バケツの氷水ざっぱん運動、ALS治療の前進に貢献 主要遺伝子発見と

2014年の夏、バケツに入れた氷水を頭からかぶる「アイス・バケツ・チャレンジ」が世界中に広まった。筋萎縮性軸索硬化症(ALS)に対する認識を広め、寄付を募ることが目的のこの運動は当時、見かけ倒しとも批判されたが、集まった寄付金が支えた研究によって、病気の原因となる新しい遺伝子が見つかったという。「ALS協会」が明らかにした。

「アイス・バケツ・チャレンジ」では、各国でスポーツ選手やハリウッド・スターなど多くの著名人も次々と、氷水をかぶる様子をインターネットに公表。1700万人がフェイスブックに、氷水をかぶるビデオを投稿し、世界中で4億4000万人がビデオを再生した。米国では2カ月で1億1500万ドル(約125億円)が集まり、この寄付金が6つの研究プロジェクトを支えた。

その中のひとつ「プロジェクトMinE」の研究成果が今月末、オンライン版「ネイチャー・ジェネティクス」に掲載された。11カ国で80人以上の研究者が参加したこのプロジェクトは、先天性ALSの過去最大規模の調査で、遺伝で伝わる発症リスクを探した。その結果、「NEK1」と呼ばれる遺伝子が発症に関係していることが判明したという。

ALS協会のルーシー・ブルインさんは、「大勢のALS患者を対象にした大規模な調査だったからこそ、この複雑な遺伝子分析が可能になった」と話す。「NEK1」の特定によって、今後は遺伝子治療の開発に取り掛かれる。

運動ニューロン疾患(MND)とも呼ばれるALSを発症する患者のうち、遺伝性ALSの患者や約10%にとどまるが、遺伝が関係する症例はそれよりも多いはずだと研究者たちはみている。

房事の神油
超強黒倍王
新一粒神

マイケル・ジョーダンさん、沈黙破り声明 人種問題巡り

米国で警察による黒人男性の射殺や、警察を狙った事件が相次ぐなか、バスケットボールのスーパースター、マイケル・ジョーダンさん(53)が25日、「もはや沈黙を続けることはできない」と懸念を表明する声明を発表した。

 「有色の人たちが公平な扱いを受けることと、警察官が尊敬され、支持されることの双方が実現されなければならない」。声明は、人種とスポーツに関連したウェブサイト「ジ・アンディフィーテッド」を通じて発表。地域と警察の関係構築を目指して設立された団体と、全米有色人地位向上協会(NAACP)の弁護基金の双方に、それぞれ100万ドル(約1億円)の寄付をすると明らかにした。

 リーグ優勝を6度経験するなど、NBA史上最高の選手とされるジョーダンさんは今でも高い人気を誇るが、社会的な発言をすることは珍しい。声明では、1993年に自身の父親を殺人事件で失ったことに触れ、「私もその痛みをあまりによく知っており、愛する人を亡くした家族とともに悲しむ」と言及。そのうえで「我々を分断させる言葉や、人種間の対立が悪化しているように見えることを悲しみ、不満に思っている。この国はよりいい場所だと知っている」と訴えた。

男露888
三體牛鞭
勃動力三體牛鞭

ロシア軍戦闘機、シリアの米英軍基地を爆撃か、米WSJ報道

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は22日、ロシア軍機が先月、シリアにある米軍と英軍の精鋭部隊が使用する基地と、米中央情報局(CIA)の関連施設を爆撃したと伝えた。

 WSJが米当局高官の話として伝えたところによると、これまで報じられていなかった6月16日と7月12日の空爆は、ロシアが米国に対しシリア領空内でより緊密に協力するよう圧力をかけるために実施したものだったという。

 20人規模の英軍特殊部隊は6月16日の爆撃の前日、ヨルダンとの国境沿いのアトタンフ(At-Tanf)から約16キロにあるこの駐屯地を退去していた。米当局高官と反体制派勢力の司令官らによると、爆撃にはクラスター爆弾が使用された。米国がロシアからの圧力を拒否した結果、同じ基地に2回目の空爆が行われたという。

 またその約3週間後の7月12日、ロシア軍機は、アトタンフの西約80キロにある、CIAが支援する戦闘員らの家族が利用する反体制派の拠点を爆撃した。

 米軍や情報機関の高官らによると、一連の攻撃により米国防総省とCIA内ではロシアとの協力に反対する声が強まった。だが軍事的緊張のさらなる高まりを避けたい米ホワイトハウス(White House)と米国務省が妥協を求めたという。

消渇丸
999皮炎平
同仁堂牛黄清心丸

ダルビッシュ弟にLINE野球賭博で懲役2年6月を求刑「自宅を中心に行われた」と大阪地検

無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って野球賭博をしたとして、賭博開帳図利などの罪に問われた大阪府羽曳野市の自営業、ダルビッシュ翔(しょう)被告(27)の論告求刑公判が19日、大阪地裁(橋本一裁判長)で開かれ、検察側は懲役2年6月を求刑して結審した。判決は9月27日。

蟻力神(第五代)

 翔被告は米大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有投手の弟。約2億2千万円を賭けたとする常習賭博罪については認め、最終意見陳述で「兄や家族に迷惑をかけた。今後ギャンブルはせず、まっとうな社会人として生きていくことを誓います」と述べた。

 論告で検察側は「賭博は被告の自宅を中心とする生活圏や行動範囲を本拠として行われた」と指摘。「賭博場の場所的要素は十分特定されている」とした。

魔鬼天使muira puamaII

 一方、弁護側は最終弁論で、ライン上でのやりとりは刑法が禁じる「賭博場の開帳」には当たらないと主張。同罪は成立せず、常習賭博幇助(ほうじょ)罪にとどまるとして、執行猶予付きの判決を求めた。

 起訴状によると、翔被告は昨年4月~同10月、プロ野球と大リーグの試合の勝敗を客に予想させ、ラインを使って約1億1千万円の申し込みを受けたほか、自らも別の胴元で賭博をしたとしている。

バイアグラUSA精力剤

板橋区で9階のベランダから11歳男児が転落し死亡

東京・板橋区の11階建てのマンションの9階のベランダから小学6年生の11歳の男の子が転落し、搬送先の病院で死亡しました。

 14日午前5時45分ごろ、板橋区坂下の11階建てのマンションで「大きな音がしたので、ベランダから下を見たら男の子が倒れていた」とマンションの住民から110番通報がありました。警察官などが駆け付けると、男の子がマンションの敷地内で血を流して倒れていて病院に搬送されましたが、全身を強く打っていて死亡が確認されました。警視庁によりますと、男の子は9階の部屋に住む小学6年生で、ベランダから転落したということです。今のところ、遺書などは見つかっておらず、警視庁は家族から事情を聴くなどして男の子が転落した経緯を詳しく調べています。

三便宝
五便宝
蔵八宝
藏秘男宝

「安定が安倍氏に勝利もたらした」米WSJ紙が分析記事

米ウォールストリート・ジャーナル紙(電子版)は10日、日本の参院選の結果について「偉大さではなく、安定が(首相の)安倍(晋三)氏に勝利をもたらした」と題する分析記事を掲載した。

 米大統領選の「トランプ現象」のような現状への不満の高まりが起きなかった点について、日本は四半世紀前に経済の力強さが失われ、長期にわたる経済停滞が続いたと指摘。安倍政権の経済政策「アベノミクス」は、本格的な経済成長にはつながらなかったものの、円安を通じて株価や企業収益を増やしたとして、「不運な指導者が続いた後、多くの日本人は安倍氏の控えめな成果を評価した」と分析した。

 日本が他の先進国と比べて移民や大企業トップの報酬が少ないことも挙げ、「対立候補はアベノミクスが富裕層優遇だと批判したが、反エリートの宣伝文句の欠如が政治的点数を稼ぐのを難しくした」とも指摘した。

ビグレックス
VigRx
Wenickman
シアリスCialis

「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』登場!あの「スコープドッグ」に乗り込める

バンダイナムコエンターテインメントのVRエンターテインメント研究施設「VR ZONE Project i Can」に、新たなVR体験が味わえる2つの新アクティビティが登場します。

【関連画像】

仮想現実(VR)技術でエンターテインメントの未体験領域を開拓するプロジェクト「Project i Can」が始動し、その研究施設となる「VR ZONE Project i Can」が4月15日から10月中旬までの期間限定で運営しています。

「やりたい!けど実際はムリ」という夢や好奇心を、VRなどの最新技術と体感マシン開発技術をかけあわせることにより、ホンモノの体験として実現する新しいエンターテインメントの提供を目指す一環として登場した「VR ZONE Project i Can」。この施設は幕開け直後から高い人気を集め、1ヶ月先の予約まで埋まったことも。現時点でも、土・日・祝日は予約が締め切られており、平日にかろうじて空きがある程度です。


そんな「VR ZONE Project i Can」に更なる注目が集まりそうな、新たなアクティビティの登場が明らかとなりました。ロボット同士の重厚感みなぎるバトルが楽しめる、VR-AT シミュレーター「装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」と、歓声を浴びる絶頂感が楽しめるスーパースター体験ステージ「マックスボルテージ」。いずれも興奮間違いなしの新VR体験となっているので、気になる方はしっかりチェックしておきましょう。なお、この新アクティビティは7月15日より稼働を開始します。

◆VR-AT シミュレーター「装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」

TVアニメ「装甲騎兵ボトムズ」を題材としたアクティビティで、作品に登場する兵器「スコープドッグ」に乗り込み、隣同士の相手と1対1のロボットバトルが楽しめます。VRゴーグルから得られる迫力の映像と体感マシンが与えるコックピットの臨場感が融合することで、現実感あふれる迫力のバトルを体験できます。

・体験料:651バナコイン(700円)
・VR アクティビティ所要時間:約8分(VRゴーグル着脱時間を含む)

◆スーパースター体験ステージ「マックスボルテージ」

360度全方位自由に動けるステージ空間を再現した箱型のブースの中でVRゴーグルを装着すると、目の前に広がる大観衆を前に、スーパースターさながらのライブを体験できます。自らがバンドのボーカルとなり、曲に合わせて歌を歌ったり、掛け声や手を振るなどのパ
フォーマンスを行うことで、目の前に広がる大観衆が大きく盛り上がります。歓声を全身で浴びる絶頂感とステージ上での高揚感を存分に味わうことができます。
超強黒倍王
三體牛鞭
勃動力三體牛鞭

<HUNTER×HUNTER>再び休載へ 「次号よりしばらくの間休載」と発表

「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の冨樫義博さんの人気マンガ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」が、11日発売の同誌32号からしばらく休載することが4日、分かった。4日発売の同誌31号で「次号よりしばらくの間休載いたします」と発表された。再開時期は今後、同誌で発表される。「HUNTER×HUNTER」は、4月18日発売の同誌20号で約1年8カ月ぶりに連載が再開されたことも話題になり、以降は連載が続いていたが、再び休載されることになった。

【写真特集】冨樫義博 「東京喰種」作者と対談も話題に…

 同作は、1998年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始。数回の休載をはさみながら連載していたが、「蟻編」に続く「選挙編」を終え、新しいエピソードに突入したばかりの2012年3月に連載を休止。14年6月に約2年3カ月ぶりに連載を再開したが、作者の腰痛のため、同年8月に再び休載となった。今年4月に約1年8カ月ぶりに連載が再開されていた。

 「HUNTER×HUNTER」は、幼いころに別れた父と同じプロハンターになるため故郷を旅立った少年、ゴン・フリークスが、暗殺一家に育ったキルアら仲間たちとともに、冒険を繰り広げる姿を描いている。99年に一度テレビアニメ化され、スタッフ、キャストを一新した2回目のアニメ版が11~14年に日本テレビで放送された。

RU486
中絶薬
避妊中絶薬