうしても海水浴に行きたいと彼氏に言われたら、時間帯の条件を付ける」(20代女性)というように、海水浴客が少ない時間帯を選んで人目を忍ぶパターンです。夜だと完璧ですが、事故の危険性もあるので波打ち際でちゃぷちゃぷする程度に留めておきましょう。
【6】ほとんどお客さんがいないマイナーな海水浴場を選ぶ

「地元の人しか知らないようなビーチに行く」(20代女性)というように、閑散とした海水浴場で思う存分羽根を伸ばすパターンです。ただし、監視員などがいない場合もあるので、水難事故には注意しましょう。
【7】常に浮き輪を体に通して腰回りのヤバい部分を隠す

「陸にあがっても浮き輪を手放さない(笑)」(10代女性)というように、道具を使って腰回りを隠すパターンです。太めの女性を探してそばで泳ぐなど、相対効果で痩せて見えるよう演出するのも良いかもしれません。
【8】絶対に知人がいそうにないエリアや国まで遠出する

「ヌーディストビーチでもいけます」(20代女性)というように、自分のことを誰も知らない旅先で恥をかきすてるパターンです。ただしあまりに大胆だと、盗撮されたりSNSで全世界に晒される危険を伴いそうなので、はっちゃけすぎないようにしましょう。
【9】自分より露出度の高い人たちが集まる混雑したビーチを選ぶ
女性用媚薬

「木を隠すなら森ですよ」(20代女性)というように、自分よりセクシーな人を隠れ蓑にするパターンです。グループデートにして派手な女友達をおとりにしてしまうブラックな手法もありかもしれません。

既婚女性に聞いた! 「過去の恋人」と「結婚相手」で違っていたポイントは?

「恋愛と結婚は違う」なんてよく言われますが、皆さんはどう思いますか? 結婚のために、意識的に「結婚向きの男性」を選ぶ人もいれば、「今までと違うタイプだったから、結果的に結婚にまで至れた」という人もいることでしょう。恋人と結婚相手はやはり違うものなの? 独女通信では既婚女性たちにアンケートを行い、調査してみました。
勃起促進
■ 居心地のよさ、経済力、年下……。結婚相手と恋人とが違っていたポイントは?

まずは恋人と結婚相手は大きく違った!という意見から。最も多かったのは、「一緒にいてくつろげる」という意見。「飾らなくても自分を認めてくれた」「ドキドキやワクワクよりも安心感」「気をつかわず、互いに甘えられる」「自分を飾らず、嘘をつかずすべて話す事ができ、受け入れてくれる人」「好きな人は緊張する。結婚相手は安心する」「恋人=嫌われないようにムリする。夫=素の自分でいられる」等々。


“容姿”に関する意見も多くみられました。「外見。夫はむしろ私の嫌いなタイプ(笑)」「顔」「歴代の恋人はイケメンだったけど、将来が考えられなかった。旦那は仕事がデキる男で安心感があった」「彼氏は好みの顔じゃないと無理だったけど、旦那はブサイクでも全然いい」など。結婚相手の場合、容姿は重要ではない…という意見が多かったですが、中には「男性たちに大きな違いを感じなかったので、顔がタイプの人と結婚。この顔を見ていれば何でも許せると思ったので(笑)」という真逆の意見も。
巨人倍増
“年齢差”を語る人たちも多数。「夫は初めての年下」「今までは全員年上。主人だけ同い年です」「昔は自分よりできる人がいい、と思って年上か同じ歳ばかりだったが、夫は3つ下です」「今までは優しく、甘えてくる年下男ばかりだった」など。「過度な期待をしていなかったのがよかったのかも」「年下が合うとわかっていれば、最初からそうしたのにと思う。年上が素敵、などの先入観をなくすことをおすすめします」などのアドバイスも見られました。「私には年上(年下)が合うはず」と思い込みを持っている方も少なくないですが、年齢への偏見は、今すぐ無くしたほうがよさそうです!

“尊敬”を語る意見も見られ、「人としての真っ当さ」「誠実さ」「まじめで、女性を大切にする気持ちがある人」「上司からの信頼も厚く、聞き上手なところが尊敬できた」などのほか、「夫とは一緒の方向を見て、共に人生を進めていけると感じた」「夫は男らしいグイグイ引っ張ってくれる人」という人も。「結婚相手は何よりまず経済力」「経済力があって、暴力をふるわないこと」「生活が関わって来るという現実です」など、生活・経済力重視の意見も見られました。

そのほか、「夫には、初めて見た時から“いいパパ”になってくれそうなイメ-ジがあった」と父親として判断した人もいれば、「相手の親兄弟との距離感が近かった」など家族関係を語る人、「夫とは追われる恋だった事。好きは好きだけど、自分から追いかけていない」と恋愛の力関係に言及する人もいれば、「夫はビビッときた」「死ぬ時に、この人の妻であると胸を張って言える人を選んだ」などの感覚的な意見も見られました。

■ もともと“結婚向き”な異性がタイプだと、あまり苦労しない!?

一方で、恋人と結婚相手に特に違いはなかった……という人も。「元々真面目な人が好きなので、違いはなかった」「一緒にいて居心地のいい人が恋人になり、そのまま夫になった」「誠心誠意好きになった人が恋人から結婚相手になっただけ」「好きになってくれて付き合った人を徐々に好きになり、そのまま結婚できた」など。“縁”によるところもあるでしょうが、もともと“結婚生活向きの異性”がタイプだという女性は、それほど苦労せず、すんなり結婚していかれることが多いのかもしれませんね。
絶對高潮
結婚相手を探しているからといって、無理に好みを変えるのは難しいですが、身近な女性たちを見ていると、自分自身に本当に「結婚したい意思」や「心の準備」ができてくる時期になれば、自然とそういう相手に惹かれ始める傾向もあるように思います。「それまでは自分で選んで失敗続きでしたが、夫は友人が紹介してくれた人だった。新鮮でよかったのかも!」という意見もあり、パートナーがなかなか見つからないという人は、“出会い方”を変えてみるのも一案かもしれません。

また、結婚相手には何かしら“初めて”の要素があったという意見も多くあり、「ずっと自分をさらけ出せないでいましたが、彼には初めて素直な自分を出せた」「趣味も仕事も性格も初めて出会うタイプで、何もかも違っていた」「人間として好き、尊敬できる、という感覚は今まで持ったことがなかった」など。先入観を持たずにいろいろな異性と関わってみると、思いがけない相手と結ばれることもある模様。結婚相手を探している皆さんは、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

恋愛を成功させる釈迦女子の3つの特徴

恋愛を成功させる釈迦女子の3つの特徴
お釈迦様の知恵を恋愛に取り入れた女子を「釈迦女子」(しゃかじょし)と呼びます。今回は恋愛を成功させている釈迦女子たちの特徴をお伝えします。

お釈迦様の知恵を恋愛に取り入れた女子を「釈迦女子」(しゃかじょし)と呼びます。今回は恋愛を成功させている釈迦女子たちの特徴をお伝えします。

威哥王

特徴1 いつも満面の笑み、否定形は使わない
仏様の知恵を恋愛に応用できる釈迦女子は、相手にとって太陽のような存在、そして、眠る時に包み込んでくれるような暖かい存在になることを心がけます。
恋愛はともすると自分の気持ちばかりを貫きたくなりますが、それでは主従の関係でしかなく、本当にお互いが成長できるようなパートナーシップには程遠くなってしまいます。
満面の笑みを浮かべ、相手のテンションが低かったり、気持ちが暗い方向に向いている場合も、それを吹き飛ばしてしまうよう、肯定的で前向きな言葉を使います。


特徴2 答え、結論をすぐには言わない
誰かの答えをそのまま実行して問題を解決することは非常に楽ですが、応用が効きません。
恋愛も長く続けていくとさまざまな困難に直面しますので、それを2人で1つ1つクリアしていかなくてはなりません。楽なことにばかり頼っていると本当に苦しい時、八方塞がりになってしまいます。
釈迦女子はそういう先々を見据えて彼の悩みに対しても少しずつ質問を投げかけたり、相槌を打つことで彼自身に問題を解決させるような配慮をします。

巨人倍増

特徴3 恋愛にはまらない
釈迦女子は恋愛に良い意味ではまりません。どこか冷静な視点をいつも持っています。それは、恋愛をただのゲームや一過性のものだとはとらえずに、人生のパートナーを探す過程の1つだと捉えているからです。
熱くなりすぎて大切なものを見失ってしまったり、逆に燃えることができない自分に焦りを感じて早期に甘い罠にはまってしまったりすることがありません。
その代わり、「恋愛スイッチ」を自分で切り替えることができるので、本気の恋を積み重ねていくことで、恋愛の幅もとても広がっていきます。


様々な苦しみがあり、喜びがあり、怒りがあり、悲しみもある。恋愛とはまさに人生の縮図と言えるでしょう。お釈迦様の知恵を取り入れることで様々な障害に打ち勝ち本当の恋愛を手に入れることができます。

「犬がほしい」って言われたら・・・子どもと一緒に読んでほしい、見て欲しい「ペットショップにいくまえに

家族を「買う」前に考えたいことがあります
徳国公牛
ペットショップの犬たちは、どう繁殖され、どう販売され、売れ残りはどこへ行くのでしょうか?あなたの地域の保健所は、毎日どれくらいの犬や猫を<処分>しているのでしょうか?

ペットを飼うのは「買う」ことではありません。ぜひ、それ以外の選択肢を考えて欲しいのです。

「ペットショップにいくまえに」は、誰かが犬や猫を新しく家族に迎えたいと思ったとき、お金で買うというのではなく、飼い主のいない動物をもらい受ける、ということが当たり前の世の中になってほしい、そんな思いをこめて作ったフリーペーパーです。
狼1号
また、各地の自治体や、保護活動をしているボランティアの情報を集めて、みなさんの参考にしていただけたら、と考えています。一匹でも多くのわん&ねこちゃんが、幸せになることを心から願って。  どいかや