人を見る目

市内を歩いていたら教え子に出会った。
レビトラ: http://www.levitramall.com
大学院にいた頃、女子短大で非常勤講師をしていたときの教え子である。

無視するのもナンなので挨拶したところ立ち話になった。

おれ:「久しぶりやね。今はなにしてんの?」

相手:「卒業して働いてます」媚薬販売店

おれ:「そうなんだ。どこで働いてるの?」

相手:「ある旅行会社で事務職してます」

おれ:「へー、どこの会社?」

相手:「いやまァ、それはちょっと…」

彼女はその後も決してlevitra会社名を明かそうとしなかった。

俺などに教えたらストーキングされると警戒したんだろう。

ヤバそうな人をちゃんと見分けて判断している教え子、まったく頼もしい限りである。

彼女の「人を見る目」は、ひょっとすると俺の授業で養われたのかもしれません。

まったく教育者冥利であります。シアリス

深夜の大騒動

真夜中の1時少し過ぎた辺りに
寝入ろうとしたときにそれは起こりました。
レビトラ: http://www.levitramall.com
女性(多分40~50代)の罵声が夜の静寂を破りました。
「なにをいまさら!?
 もう、別れるしかないじゃない!?」

どうも携帯電話で相手方の男性と喧嘩しているご様子でした。
向かいのアパートの住人か何かでずっと目の前の道路で
大声で通話をされて、とりあえず、長い長い。
真夜中なのに大声で相手を否定する罵声を上げ続けるので
いかんともしがたい感じです。

当然の対策として良い夜風が入ってきてた窓を閉める羽目になりました。
それでも大音声は話の筋を伝えてきます。

1時半頃
「大丈夫ですか?」
という男声がかかります。
警官の基本的な声のかけ方です。
近所の誰かが通報したのでしょう。

これでおさまるのかなと淡い期待をしたのですが、
自宅のアパートの駐車場に入って警官の追及を誤魔化したのでしょう。levitra
そのまま向こうのアパートの1階の駐車場に大音声が響く響く。

結局、罵り疲れたのでしょうか?
2時ぐらいまで大音声が続いたものの、
その後はボソボソとまだ通話をしているようでした。

うーん、迷惑です。
おかげさまでただでさえ少ない睡眠時間が1時間潰されました。
何度心のキートン山田が大音声に突っ込みを入れたかわかりません。

ただ、飲み屋の話のネタで今週のサザエさんじゃんけん負けたせいで
こんな珍事に巻き込まれましたというネタができたか……。

今週ボロボロですよ。
といわれたもんな(笑)

はい、案の定ボロボロです。King Wolf狼王戦宝
なかなかこんなシチュエーションないですね。はい。

カリアゲとキントレとミニマム

『なぜこうも曇りばかりなんだ』

カリアゲは呟いた。

『沖縄の冬はこんなもんだよ。夏が終われば次の夏が来るまでずっと曇りさ』

キントレは、片足スクワットをしながら呼吸を荒げている。

この工場には窓が多い。その代わりに(本当に代わりになっているのかは不明だが)、照明が少ない。夏の陽射しは真っ直ぐに工場の中へ突き刺さる。行く手を遮るものは容赦なく照りつける、揺るぎない堅固な意志の光だ。それに比べて、冬は明るいのか暗いのか、訳がわからない。日付が変わったことすら気づかせてくれない。明日が来たことも伝えられない空に、何の意味があるのだろう。

キントレはサーフィンとレッチリをこよなく愛している。『あいつらお互いに掘りあってるんだぜ』などとニヤニヤしながら言うくせに、助手席に座れば勝手にレッチリをかけて体を揺さぶっている。

カリアゲは夏の終わりにここに来た。『暇なら来いよ』と、ミニマムが呼んでくれた。ミニマムは石垣の出身だ。カリアゲと同じ大学を卒業したあと、名護の工場に就職した。普段はにこにこ穏やかなやつだが、怒っているときはぶつぶつ何やら言っている。しかし、こちらには聞こえてこない。まぁ、聞いていないと言ったほうが正しいのかもしれない。

世界は僕らを中心に回っていて、海は誰よりも優しく僕らを受け入れてくれた。珊瑚の切れ目で波を待ち、残波の先で昨日を思った。

その先に待ち受ける明日に、不安なんて誰も抱いていなかった。

Levitra
媚薬販売店
催情粉

源泉○○流し

「この頃、ちょっと疲れがたまってるなぁ」と感じていたので、今日は昼間の空き時間を利用して温泉に入りにきました♪

電車で2駅くらいのところに天然温泉に入れるところがあるので、1ヶ月か2ヶ月に一度くらいの頻度で、リフレッシュしに来ています。

で、さっきね、、

隣で温泉に浸かってた2人連れのお客さんがいたんだけど、そのうちの1人がこんなことを言ってました。

「へぇ~、ここって“源泉垂れ流し”なんですねぇ」

マルオ「?????」

隣で聞いてて、耳を疑いましたよ(笑)

「【源泉垂れ流し】ってなんだよ!それを言うなら【源泉かけ流し】だろ」

「っつか、垂れ流したらアカンやろ」

と、心の中でツッコミを入れていたのは言うまでもありません。

『天然温泉源泉垂れ流し』

その言葉を頭ん中でリピートする度に笑いが込み上げてきて、肩で必死に笑いを堪えながらの温泉タイムでした。

天然で間違ってるだけに、憎めない彼でした。

天然温泉だけにね(笑)!

催情粉
催情剤
紅蜘蛛