しようとしたが

私は軽くて雪黙祷に続き著考えを率直に打ち明けなどしてあなたを待って、しばらくしては春のような思いをしている君を去黑眼圈好きで私の身体を眼で私たちの手は、静かに眼で私の心を、私は幻覚と渇望して徐々に冷え、原始的な静かだと、穏やかで、仆は雪の世界の中で感じる生活や自然界のマイクロ凉の命数のだった。

風の空、ヒラヒラ気が雪で精致で、本当にと言われているように誇張像の羽のように、私は見たことはありませんの羽のような大きな雪片、でもで会った粘りが続いた雪で、ふさふさしていたかわいくて、サクサクであれ、まちがいで説明するのか、それとも顔に、あるいは軽く吹くと、が溶けてしまったからだ。

私は好き風な雪の世界で、一切は全部あんなに冷え込んでいるがそうであるように柔和で情切漂ってきて、冷たい晴れがましいことになってはならない、軽くそんなに寒くて自由に均等に自然界では無神経されず、偏向、注意して、そのままこれ見よがしに著、と僕は思った。拘束を自由自在に浮かんでた世界の中で、私は眼を魅了するのではなく、うっとりと、甘美な心になっている。

部屋を出て)たちは思わずが変わるのは従来の考え方は、すぐに忘れてしまう許たくさんのことは、目の前に最も重要なのはムラ雪の世界で、甘いのような1粒が容易なことではないと、100年ぶりの大雪で、不紧不慢のよしみでが散乱していて、いつの间にかの中ですでに地铺満山河は優しく、生き埋めになった周りチャンウィムン各所の山道に会うことができない何の気配も草や何の痕跡も提起されている、まるで微妙な一雪の壳のように、薄い冷気が集まってきます。

やすい感じ、雪に歩き倫敦金だした。その场所に行けあなたの言ったところかもしれないです,あなたに出会うことができること、申し合わせた特殊な予感とどちらが好き大雪で行った地方で、密かに見つけたのが容易でないと、そこに藁葺き家、何本か紅葉の木、紅玉の紅葉の中には一片の大青石と一条の川が冻えて、あるいは中だったら、雪花の下の小川であっても、それは一人もいないチョンシン聴いて禅のところです。

そうではない」と静かには雪の中へやってくる、そこにあなたに出会って、あなたに出会っての禅意。

哢嚓哢嚓の足音は、私の行進途中、お歌が楽しいことを知らない寂しさと寒さの曲、音と音がした。地とてくれているから、私の足跡が少しずつ広がっていることを引っ张って、私の頭の中に凝结する无数の幻想と、ひとりひとりの美しい情景君の姿とあなたの世界の所々に見せては一つの出会いの周囲に像た詩と同じように、あるいは、小説、それともエッセイをより、あるいは一首ヒット曲のように出会った。

真っ白な雪と座って紅玉の輪證紅葉の青石壇上を待って申し合わせた出会い、遠くの足音が滑って来ました