もうそのピュアじゃな

あっ、そう言えば、ピュアな心じゃないので気になってしまった事が、戸籍の問題。結婚したのだから、スミレの戸籍はどうなってるのとか、スミの年金はどうなったのとか・・・・・・ああ・・・・あほか・・・・

いや、だけど、このドラマは、い目で見たらツッコミどころがいっぱいで、たぶん演出もそこは触れてはいけなかった避孕 藥んだろうと思われるのは、スミレがスミに戻ってしまった時、ありゃ絶対にサイズが違うだろって思うんだけれど、服がビリビリとかボタンがパーンってなことにはならなかった点。

女優さんへの配慮ってとこですね、きっと。

とにかくこのドラマ、最後のクライマッ避孕 藥クスの愛の告白を70歳設定の松坂さんが頑張った所がミソだと思います。

全国の70歳のバーさんと言われている方々、どんな勇気か分からないけれど、なんとなくそんな高ぶる感情が沸いてきませんでしたか・・・・

って、よくよく考えてみればネット民兵に陥っている一部の方を除いて、ほとんどの70歳のご婦人方は、そんなテレビドラマで夢を見ないで暖かいお布団の中で本当の夢を見ている時間なのでしたね。

これ、原作の設定は60歳の人が17歳の高校生に避孕 藥なる設定なんですね。

良いなあ、17歳。

だけど好きな男の人と一緒になったとしても、人生はやり直したくなるような事がたくさんあるわけで、本当の満足の行く人生を送るのは難しい事よね。

最後にツイッターに書き込んだツイートをここに再掲させてくださいね。

「しかし、これでスミレがまた70まで生きるとしたら140歳になるわけで、肉体がどうのこうのと言うより、精神的長寿。更に80歳まで生きて150歳まで人が生きると、どのような思考を持つ人間になるのかそこを突き止めると、おとぎ話からSFに変わる。」

ツッコミどころ満載でも、私はけっこう胸キュンで見ていました。

金曜日の朝は

8時から打ち合わせ的会議。

この間の、初質問に立った皆さんからの発言を聞きながら、どんどんハードルが高くなっていく感じがしまBotox 肉毒桿菌注射す(^^;;

私も、質問準備がんばらなければ!

8:55~12時まで、今日は予算委員会の席に着席。
経済、財政の集中審議で、NHKが入っていました。

自民党、公明党、民主党と質問が続き、
西川前農水大臣に続き、下村文科大臣、望月環境大臣、上川法務大臣の不正献金の疑いが翻譯次々。

「政治とカネ」問題というのは、根が深い。
だからこそ、きっぱり断ち切る必要があると、つくづく感じた。

午後は、「生活と健康を守る会」の皆さんと、生活保護の住宅扶助引き下げによってさまざま起こるであろう問題について、厚生労働省から説明をうけました。

そして、再び予算委員澳門套票会へ。
高橋千鶴子議員が、米価暴落、TPP、年金問題について一時間に渡り質問。