札幌のホテルで。。。

彼は、不景気の煽りをうけて、自分の会社を潰してしまった。

傷心の彼を思うと、
いてもたってもいられず、

わたしは、一人、飛行機に飛び乗った。

たった一人の飛行機の旅。三体牛鞭

機内は異常なくらい静かで、

ゴーーーーというエンジン音だけが
低く鈍い音を出し続けていた。

到着すれば 彼に逢える!という期待感と、

時々襲ってくる、何とも言えない心細さと 闘いながら…

到着すると、彼が 待っていた。

私達は、言葉少なに タクシーに乗り込み
札幌へ向かった。

この時、彼と どんな会話を交わしたのか…

いまだ、思い出せない。

ただ、しっかりと手を 繋ぎ合った二人は、お互いに想う事は 同じだった。

ホテルの部屋のドアを開けるやいなや、

せきを切ったように、お互いを求めあった。

きつく抱き合い 何度も何度も熱いキスを 交わす… 唇、首筋…

抱き合ったまま、ベッドへと なだれ込み、
服を脱がせる間も 惜しむかのように、

彼はワンピースの上から私の胸をまさぐり
キスをしながら、もう一方の手で私の股間を弄ぶ。

私は、両手を 彼の肩の後ろにまわし、しっかり しがみついた。

彼は、私の潤んだ瞳を、優しくみつめながら、

手で私の顎を上に上げ

もう一度 、濃厚なキスをした。

私の唇を奪い、大きく口を開けながら何度も舌を絡めてきた。

そして、そのままワンピースのすそを たくしあげ パンティをずらすと、手を入れてきた。

敏感に反応した私の秘部を、彼は 手で静かに愛撫した。

優しく、深く…

もう、溢れんばかりの 蜜で一杯になった 私の蜜壺を、

今度は、舌で 弄びながら 味わっている。

悦びに 苦悩し のけ反る私…狼一号

その表情に、我慢出来なくなった彼は

次の瞬間、いきなり 入ってきた。

そして、私の愛を確認するかのように、

何度も 何度も 突いてきた…

『どうだッ! どうだッ!』と言いながら…

私の両足は 彼の背中に密着するように交差し

彼の勢いに 夢中で 応えていた…

激しかったが、

極上の快楽が 私の全身をつらぬいた。

全裸になった二人は、また 何度も 求め合い

深い快楽の渦の中へと、

落ちていった。。。

生ハムとキュウリのオードブル♪

キュウリが、パリパリで美味しいです。ちょっと皮を剥いて、斜め切りの向きを工夫してV字にするだけでオシャレです。

材 料(1~3人分)淫インモラル

きゅうり 1本
大葉(青紫蘇) 1枚
かにかま 小1.5本
生ハム 小3枚(10g位)
マヨネーズ キュウリの長さ分位の量
塩 軽くひとつまみ

1.キュウリを3箇所位、縦方向に皮を剥き、塩を振って板ずり。軽く洗って斜めに3等分に切る(画像1番上の大きさになる)。更に縦に2等分に切る(2番目参照)。重ねたのが一番下の画像です。

2.断面をお皿側にして二つを重ねます。下のキュウリにマヨネーズを塗り、半分に裂いたかにかまを乗せ、縦3等分した大葉を乗せる。一番上は、生ハムをずらし気味に二つ折りしたものが乗ります。

3.重ねたら、爪楊枝で留める。3等分に切ったので、3つ出来て完成。サンプルは、オレンジを飾っています。

小さい手頃な生ハムを逆に活かしてオードブルにしました。威哥王

濃い味にする場合は、マヨネーズに醤油を足す等しますが、生ハムの良さは低くなります。

カレと仕事

普段の忙しさに、
会えない苛立ちから
時々 たて突いてしまうけど。

カレの仕事に対する
信念みたいな部分は、
心底尊敬してる。

カレは営業マン。
自分の業績‥
それ以上に、
お店全体の事を
常に考えて動いてる。

まぁ、
そのために会えない感も
否めないんだけどねー

そして何より、
自分のお客さんを
大事に考えるとこ。

長年築き上げてきた
信頼のもとに、
カレの営業スタイルは
成り立ってると思う。

よくね、
お客さんの話を聞くんだ。
そんな話をするカレは
いい顔していたり。
楽しそうだったり。

時に‥
長年のおつきあいの中で
不幸を耳にした時は、
切なそうなんだよね。

常に お客さんに寄り添った形の、
カレが築いてきたワークスタイル。

私は こんな立場だから、
やっぱり「会いたい」は
先行しちゃうけど。

反面で、理解者でもありたい‥
そんな気持ちも少なからずある。

変わることなく、
時にイラつくだろうけれど。
それでも
こんな気持ちもあるんだよって。

残しとこ♪

ペニス増大
早漏防止

「元気な子産めないわよ」と妊婦を立たせ優先席坐った高齢者

かつて、眉をひそめるのは老人が若者に対して、と相場は決まっていたが、最近の我が国では若者が老人に眉をひそめるケースが増えている。公共の場が、「老人vs若者」で一触即発になったケースもある。10代の女子大生はこんな体験をした。
 
「大きなお腹の妊婦さんが優先席に座っていたのですが、そこにあとから乗ってきたおばあさんが『臨月近いんでしょ、座ってたらお産が重くなるよ』と声をかけたんです。妊婦さんは『立ってると辛いんで……』と応えたのですが、『そんなんじゃ元気な子を産めないわよ!』と妊婦さんを一喝。結局自分が座ってしまいました」
 
 この女子大生は自分が座っていた席を妊婦に譲り、高齢女性に対して「自分が座りたかっただけじゃないんですか」と噛みついた。すると隣の関係ない高齢男性から「お年寄りにその言い方はなんだ!」と横槍が入り、別のサラリーマン風男性が「いや、この子がいっていることは間違ってない」と返して車内が緊迫した雰囲気になったという。
 
 社会学者で甲南大学准教授の阿部真大氏はこう指摘する。
 
「戦後の厳しい時代をくぐりぬけてきた世代と、今の若い人とは価値観が違って当然。『私が妊婦だったときはこうだった』『自分はお年寄りを大切にしてきた』という思いがあるから、シニアが若い人とコミュニケーションをとると、そのギャップにストレスを感じることになる。それがいわば被害者意識を増大させ、『弱い立場なんだから、ちょっとくらいいいじゃないか』『先輩のいうことは聞くべき』という感情になって、品格を欠いた発言をしてしまうのでしょう」

田中律子小6の娘の一言で離婚決断「ムリしなくていいよ」

女優の田中律子が30日、関西テレビのバラエティー番組「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演し、2012年に離婚するまで13年間に渡った前夫との仮面生活を振り返り、小学6年生だった娘からの一言で離婚を決意したことを赤裸々に語った。

 田中はCMの撮影現場で働くアシスタントカメラマンに一目ぼれ。田中からアプローチし、5年の交際期間をへてデキ婚した。しかし、出産を機に夫婦仲は冷え、会話も無くなったという。離婚もよぎったが子供のことを考えて決断しなかった。

 そんな仮面生活が13年目に入ったある日、小6の娘が「ママ、離婚していいよ。ムリしなくていいよ」と言ったという。「何で結婚したの?」と聞く娘に田中は「結婚した時は王子様と思ったけど、王子様じゃなかった」と説明した。

 前夫とは離婚後も月に1回食事などをするそうで、MCの東野幸治から「お互いのためのいい離婚だった?」と聞かれると、「そうですね」と田中は答えた。

 現在は好きな人はいるそうだが「結婚はいいかな。子供作らないなら籍を入れ無くても」と話し、「ママ、パパって呼んだらいけないみたい」と反省の言葉も語った。今は「1人は楽。もっと早く離婚しとけば良かった」と独身生活を謳歌(おうか)していることを明かした。