汐は満潮になって日光月影

私は1個の葉で、私は春夏内非常によく鍛錬することの広さの綠の葉で、私は茂った葉身はあまんじて花のために傘を差して日光を遮って、猛暑内に花のために風納涼を扇いで、暴風とにわか雨は侵入して襲って、私が当然である替わった花は風雨;夕日が西下する時Omega-3を遮って、私はほほえんでいてはでな着飾りが人目を引いた踊っている姿を見てひらひら、私の搖は木の枝を動かして花芽を使うことを聞いてこっそり裂ける放された音声は、私は私の引き立てた静かであり黙る時間に住む、私は何かを理解したことは最も光り輝いた笑いで、私の身体内は光り輝いた怒潮を期待することがわき返っていて、私の心奥内は始終隠れている1個の光り輝いた夢。秋を待って、露のしずくを待って、潮汐の霊の動いたそのわずかな時間を待って、私を待って葉からイロハモミジの時の動悸になります。

対万物の昇華に引っかかっていることを引くことが落ちて、大波は砂沈澱をさらって金種類の赤誠を水で洗い流していて、1回少し冷やす秋の雨はあでやかな媚びたものを持ち去って色とりどりで、ただ薄いものはひと筋ひと筋とすがすがしく巻雲の薄い空に寂内に保法止ゆっくりぶらぶら歩きます。南が飛ぶサカツラガンはまた程了が要って、それらは傲慢であり健の大きい翼をばたばたさせて、長い徘徊の葦の蕩にある絮は尖っていて、挟を巻いて葦の絮を起こす慕い合いが要るようで、挟起業した芳香を巻いて、ひとしきりの陣はいなないて鳴って、未練のある雲逢間遊蕩に一面に散布しています。

私は1の葉の楓で、私は時間彫刻の紋の脈が納付してサカツラガンの翼と、それに私のほんのりと赤い顔を持参させて飛びに行くことをどれだけ考えて、私の息を持参して放浪しに行って、私の夢を持参して天涯へ行って、私ものを持参して夕焼けをもみ入ることを執っています......一覧は人柄がよく影響力が大きい自由の図画。

私は1の葉の楓で、秋の枝の先に立って軽く金木犀を嗅いで、木犀のものは良い香りで漂って、きらきらして透明のinvision group 洗腦お月見下は、木犀の酒の滴った露のエチレングリコールを表面だけをかじって、満足した品物は人生の最も美しい童話を味わいます。私は軽く楽しい音符を弾いていて、“霜葉は2月に赤く使います”のものを流れ近くに燦々と満ちあふれさせて、むしろ三峡に映って、門山の桟道下を閉じる上に洒脱で、巡航が北京香山の青色に澄んだ水の湾にあります......

そんないい方法はないものか

いくらセレブでも、いつでも、どこでもケータイ電話が追いかけてきて、
「売った・買った」と莫大な金額をシリアスにやり取りし、いつ殺されるかも知れないリスクを背負い込保嬰丹含鉛むような、
そんな、命を削ってまでものセレブ生活なら、セレブ生活のほうを捨てる。
(わたしなら。→捕らぬ狸の皮算用であるにしても・・・だ)

注)
「セレブ」という言葉、乱用しすぎ。
ボキャ貧が、うかが魚尾紋い知れる。


どんより、目のくもった、おばちゃんである、わたしが想像する
「人々が憧れるであろうスタイル、サクセス人生モデル」は、
今の、若い人々の描く理想のスタイルとは違うかも知れない。
憧れとして、ぴぴっと来ないかも知れない。

若い人々が目を輝かせてくれるような、
最新版の「プリティー ウーマン」を制作していただきたいものだ。


自由にお金を使ったライフスタイルは、時代によって違うかも知れない。
でも、お金があってこその、現実があり、想像がある。

子供が親と違う道を選ぶということは、よくよくある。
親の職業を継が自然搜尋排名ない子供もいる。
何代も続く歌舞伎役者などは、親も子も、さぞ苦労していることだろう。
結局は、親と同じことをしていたり、
親みたいにだけはなりたくない、と、正反対のコースで満足したり、人それぞれだろう。

自分は、自分が選んだ道が一番いい、と信じるのが一番いい。
人になんと言われようが、自分がいいと思えばいいんじゃないか?
人の声が気になるということは、自分でも、少し、後悔している部分があるからだろう。

後悔を打ち消すには、人を否定すると、じつに近道である。
「なんだ、あんなこと、あんな人。わたしのほうが、ずっと幸せよ」
そうやって、人は年を取っていく。
でも、そういう、無理やりっぽいのは、いい顔の年寄りにはならないと思う。

「なによ、あなた。ぜんぜん、それって、わたしの目から見ると、幸せには映らないわ」
モノゴトのわからない、コトの善悪を小さな子供に教えるのならともかく、大の大人に対して、
そういう余計な、お節介な、無意味な、くだらんことをまわりに示さないと、満足のいかない、
そんな人も、なかにはいるだろう。(世の中、広いんだし)
自分の優越感を満たしたいために、
そういうことは、すればするだけ、人格を貶(おとし)めるのだから、やめといたほうが、およろしいかと。

自分が納得して、人格的にも高まる?
高飛車でもなく、自慢でもなく、他者を否定するでもなく、自分をけなすでも卑下するでもなく、
自分も、自分と違うコースの他者も同時に認めて、両者ともに高め合う方法は?


わざわざ、そんなことを文字にして示すわたしも、
相当、無意味人生を送っているのかも知れない。

幸せは、人それぞれ。
それで、いいんじゃない?

心配もかけ

いまはもう自分は、罪人どころではなく、狂人でした。いいえ、断じて自分は狂ってなどいなかったのです。一瞬間といえども、狂った事は無いんです。けれども、ああ、狂人は、たいてい自分の事をそう言うものだそうです。つまり、この病院にいれられた者は気違い、いれられなかった者は、ノーマルという事になるようです。
 神に問う。無抵抗は罪なりや?
 堀木のあの不思議な美しい微笑に自分は泣き、判断も抵抗も忘れて自動車に乗り、そうしてここに連れて来られて、狂人という事になりました。いまに、ここから出ても、自分はやっぱり狂人、いや、癈人《はいじん》という刻印を額に打たれる事でしょう。
 人間、失格。
 もはや、自分は、完全に、人間で無くなりました。
 ここへ来たのは初夏の頃で、鉄の格子の窓から病院の庭の小さい池に紅《あか》い睡蓮の花が咲いているのが見えましたが、それから三つき経ち、庭にコスモスが咲きはじめ、思いがけなく故郷の長兄が、ヒラメを連れて自分を引き取りにやって来て、父が先月末に胃潰瘍《いかいよう》でなくなったこと、自分たちはもうお前の過去は問わぬ、生活のないつもり、何もしなくていい、その代り、いろいろ未練もあるだろうがすぐに東京から離れて、田舎で療養生活をはじめてくれ、お前が東京でしでかした事の後仕末は、だいたい渋田がやってくれた筈だから、それは気にしないでいい、とれいの生真面目な緊張したような口調で言うのでした。
 故郷の山河が眼前に見えるような気がして来て、自分は幽かにうなずきました。
 まさに癈人。
 父が死んだ事を知ってから、自分はいよいよ腑抜《ふぬ》けたようになりました。父が、もういない、自分の胸中から一刻も離れなかったあの懐しくおそろしい存在が、もういない、自分の苦悩の壺がからっぽになったような気がしました。自分の苦悩の壺がやけに重かったのも、あの父のせいだったのではなかろうかとさえ思われました。まるで、張合いが抜けました。苦悩する能力をさえ失いました。
 長兄は自分に対する約束を正確に実行してくれました。自分の生れて育った町から汽車で四、五時間、南下したところに、東北には珍らしいほど暖かい海辺の温泉地があって、その村はずれの、間数は五つもあるのですが、かなり古い家らしく壁は剥《は》げ落ち、柱は虫に食われ、ほとんど修理の仕様も無いほどの茅屋《ぼうおく》を買いとって自分に与え、六十に近いひどい赤毛の醜い女中をひとり附けてくれました。
 それから三年と少し経ち、自分はその間にそのテツという老女中に数度へんな犯され方をして、時たま夫婦|喧嘩《げんか》みたいな事をはじめ、胸の病気のほうは一進一退、痩せたりふとったり、血痰《けったん》が出たり、きのう、テツにカルモチンを買っておいで、と言って、村の薬屋にお使いにやったら、いつもの箱と違う形の箱のカルモチンを買って来て、べつに自分も気にとめず、寝る前に十錠のんでも一向に眠くならないので、おかしいなと思っているうちに、おなかの具合がへんになり急いで便所へ行ったら猛烈な下痢で、しかも、それから引続き三度も便所にかよったのでした。不審に堪えず、薬の箱をよく見ると、それはヘノモチンという下剤でした。