一途さに惚れた

「2年間アプローチし続けられ、友人に『そんなに愛されることは早々ないよ』という言葉にハッとし、付き合うことに。とても一途な彼は、もちろん付き合ってからも優しく、信頼できる素敵な男性でした」(35歳/女性/出版)

「3年ほど前の話ですが、当時のバイト先の比較的仲のいい年下くんからアピールされていて二回告白されたのですが恋愛感情がなかったため二回とも断っています。でもそれでも気が済むまで好きでいるのは許してって言われてなんかきゅんとしちゃって(笑)そこまで想ってくれてるんだ、この人となら大丈夫かなって思ったので最終的にこちらから告白しました。もうすぐ交際して2年になります」(23歳/女性/農林・水産)

何度断っても気持ちをぶつけてくる男性のひたむきな姿に心打たれてしまうことは少なくありません。なぜなら女は“男の気持ち”をちゃんと確かめたいものだからです。こっちが一度や二度断ったくらいで引くような男なら「な~んだ。あなたの思いってその程度のもの?」「たいして好きじゃなかったのね」となるはずです。

でも、「わたしのこと本気なんだ」と確信できれば、惚れてくれたお返しに惚れてしまうのが女というものなのです。一途な彼にたくさんの愛を返してあげたくなるのです。

媚薬販売
女性用媚薬
催情薬