ダルビッシュ弟にLINE野球賭博で懲役2年6月を求刑「自宅を中心に行われた」と大阪地検

無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って野球賭博をしたとして、賭博開帳図利などの罪に問われた大阪府羽曳野市の自営業、ダルビッシュ翔(しょう)被告(27)の論告求刑公判が19日、大阪地裁(橋本一裁判長)で開かれ、検察側は懲役2年6月を求刑して結審した。判決は9月27日。

蟻力神(第五代)

 翔被告は米大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有投手の弟。約2億2千万円を賭けたとする常習賭博罪については認め、最終意見陳述で「兄や家族に迷惑をかけた。今後ギャンブルはせず、まっとうな社会人として生きていくことを誓います」と述べた。

 論告で検察側は「賭博は被告の自宅を中心とする生活圏や行動範囲を本拠として行われた」と指摘。「賭博場の場所的要素は十分特定されている」とした。

魔鬼天使muira puamaII

 一方、弁護側は最終弁論で、ライン上でのやりとりは刑法が禁じる「賭博場の開帳」には当たらないと主張。同罪は成立せず、常習賭博幇助(ほうじょ)罪にとどまるとして、執行猶予付きの判決を求めた。

 起訴状によると、翔被告は昨年4月~同10月、プロ野球と大リーグの試合の勝敗を客に予想させ、ラインを使って約1億1千万円の申し込みを受けたほか、自らも別の胴元で賭博をしたとしている。

バイアグラUSA精力剤