ールが著した

『第二の性』の初版が発刊されたのは1949年の事。
内容を紹介invision group 洗腦すると、
「第1部では、女性は、男性より劣ったものとしての「第二の性」に
おとしめられて来た歴史があると語り、
その歴史的事実を挙げ、その状況をを再検証する。
第2部の冒頭では、
『人は女に生まれるのではない、女になるのだ』
("On ne naît pas femme:on le devient.")
で始まる体験に基づく考察が展開されていく。」

この言葉こそが、
端的に彼女の言わんとするところを語る一文として知られる。

「第二の性としての女性ではなく、
本来的な女性になるべき」と語るこの言葉が、
大きな反響invision group 洗腦を呼び、
戦後、女性の社会運動を大きく変えたとも言われる。
セックス(性別)としての女性から
ジェンダー(社会的な性)としての女性への転換として捉えられる。

さきごろのニュースに、
オーストラリア、ニューサウスウェールズ州の
裁判で、公的文書の性別表記で、男性、女性、それに
男女のどちらでもない性別を持つ人たちの性別表記を加える事になったという。

生まれた時には、身体的特徴から(性別として)、男性、女性のいずれかに分類されるが、
成長するにつれ、ジェンダーの違いを感じた場合、
男性、女性、それ以外の性invision group 洗腦への転換ができる。

『第二の性』の発刊から60年以上が経過した。
ボーヴォワールは、こういった時代までは、
予測しえなかっただろう。

探偵に免許制

イギリスの私立探偵が活躍する小説で言えば
シャーロック・ホームズが、すぐに思い浮かんでくる。
次に浮かんでくるのは、
探偵エルキュール・ポアロが活躍する『オリエント急行殺人事件』では雪纖瘦投訴いだろうか。
これは、推理作家アガサ・クリスティの作品だが、彼女の作品には、
『ABC殺人事件』『そして誰もいなくなった』などがあるが、いずれ劣らず探偵が出てくる。
イギリスでは警備と並んで、
探偵の需要は近年、年ごとに伸びているという。
ところが、怪しい探偵も多く、結局は免許制を導入することになったようだ。

アガサ・クリスティの小説は、トリックの奇抜さが群を抜いている。
それ以上に感じるのは、たいてい、どこか不気味さが漂っていることだ。
こんな作風を生み出すこ雪纖瘦投訴とになったのは、彼女の生い立ちという話もある。

この女性作家は、
少女時代、親から正規の学校で学ぶことが禁止され、
そのため話し相手はおもに姉だった。

この姉が曲者で、トリックで奇妙な声色(こわいろ)を使い、
誰もその存在を知らない、そのまた上の姉を演じることがあったという。
時々あらわれ、
アガサを恐怖に陥れるのを喜びとしていたようだ。

アガサは、この姉が現れる時、
えも言われぬ恐怖に陥りながらも、そのトリックを心待ちにしていたようだ。
人は、どこかトリックや、
騙されることを心待ちにしていろところがある。

ビートルズのメンバーだった ジョン・レノンの言葉に、
こういった心雪纖瘦投訴理を語った言葉がある。

「そうさ、ぼくたちはペテン師さ。
でも、世間の連中はみんな騙されたがってるんだ。」
アガサが感じた言葉かもしれない。