たしとアルダー

アンガラクの民よ、わが声を聞け。わたしはトラク、主の中の主、王の中の王である。わが名の前に頭《こうべ》をたれ、祈りといけにえをもって仕えるがよい。なぜならわたしは

汝らの神にして、アンガラク全土の支配者だからである。わたしを怒らせる者のうえには、大いなる天罰が下されるだろう。
 わたしはこの世が始まる前よりあった。わたしは山々が細かい砂と化し、海がよどんだ水たまりとなりはて、世界が縮んで消滅した後も、依然この世にあり続けるだろう。なぜなら

わたしは時よりも前に存在し、また時よりも後に存在する者だからである。
 ときを超えた久遠の彼方に、わたしは未来を見ることができる。そこには二つの運命があり、どちらも永遠の両極より、相手をめざして果てしなき回廊をひた走り続けている。いず

れの運命も絶対不可避のものであり、互いが出会うとき、二つに分けられていたものはひとつになるだろう。その時こそ、かつてあったもの、現在あるもの、そしてこれからあらわれ

るものは、なべてひとつの目的のもとに合一されるのである。
 透視によってこれらのことを見知ったわたしは、運命の要求するものを作り上げようと、六人の兄弟たちに働きかけた。こうしてわれわれは月を、太陽をそれぞれの軌道上に創造し

、この世を作り上げた。われわれはこの世を森や草木でおおい、すでに作られていた大地や空や水をみたすために魚や鳥を放った。
 だがわれわれ兄弟の父神は、わたしの提唱で作り上げた創造物にまったく興味を示されなかった。父神はきたるべき日に備えるわれわれの労働に、目もくれようとなされなかった。

わたしはひとりで今はこの世にないコリムの高地に登り、わたしの作ったものを受け取られるようにと泣き叫んだ。だが父神はわたしの創造物を受け取られようとはせず、顔をそむけ

られた。わたしは心をこわばらせ、父神に見捨てられた気持ちで高みより下りた。
 わたしは再び兄弟たちとはかり、われわれの意志の助けとなる人間を作り出すために、互いに協力しあうことにした。わたしたちはたくさんの数の人間を作り出した。そしてかれら

一人一人にそれぞれの神をわれわれの中から選ばせることにした。かくして人間たちはそれぞれの神を選んだが、常に兄弟たちに反対し、われわれがその支配を認めないことを不満に

思っていたアルダーを選ぶ者は誰ひとりいなかった。するとアルダーはわれわれ兄弟のもとを去り、その魔法により、われわれの民をたぶらかそうとした。だが、かれを受け入れる者

はほとんどいなかった。
 わたしの民は自分たちのことをアンガラク人と呼んでいた。わたしはかれらを大いに気に入り、今は亡きコリムの高地へ連れていった。そしてこの世をおこすもととなった、大いな

る目的をかれらの前にあきらかにしたのである。
 それ以後、かれらは祈りと焼いた供もつを捧げてわたしをうやまうようになった。わたしもまたかれらを祝福したのでアンガラクの民は栄え、その数はあまねく世に満ちた。かれら

はわたしへの感謝のしるしとして祭壇を建立し、その最も美しい乙女と最も勇ましい若者の幾人かを、わたしへのいけにえとして捧げた。わたしは再び深い満足をおぼえ、かれらに祝

福を与えたので、アンガラクの民は他に比べて驚くべき速度で増え続けることとなった。
 いまやアルダーの心はわたしへの崇拝に対するねたみでいっぱいになり、ついにはわたしを深く恨むようにさえなった。かれは再びその心の奥深くでわたしに対する陰謀を企て、か

たわらの石を取り上げるとそれに生命を吹き込み、わたしの目的を妨げようとした。そしてその石をもって、わたしを支配しようともくろんだのである。これが〈クトラグ?ヤスカ〉の

由来である。その石にはわたしに対する、永遠に消えることのない敵意がこめられている。そしてアルダーはかれの弟子と呼ぶ者たちとともにわれわれ兄弟から離れて座り、石によっ

て世界を支配することをひそかにたくらんでいたのだ。
 わたしはこの呪われた石がわ、および兄弟たちとの間を引き裂いたことを知った。わたしはアルダーのもとにおもむき、どうか石よりその邪悪な魔法を取り除き、か

れが吹き込んだ生命を消すようにと必死にいさめた。わたしがそうしたのも、これ以上アルダーを他の兄弟たちから孤立させないためだった。わたしはすすり泣き、かれの前にぬかず

きさえしたのである。

もうそのピュアじゃな

あっ、そう言えば、ピュアな心じゃないので気になってしまった事が、戸籍の問題。結婚したのだから、スミレの戸籍はどうなってるのとか、スミの年金はどうなったのとか・・・・・・ああ・・・・あほか・・・・

いや、だけど、このドラマは、い目で見たらツッコミどころがいっぱいで、たぶん演出もそこは触れてはいけなかった避孕 藥んだろうと思われるのは、スミレがスミに戻ってしまった時、ありゃ絶対にサイズが違うだろって思うんだけれど、服がビリビリとかボタンがパーンってなことにはならなかった点。

女優さんへの配慮ってとこですね、きっと。

とにかくこのドラマ、最後のクライマッ避孕 藥クスの愛の告白を70歳設定の松坂さんが頑張った所がミソだと思います。

全国の70歳のバーさんと言われている方々、どんな勇気か分からないけれど、なんとなくそんな高ぶる感情が沸いてきませんでしたか・・・・

って、よくよく考えてみればネット民兵に陥っている一部の方を除いて、ほとんどの70歳のご婦人方は、そんなテレビドラマで夢を見ないで暖かいお布団の中で本当の夢を見ている時間なのでしたね。

これ、原作の設定は60歳の人が17歳の高校生に避孕 藥なる設定なんですね。

良いなあ、17歳。

だけど好きな男の人と一緒になったとしても、人生はやり直したくなるような事がたくさんあるわけで、本当の満足の行く人生を送るのは難しい事よね。

最後にツイッターに書き込んだツイートをここに再掲させてくださいね。

「しかし、これでスミレがまた70まで生きるとしたら140歳になるわけで、肉体がどうのこうのと言うより、精神的長寿。更に80歳まで生きて150歳まで人が生きると、どのような思考を持つ人間になるのかそこを突き止めると、おとぎ話からSFに変わる。」

ツッコミどころ満載でも、私はけっこう胸キュンで見ていました。

金曜日の朝は

8時から打ち合わせ的会議。

この間の、初質問に立った皆さんからの発言を聞きながら、どんどんハードルが高くなっていく感じがしまBotox 肉毒桿菌注射す(^^;;

私も、質問準備がんばらなければ!

8:55~12時まで、今日は予算委員会の席に着席。
経済、財政の集中審議で、NHKが入っていました。

自民党、公明党、民主党と質問が続き、
西川前農水大臣に続き、下村文科大臣、望月環境大臣、上川法務大臣の不正献金の疑いが翻譯次々。

「政治とカネ」問題というのは、根が深い。
だからこそ、きっぱり断ち切る必要があると、つくづく感じた。

午後は、「生活と健康を守る会」の皆さんと、生活保護の住宅扶助引き下げによってさまざま起こるであろう問題について、厚生労働省から説明をうけました。

そして、再び予算委員澳門套票会へ。
高橋千鶴子議員が、米価暴落、TPP、年金問題について一時間に渡り質問。

ールが著した

『第二の性』の初版が発刊されたのは1949年の事。
内容を紹介invision group 洗腦すると、
「第1部では、女性は、男性より劣ったものとしての「第二の性」に
おとしめられて来た歴史があると語り、
その歴史的事実を挙げ、その状況をを再検証する。
第2部の冒頭では、
『人は女に生まれるのではない、女になるのだ』
("On ne naît pas femme:on le devient.")
で始まる体験に基づく考察が展開されていく。」

この言葉こそが、
端的に彼女の言わんとするところを語る一文として知られる。

「第二の性としての女性ではなく、
本来的な女性になるべき」と語るこの言葉が、
大きな反響invision group 洗腦を呼び、
戦後、女性の社会運動を大きく変えたとも言われる。
セックス(性別)としての女性から
ジェンダー(社会的な性)としての女性への転換として捉えられる。

さきごろのニュースに、
オーストラリア、ニューサウスウェールズ州の
裁判で、公的文書の性別表記で、男性、女性、それに
男女のどちらでもない性別を持つ人たちの性別表記を加える事になったという。

生まれた時には、身体的特徴から(性別として)、男性、女性のいずれかに分類されるが、
成長するにつれ、ジェンダーの違いを感じた場合、
男性、女性、それ以外の性invision group 洗腦への転換ができる。

『第二の性』の発刊から60年以上が経過した。
ボーヴォワールは、こういった時代までは、
予測しえなかっただろう。

探偵に免許制

イギリスの私立探偵が活躍する小説で言えば
シャーロック・ホームズが、すぐに思い浮かんでくる。
次に浮かんでくるのは、
探偵エルキュール・ポアロが活躍する『オリエント急行殺人事件』では雪纖瘦投訴いだろうか。
これは、推理作家アガサ・クリスティの作品だが、彼女の作品には、
『ABC殺人事件』『そして誰もいなくなった』などがあるが、いずれ劣らず探偵が出てくる。
イギリスでは警備と並んで、
探偵の需要は近年、年ごとに伸びているという。
ところが、怪しい探偵も多く、結局は免許制を導入することになったようだ。

アガサ・クリスティの小説は、トリックの奇抜さが群を抜いている。
それ以上に感じるのは、たいてい、どこか不気味さが漂っていることだ。
こんな作風を生み出すこ雪纖瘦投訴とになったのは、彼女の生い立ちという話もある。

この女性作家は、
少女時代、親から正規の学校で学ぶことが禁止され、
そのため話し相手はおもに姉だった。

この姉が曲者で、トリックで奇妙な声色(こわいろ)を使い、
誰もその存在を知らない、そのまた上の姉を演じることがあったという。
時々あらわれ、
アガサを恐怖に陥れるのを喜びとしていたようだ。

アガサは、この姉が現れる時、
えも言われぬ恐怖に陥りながらも、そのトリックを心待ちにしていたようだ。
人は、どこかトリックや、
騙されることを心待ちにしていろところがある。

ビートルズのメンバーだった ジョン・レノンの言葉に、
こういった心雪纖瘦投訴理を語った言葉がある。

「そうさ、ぼくたちはペテン師さ。
でも、世間の連中はみんな騙されたがってるんだ。」
アガサが感じた言葉かもしれない。