たしとアルダー

アンガラクの民よ、わが声を聞け。わたしはトラク、主の中の主、王の中の王である。わが名の前に頭《こうべ》をたれ、祈りといけにえをもって仕えるがよい。なぜならわたしは

汝らの神にして、アンガラク全土の支配者だからである。わたしを怒らせる者のうえには、大いなる天罰が下されるだろう。
 わたしはこの世が始まる前よりあった。わたしは山々が細かい砂と化し、海がよどんだ水たまりとなりはて、世界が縮んで消滅した後も、依然この世にあり続けるだろう。なぜなら

わたしは時よりも前に存在し、また時よりも後に存在する者だからである。
 ときを超えた久遠の彼方に、わたしは未来を見ることができる。そこには二つの運命があり、どちらも永遠の両極より、相手をめざして果てしなき回廊をひた走り続けている。いず

れの運命も絶対不可避のものであり、互いが出会うとき、二つに分けられていたものはひとつになるだろう。その時こそ、かつてあったもの、現在あるもの、そしてこれからあらわれ

るものは、なべてひとつの目的のもとに合一されるのである。
 透視によってこれらのことを見知ったわたしは、運命の要求するものを作り上げようと、六人の兄弟たちに働きかけた。こうしてわれわれは月を、太陽をそれぞれの軌道上に創造し

、この世を作り上げた。われわれはこの世を森や草木でおおい、すでに作られていた大地や空や水をみたすために魚や鳥を放った。
 だがわれわれ兄弟の父神は、わたしの提唱で作り上げた創造物にまったく興味を示されなかった。父神はきたるべき日に備えるわれわれの労働に、目もくれようとなされなかった。

わたしはひとりで今はこの世にないコリムの高地に登り、わたしの作ったものを受け取られるようにと泣き叫んだ。だが父神はわたしの創造物を受け取られようとはせず、顔をそむけ

られた。わたしは心をこわばらせ、父神に見捨てられた気持ちで高みより下りた。
 わたしは再び兄弟たちとはかり、われわれの意志の助けとなる人間を作り出すために、互いに協力しあうことにした。わたしたちはたくさんの数の人間を作り出した。そしてかれら

一人一人にそれぞれの神をわれわれの中から選ばせることにした。かくして人間たちはそれぞれの神を選んだが、常に兄弟たちに反対し、われわれがその支配を認めないことを不満に

思っていたアルダーを選ぶ者は誰ひとりいなかった。するとアルダーはわれわれ兄弟のもとを去り、その魔法により、われわれの民をたぶらかそうとした。だが、かれを受け入れる者

はほとんどいなかった。
 わたしの民は自分たちのことをアンガラク人と呼んでいた。わたしはかれらを大いに気に入り、今は亡きコリムの高地へ連れていった。そしてこの世をおこすもととなった、大いな

る目的をかれらの前にあきらかにしたのである。
 それ以後、かれらは祈りと焼いた供もつを捧げてわたしをうやまうようになった。わたしもまたかれらを祝福したのでアンガラクの民は栄え、その数はあまねく世に満ちた。かれら

はわたしへの感謝のしるしとして祭壇を建立し、その最も美しい乙女と最も勇ましい若者の幾人かを、わたしへのいけにえとして捧げた。わたしは再び深い満足をおぼえ、かれらに祝

福を与えたので、アンガラクの民は他に比べて驚くべき速度で増え続けることとなった。
 いまやアルダーの心はわたしへの崇拝に対するねたみでいっぱいになり、ついにはわたしを深く恨むようにさえなった。かれは再びその心の奥深くでわたしに対する陰謀を企て、か

たわらの石を取り上げるとそれに生命を吹き込み、わたしの目的を妨げようとした。そしてその石をもって、わたしを支配しようともくろんだのである。これが〈クトラグ?ヤスカ〉の

由来である。その石にはわたしに対する、永遠に消えることのない敵意がこめられている。そしてアルダーはかれの弟子と呼ぶ者たちとともにわれわれ兄弟から離れて座り、石によっ

て世界を支配することをひそかにたくらんでいたのだ。
 わたしはこの呪われた石がわ、および兄弟たちとの間を引き裂いたことを知った。わたしはアルダーのもとにおもむき、どうか石よりその邪悪な魔法を取り除き、か

れが吹き込んだ生命を消すようにと必死にいさめた。わたしがそうしたのも、これ以上アルダーを他の兄弟たちから孤立させないためだった。わたしはすすり泣き、かれの前にぬかず

きさえしたのである。

もうそのピュアじゃな

あっ、そう言えば、ピュアな心じゃないので気になってしまった事が、戸籍の問題。結婚したのだから、スミレの戸籍はどうなってるのとか、スミの年金はどうなったのとか・・・・・・ああ・・・・あほか・・・・

いや、だけど、このドラマは、い目で見たらツッコミどころがいっぱいで、たぶん演出もそこは触れてはいけなかった避孕 藥んだろうと思われるのは、スミレがスミに戻ってしまった時、ありゃ絶対にサイズが違うだろって思うんだけれど、服がビリビリとかボタンがパーンってなことにはならなかった点。

女優さんへの配慮ってとこですね、きっと。

とにかくこのドラマ、最後のクライマッ避孕 藥クスの愛の告白を70歳設定の松坂さんが頑張った所がミソだと思います。

全国の70歳のバーさんと言われている方々、どんな勇気か分からないけれど、なんとなくそんな高ぶる感情が沸いてきませんでしたか・・・・

って、よくよく考えてみればネット民兵に陥っている一部の方を除いて、ほとんどの70歳のご婦人方は、そんなテレビドラマで夢を見ないで暖かいお布団の中で本当の夢を見ている時間なのでしたね。

これ、原作の設定は60歳の人が17歳の高校生に避孕 藥なる設定なんですね。

良いなあ、17歳。

だけど好きな男の人と一緒になったとしても、人生はやり直したくなるような事がたくさんあるわけで、本当の満足の行く人生を送るのは難しい事よね。

最後にツイッターに書き込んだツイートをここに再掲させてくださいね。

「しかし、これでスミレがまた70まで生きるとしたら140歳になるわけで、肉体がどうのこうのと言うより、精神的長寿。更に80歳まで生きて150歳まで人が生きると、どのような思考を持つ人間になるのかそこを突き止めると、おとぎ話からSFに変わる。」

ツッコミどころ満載でも、私はけっこう胸キュンで見ていました。

金曜日の朝は

8時から打ち合わせ的会議。

この間の、初質問に立った皆さんからの発言を聞きながら、どんどんハードルが高くなっていく感じがしまBotox 肉毒桿菌注射す(^^;;

私も、質問準備がんばらなければ!

8:55~12時まで、今日は予算委員会の席に着席。
経済、財政の集中審議で、NHKが入っていました。

自民党、公明党、民主党と質問が続き、
西川前農水大臣に続き、下村文科大臣、望月環境大臣、上川法務大臣の不正献金の疑いが翻譯次々。

「政治とカネ」問題というのは、根が深い。
だからこそ、きっぱり断ち切る必要があると、つくづく感じた。

午後は、「生活と健康を守る会」の皆さんと、生活保護の住宅扶助引き下げによってさまざま起こるであろう問題について、厚生労働省から説明をうけました。

そして、再び予算委員澳門套票会へ。
高橋千鶴子議員が、米価暴落、TPP、年金問題について一時間に渡り質問。

ールが著した

『第二の性』の初版が発刊されたのは1949年の事。
内容を紹介invision group 洗腦すると、
「第1部では、女性は、男性より劣ったものとしての「第二の性」に
おとしめられて来た歴史があると語り、
その歴史的事実を挙げ、その状況をを再検証する。
第2部の冒頭では、
『人は女に生まれるのではない、女になるのだ』
("On ne naît pas femme:on le devient.")
で始まる体験に基づく考察が展開されていく。」

この言葉こそが、
端的に彼女の言わんとするところを語る一文として知られる。

「第二の性としての女性ではなく、
本来的な女性になるべき」と語るこの言葉が、
大きな反響invision group 洗腦を呼び、
戦後、女性の社会運動を大きく変えたとも言われる。
セックス(性別)としての女性から
ジェンダー(社会的な性)としての女性への転換として捉えられる。

さきごろのニュースに、
オーストラリア、ニューサウスウェールズ州の
裁判で、公的文書の性別表記で、男性、女性、それに
男女のどちらでもない性別を持つ人たちの性別表記を加える事になったという。

生まれた時には、身体的特徴から(性別として)、男性、女性のいずれかに分類されるが、
成長するにつれ、ジェンダーの違いを感じた場合、
男性、女性、それ以外の性invision group 洗腦への転換ができる。

『第二の性』の発刊から60年以上が経過した。
ボーヴォワールは、こういった時代までは、
予測しえなかっただろう。

探偵に免許制

イギリスの私立探偵が活躍する小説で言えば
シャーロック・ホームズが、すぐに思い浮かんでくる。
次に浮かんでくるのは、
探偵エルキュール・ポアロが活躍する『オリエント急行殺人事件』では雪纖瘦投訴いだろうか。
これは、推理作家アガサ・クリスティの作品だが、彼女の作品には、
『ABC殺人事件』『そして誰もいなくなった』などがあるが、いずれ劣らず探偵が出てくる。
イギリスでは警備と並んで、
探偵の需要は近年、年ごとに伸びているという。
ところが、怪しい探偵も多く、結局は免許制を導入することになったようだ。

アガサ・クリスティの小説は、トリックの奇抜さが群を抜いている。
それ以上に感じるのは、たいてい、どこか不気味さが漂っていることだ。
こんな作風を生み出すこ雪纖瘦投訴とになったのは、彼女の生い立ちという話もある。

この女性作家は、
少女時代、親から正規の学校で学ぶことが禁止され、
そのため話し相手はおもに姉だった。

この姉が曲者で、トリックで奇妙な声色(こわいろ)を使い、
誰もその存在を知らない、そのまた上の姉を演じることがあったという。
時々あらわれ、
アガサを恐怖に陥れるのを喜びとしていたようだ。

アガサは、この姉が現れる時、
えも言われぬ恐怖に陥りながらも、そのトリックを心待ちにしていたようだ。
人は、どこかトリックや、
騙されることを心待ちにしていろところがある。

ビートルズのメンバーだった ジョン・レノンの言葉に、
こういった心雪纖瘦投訴理を語った言葉がある。

「そうさ、ぼくたちはペテン師さ。
でも、世間の連中はみんな騙されたがってるんだ。」
アガサが感じた言葉かもしれない。

客様が鷹之助さんにお

ある日、天満塾気付で、三太郎から手紙が来た。三太郎兄上が、父が持ってきた縁談を受け入れて、この度祝言を挙げるのだという。
   「新さん、兄上は可哀想に、父上に押し切られたのですね」
   「かも知れませんが、三太さんはあれでいて初心(うぶ)なので、そうでもしないかぎり妻を娶りま能量水せん」
   「そうですかね、自分の妻くらいは自分で探すべきではないのでしょうか」
   「鷹之助さんはスケベですから心配はいりませんが、問題は、水戸の兄上ではありませんか」
   「だれがスケベですか、失敬な」
   「では、スケベではありませんか」
   「スケベです」

 帰って、兄上の祝言の席に座りたいのだが、塾生の身ではそう何日も休むことが出来ない。仕方なく、手紙で祝福することにした。
   「兄上、鷹之助は帰れません」
 後二年、上方に踏ん張って、無事に塾を修了しなければならない。新三郎もまた、妻帯者になる三太郎の元へは戻れない。
   「目出度いけれども、寂しいですね」新三郎詩琳美容がしんみり言った。


 昼下がり、鷹之助が長座卓を出して準備をしているところへ、お鶴が駆け込んできた。
   「大変、大変、綺麗なお会いしたいですって」
   「それの何処が大変なのですか」
   「若くて綺麗なので、先生の気持ちが大変です」
   「もう、お鶴ちゃんまで私をスケベ扱いして」
   「だって、スケベですやろ」
   「はい…、おっと、簡単に引っ掛かるのは、やめておきます」

 どこか大店の箱入り娘のようだが、お伴も連れずに、どうしたことだろう。
   「私が佐貫鷹之助ですが、どうなさいました」
   「はい、私は心斎橋の呉服商糸重の娘沙穂で御座います」
   「そのお嬢さん詩琳美容のご用件とは」
   「私は、店の使用人、篠吉という番頭が好きになりました」
 篠吉は、ただ仕事大事、お店大事の男であったが、沙穂の心を知り、次第に相思相愛の仲に変わっていった。

汐は満潮になって日光月影

私は1個の葉で、私は春夏内非常によく鍛錬することの広さの綠の葉で、私は茂った葉身はあまんじて花のために傘を差して日光を遮って、猛暑内に花のために風納涼を扇いで、暴風とにわか雨は侵入して襲って、私が当然である替わった花は風雨;夕日が西下する時Omega-3を遮って、私はほほえんでいてはでな着飾りが人目を引いた踊っている姿を見てひらひら、私の搖は木の枝を動かして花芽を使うことを聞いてこっそり裂ける放された音声は、私は私の引き立てた静かであり黙る時間に住む、私は何かを理解したことは最も光り輝いた笑いで、私の身体内は光り輝いた怒潮を期待することがわき返っていて、私の心奥内は始終隠れている1個の光り輝いた夢。秋を待って、露のしずくを待って、潮汐の霊の動いたそのわずかな時間を待って、私を待って葉からイロハモミジの時の動悸になります。

対万物の昇華に引っかかっていることを引くことが落ちて、大波は砂沈澱をさらって金種類の赤誠を水で洗い流していて、1回少し冷やす秋の雨はあでやかな媚びたものを持ち去って色とりどりで、ただ薄いものはひと筋ひと筋とすがすがしく巻雲の薄い空に寂内に保法止ゆっくりぶらぶら歩きます。南が飛ぶサカツラガンはまた程了が要って、それらは傲慢であり健の大きい翼をばたばたさせて、長い徘徊の葦の蕩にある絮は尖っていて、挟を巻いて葦の絮を起こす慕い合いが要るようで、挟起業した芳香を巻いて、ひとしきりの陣はいなないて鳴って、未練のある雲逢間遊蕩に一面に散布しています。

私は1の葉の楓で、私は時間彫刻の紋の脈が納付してサカツラガンの翼と、それに私のほんのりと赤い顔を持参させて飛びに行くことをどれだけ考えて、私の息を持参して放浪しに行って、私の夢を持参して天涯へ行って、私ものを持参して夕焼けをもみ入ることを執っています......一覧は人柄がよく影響力が大きい自由の図画。

私は1の葉の楓で、秋の枝の先に立って軽く金木犀を嗅いで、木犀のものは良い香りで漂って、きらきらして透明のinvision group 洗腦お月見下は、木犀の酒の滴った露のエチレングリコールを表面だけをかじって、満足した品物は人生の最も美しい童話を味わいます。私は軽く楽しい音符を弾いていて、“霜葉は2月に赤く使います”のものを流れ近くに燦々と満ちあふれさせて、むしろ三峡に映って、門山の桟道下を閉じる上に洒脱で、巡航が北京香山の青色に澄んだ水の湾にあります......

そんないい方法はないものか

いくらセレブでも、いつでも、どこでもケータイ電話が追いかけてきて、
「売った・買った」と莫大な金額をシリアスにやり取りし、いつ殺されるかも知れないリスクを背負い込保嬰丹含鉛むような、
そんな、命を削ってまでものセレブ生活なら、セレブ生活のほうを捨てる。
(わたしなら。→捕らぬ狸の皮算用であるにしても・・・だ)

注)
「セレブ」という言葉、乱用しすぎ。
ボキャ貧が、うかが魚尾紋い知れる。


どんより、目のくもった、おばちゃんである、わたしが想像する
「人々が憧れるであろうスタイル、サクセス人生モデル」は、
今の、若い人々の描く理想のスタイルとは違うかも知れない。
憧れとして、ぴぴっと来ないかも知れない。

若い人々が目を輝かせてくれるような、
最新版の「プリティー ウーマン」を制作していただきたいものだ。


自由にお金を使ったライフスタイルは、時代によって違うかも知れない。
でも、お金があってこその、現実があり、想像がある。

子供が親と違う道を選ぶということは、よくよくある。
親の職業を継が自然搜尋排名ない子供もいる。
何代も続く歌舞伎役者などは、親も子も、さぞ苦労していることだろう。
結局は、親と同じことをしていたり、
親みたいにだけはなりたくない、と、正反対のコースで満足したり、人それぞれだろう。

自分は、自分が選んだ道が一番いい、と信じるのが一番いい。
人になんと言われようが、自分がいいと思えばいいんじゃないか?
人の声が気になるということは、自分でも、少し、後悔している部分があるからだろう。

後悔を打ち消すには、人を否定すると、じつに近道である。
「なんだ、あんなこと、あんな人。わたしのほうが、ずっと幸せよ」
そうやって、人は年を取っていく。
でも、そういう、無理やりっぽいのは、いい顔の年寄りにはならないと思う。

「なによ、あなた。ぜんぜん、それって、わたしの目から見ると、幸せには映らないわ」
モノゴトのわからない、コトの善悪を小さな子供に教えるのならともかく、大の大人に対して、
そういう余計な、お節介な、無意味な、くだらんことをまわりに示さないと、満足のいかない、
そんな人も、なかにはいるだろう。(世の中、広いんだし)
自分の優越感を満たしたいために、
そういうことは、すればするだけ、人格を貶(おとし)めるのだから、やめといたほうが、およろしいかと。

自分が納得して、人格的にも高まる?
高飛車でもなく、自慢でもなく、他者を否定するでもなく、自分をけなすでも卑下するでもなく、
自分も、自分と違うコースの他者も同時に認めて、両者ともに高め合う方法は?


わざわざ、そんなことを文字にして示すわたしも、
相当、無意味人生を送っているのかも知れない。

幸せは、人それぞれ。
それで、いいんじゃない?

心配もかけ

いまはもう自分は、罪人どころではなく、狂人でした。いいえ、断じて自分は狂ってなどいなかったのです。一瞬間といえども、狂った事は無いんです。けれども、ああ、狂人は、たいてい自分の事をそう言うものだそうです。つまり、この病院にいれられた者は気違い、いれられなかった者は、ノーマルという事になるようです。
 神に問う。無抵抗は罪なりや?
 堀木のあの不思議な美しい微笑に自分は泣き、判断も抵抗も忘れて自動車に乗り、そうしてここに連れて来られて、狂人という事になりました。いまに、ここから出ても、自分はやっぱり狂人、いや、癈人《はいじん》という刻印を額に打たれる事でしょう。
 人間、失格。
 もはや、自分は、完全に、人間で無くなりました。
 ここへ来たのは初夏の頃で、鉄の格子の窓から病院の庭の小さい池に紅《あか》い睡蓮の花が咲いているのが見えましたが、それから三つき経ち、庭にコスモスが咲きはじめ、思いがけなく故郷の長兄が、ヒラメを連れて自分を引き取りにやって来て、父が先月末に胃潰瘍《いかいよう》でなくなったこと、自分たちはもうお前の過去は問わぬ、生活のないつもり、何もしなくていい、その代り、いろいろ未練もあるだろうがすぐに東京から離れて、田舎で療養生活をはじめてくれ、お前が東京でしでかした事の後仕末は、だいたい渋田がやってくれた筈だから、それは気にしないでいい、とれいの生真面目な緊張したような口調で言うのでした。
 故郷の山河が眼前に見えるような気がして来て、自分は幽かにうなずきました。
 まさに癈人。
 父が死んだ事を知ってから、自分はいよいよ腑抜《ふぬ》けたようになりました。父が、もういない、自分の胸中から一刻も離れなかったあの懐しくおそろしい存在が、もういない、自分の苦悩の壺がからっぽになったような気がしました。自分の苦悩の壺がやけに重かったのも、あの父のせいだったのではなかろうかとさえ思われました。まるで、張合いが抜けました。苦悩する能力をさえ失いました。
 長兄は自分に対する約束を正確に実行してくれました。自分の生れて育った町から汽車で四、五時間、南下したところに、東北には珍らしいほど暖かい海辺の温泉地があって、その村はずれの、間数は五つもあるのですが、かなり古い家らしく壁は剥《は》げ落ち、柱は虫に食われ、ほとんど修理の仕様も無いほどの茅屋《ぼうおく》を買いとって自分に与え、六十に近いひどい赤毛の醜い女中をひとり附けてくれました。
 それから三年と少し経ち、自分はその間にそのテツという老女中に数度へんな犯され方をして、時たま夫婦|喧嘩《げんか》みたいな事をはじめ、胸の病気のほうは一進一退、痩せたりふとったり、血痰《けったん》が出たり、きのう、テツにカルモチンを買っておいで、と言って、村の薬屋にお使いにやったら、いつもの箱と違う形の箱のカルモチンを買って来て、べつに自分も気にとめず、寝る前に十錠のんでも一向に眠くならないので、おかしいなと思っているうちに、おなかの具合がへんになり急いで便所へ行ったら猛烈な下痢で、しかも、それから引続き三度も便所にかよったのでした。不審に堪えず、薬の箱をよく見ると、それはヘノモチンという下剤でした。

チヤホヤさらなのか

切っても切れない親戚の冠婚葬祭がらみは、まあ、よしとしよう。
自分の実家サイドなら、喜んで、お付き合いしている場合もある。
が、自由に選択できる友人関係において、
友人たちのお子さんが結婚したり、お孫さ韓星潮流化妝髮型課程んが生まれたり、親御さんが亡くなったり(しかも義理の)
皆、同じようなコースを辿っているのに、いちいちお祝いしたり、されたり、内祝いしたり、
喜びを分け合い、悲しみを半減させ、といっても、気持ちをお金やモノで表すのは、いかがなるものか。
なので、付き合わないほうが、諸々の事情を知らないで、ずっと気楽。
(ひょっとして、「形式的なことは、もうやめましょう」、と、新たなルールが作られたのかも知れないが)

そんな付き合いをしない友人付き合いもある。
背景や家族はまるで関係ない、個人同士のお付き合い。
たまたま、わたしの学生時代の隣グループの友人たちは、めんどうな付き合いをしていた。
それもあって、わたしは、脱落し牛奶敏感 たように思う。


リアルはリアルで、いろいろあり、
ネットは、ネットで、いろいろあるようだけれど。

そさまで、崇高なおハナシを拝読させていただいた後、あらら??わたしは?????
わが身を振り返り、がくっとなる。

魂が、あきらかに澄んでいない。
おそらく、神経が図太く、無神経で、厚顔無恥なせいだろう。
そして、たいした人生経験をしていないので、壮絶な経験から培われた高質ダイアモンドを人に語れない。
(ダイアモンドなんぞはなく、せいぜい、出来損ないの炭ぐらいか)

さほど苦しい、悲しい思いをしていないので、人の苦しみ、悲しみが、我がごとのようにわからない。
しかし、想像することはできる。
これをノーテンキというのだろうか。
ただ、ひとさまに迷惑かけたり、悲しい思いをさせたりすることは、極力避けたいと願うだけ、
わたしのノーテンキぶりが伝わって、不快な思排毒いをされないよう注意する、
という、消極的なスタンスになる。

つまり、ひっそり息を殺して、あたりが明るくなるのを待つだけ。
明るいところでは、ビーチバレーをしても、よほど常識を逸する方法でもないかぎり、
そう、神経は逆撫でしないことだろう。


???ちなみに、ハナシは、まったくころっと変わって???

わたしは社交ダンスを始めて、6年。
つまり、ひよっこである。
ぴーぴー、ぴよぴよ、いっている。

始めて(たった)2年の人もいて、
(飛び抜けて若いので、まわりからこともあるからなのか、どうだか知らないが)、
その人は、けっこう大きな口をきいている。
「○○さんとは、友だちなんです」とか、平気で競技ダンス?プロの名前をあれこれ出す。
その人のいう、「友だち」っていうのは、会って挨拶したり、ちょこっと近況を一方的に話すことなのだろうか?
ひょっとして、わたしも、その人の「友だち」ということになっているのかも知れない。
わたしの感覚からすると、???ありえない???。

かけることを怠

だらだらであっても、なにかの時間待ちである場合もある。
結果待ちであるとか、熟成期間中であるとか、答えを探しているとか。
ただし、一生、そういって、だらだらしっぱなしの場合もある。
時間が迫ってはじめて、残された時間が少な品牌維護管理いことに気がつく。
だらだらの、しっぺ返し。
けっこう、きつい。

・・・・・

家にいても、課題をこなすと、記憶に残る。
課題なく、だらだら過ごすと、(労働の再生産の場合の、だらだらなら、意味があるが)、
労働をたいしてしていないのに、さ瑪姬美容 去印らに、だらだらすると、「労働」と、「だらだら」の区別、メリハリがつきにくい。

達成感というものは、努力して手に入れるものである。
たいして、なにもせずに、やりがいを手にすることはありえない。
目標を持たなければ、ただの時白髮變黑間つぶしになる。
それが気持ちいいというライフスタイルの人は、それでいい。
ひとそれぞれだから。

小学校の担任の先生が、「人生は死ぬまでの暇つぶし」と、よく口にしていた。
あまり、まともに受けとる必要はない、と、今は思っている。
先生は、どういう意味で言っているのかは、知らないが、
わたしは、逆説的にとらえている。
死ぬまでの暇つぶしではない、暇つぶしになってはいけない、という意味なのではないかと。

どんな意味であろうが、自分が感じて、考えた、とらえ方をして、
自分の生き方に取り入れたらいいのだ。

ネタもないのに、ネタ探し。
よそ様のブログを拝見すると、アタマの中身が濃く、ぎしっと詰まっておられる方は、
書いても書いても、薄くもならず、あふれ出んばかりの知識と知性、
それはそれは、濃度の濃い頭脳だと、感心させられる。

一方で、ネタを探すでもなんでもない、たんに日常あったルーチンワークを書いているだけなのに、
目が、まんまるになる膨大な閲覧数をカウントするブログもある。
(じつは、わたしは、隠れファンで、カウントを押し上げているうちの、ひとり)

ここで、わたしの分析。

頭脳派ブログが好きなのは、リタイアされているインテリ男性(&女性)が多いのでは。
政治経済、歴史、文化、などなど社会的話題、知的な話題をできるだけ取り入れ、
まだまだ磨きをらず、ボケないよう、社会とつながりを持つよう、努力しておられる。
これは、わたしは、大賛成、大賛同、大推薦。
ただし、自分は・・・眠くなる傾向あり。

さて、つぎに、
リタイア組みとは違って、現在、現役の皆さま。
おそらく、毎日、アカの他人の無名人ブログなど、読む暇はないと思われる。
なので、彼らは、実益のあるものを(お金を払ってまでも)購読する。
せいぜい、ブログはリアル友人のブログか、facebookをちょいのぞき程度。

り集まっている

もっと若い、ひいばちゃんも、いる。
ひいばあちゃんが、あの世に行きかけるころ、ひ孫はもう高校生以上、もしくは成人になっている。
子供と孫が、ひいばあちゃんの最後あた網路聲譽管理りの「人生レース」にお付き合いすることになる。
子供は、老年、孫は中年、ひ孫は青年。
5世代にわたることもある。

新しい命の輝きがあってこそ、老人は安らかな生活を送ることができる。
自然に枯れて、自然に土に還ることができる。
何事にも執着し、邁進することはよ網絡聲譽管理いことであるが、限度を逸して、闇雲にしがみつくのは老醜だと感じる。

生きることに対しても、とは言わない。
生きる気力をなくすと、なんにもならない。
「生きること」にしがみつくのと、「生きる気力がある」のとは、違うと思う。
単なる言葉遊びで、表現方法だけが微妙零類接觸行銷に違うだけだと、感じるかも知れないが、
???
???どう説明していいか、よく、わからないのだが。

???

多世代家族をつなぐ求心力が何か、である。
若い世代は、自分たちのことで精一杯。
年寄り世代に首を突っ込みたくないだろう。
中心となる人物がいる、生きている、ということ。
では、その人が亡くなると?
また、新たな求心力となる人物が受け継ぎ現れることだろう。
現れない場合もある。
それは、それで、おしまい、ストップ。
強制力を持たない制度は、もろい。
続けるには、かなりの信念とエネルギーが必要である。

家父長制度のように、意識、概念、制度が社会全体で無理やりなら、
不満や悲劇も多いが、それなりに続いていく。
それがなくなった今、それに変わるものは、あるのか?
おそらくないのでは?

地方の家は、跡継ぎがなくなっていることだろう。
(根無し草の人々が寄都会は、もともと価値観が違うので、ここでは言及しない)
しかし、頑張っている人々もいる。

???

価値観は、ひとそれぞれ、家族の中でも一致しないことが多い。
こころの中身をどう表現し、実行するか、それも、ひとそれぞれである。
家族の中で、メンバーそれぞれが、バラバラというのはいいと思わないが、
各、各々の家族には、各々の家族としての考えがあるだろう。
各家族の考え、思惑、ポリシーに従って、行動するのがよろしいかと思う。
ポリシーが無いというポリシーも、よろしいかと思う。
毎日が楽しければそれでよし、何事もなければよし、というのも、ある意味、正解のひとつである。
何が正しいとか、間違っているとかはない。

わたしのエネル

いくら、ストックルームや大きな蔵がいくつもあっても、だめ。
どんどんモノを入れていくと、いずれパンクする。
捨てていかなければ、モノは増え続ける一方。
「とりあえず、入れておこう」の保留精神が、すべての元凶。

いくら高価な服でも、何年も袖を通していない服務式住宅ものは、処分すべし、と、世間でよく言われている。
捨てられなければ、古着屋に持って行くとか、なんらかの方法はある。
そういう類の脳内シュミレーションは、どんどん行い、膨らんでくことを期待している。
行動の早い人なら、思い立ったその日に、もう行動を起こして瑪姬美容 暗瘡いることだろう。
わたしの場合、脳内保留、醸造、醸成、じっくり脳内の樽の中で、寝かせてエネルギーを蓄えておかなければ、
なかなか行動に移れない。
スローである。

???

パリ行きも、脳内で何年も溜めて溜めて溜めて、一向に行動に移さなかったある日、
延々と「行きたい」という仮想の話を聞かされ続瑪姬美容 暗瘡けていたリアル人から、
「いいかげんに、行ったら?」と言われた。
それで、背中を押された。

掃除もそう。
掃除しないと???と、延々とブログで書いていたら、「はやく掃除しなさい」と言われた。

孫サポートは、まだ「はやくサポートしなさい」とは言われていないものの、
「孫より、親の世話のほうが大事でしょ」と釘を刺された。
たまたま、孫のほうが、親の世話より時期的に先だったので、孫優先となった。

意気込んだ割には、たいしたことも出来ず、体調を崩した。
上娘からは、「疲れが出たのでは?」と、やさしい言葉をかけてもらった。
なんだか、それだけでも救われたような気になった。
元気な時ならまだしも、保育所で預かってくれない病気時だけのお泊り子守は、
自分では気づかなかったけれど、けっこう、大変だったのかも知れない。
自分はこういう時にしか役に立たないのだから、頑張らねば、と多少、無理をしたのかも知れない。

???

ブログで延々書いて、脳内の物質を変化させ、溜めるのが、ギー蓄積方法のようだ。

脳内からあふれ出し、行動に移して実践した後は、じつに、すっきり、爽快である。
ちゃっちゃと行動する人から見ると、この溜め期間の長さが、いらいらの原因になるのだろう。

こなしてきたのだか

なんていう論理を打ち立てた。

無理やりそれで納得していたが、
負けず嫌いの性格を親しい趣味仲間に指摘され、頭髮變幼ければ、自分は納得できるのでは?
自分の存在価値として、勝つことでしか、優劣を判断してこなかった企業戦士だった、その人は、
新しい価値観を持つことにした。
それは、自分を救うためだ。
自分の余生に安らぎを保つためだ。
だが、急にはそれまでの人生を覆すような価値観には変換できない。
やはり、あいかわらず、負けん気が付you beauty 美容中心きまとう。


さて、わたし。
その人、Kさんと同じような症状に苦しんでいる。
どんなに頑張っても頑張っても、20歳の頃から始めている人と比べると、雲泥の差。
絶対に、差は縮まることはありえない。

で、同じく、すっぱいブドウ論。
なんだい、わたしは若い頃は、あれ?
(趣味分野には)なんにも打ち對沖值込んでない
中年になって忙しい頃はあれ?
(趣味分野には)たいして、頑張ってない。
子育ては、ある意味、自分の出来る限りのことは全力投球した。
(手抜きではあるが、要所は抑えたつもり)
子育てと同時進行で、家族に迷惑かけて仕事に追われていた。


あれれ、あれれ。
なんだい、わたしは、これこれこんなことをしていたせいで、そんな優雅な時間が取れなかった、
という、堂々たる大義名分みたいな申し開きができない。

あんまり頑張ってなかったのか。
でも、これは趣味の分野。
よおく考えると、先述のKさんのように、趣味にまで手が届かず、
その場その場の課題を一生懸命乗り越えることで精一杯だった。
ひとつずつの課題は繋がっていないために、趣味を始める年齢が遅れた。
スタートが大きく違う人と、いくら頑張って競っても、無理。

自分は自分なりの、人生のステージの課題をら、まあいいか。
今だって、趣味を続ける障害はたくさんあるが、工夫して時間を確保しようと努力している。
趣味分野の人と、人生の課題ごとの結果、成果を比べて、わたしのほうが上だ、などとは、さすがに言えないし、
この人生の課題は、人それぞれ、状況が違うので、安易に比べられるものではない。
ただ、一生懸命やってきた、という自負だけはある。
趣味にまでは余裕がなかったが、課題はこなしてきたように思う。
趣味分野で遅れは取っても、代わりに得たものは、代替しようがないものであり、悔いはない。

ということで、すっぱいブドウ思考は、Kさんと同じではないか。

しようとしたが

私は軽くて雪黙祷に続き著考えを率直に打ち明けなどしてあなたを待って、しばらくしては春のような思いをしている君を去黑眼圈好きで私の身体を眼で私たちの手は、静かに眼で私の心を、私は幻覚と渇望して徐々に冷え、原始的な静かだと、穏やかで、仆は雪の世界の中で感じる生活や自然界のマイクロ凉の命数のだった。

風の空、ヒラヒラ気が雪で精致で、本当にと言われているように誇張像の羽のように、私は見たことはありませんの羽のような大きな雪片、でもで会った粘りが続いた雪で、ふさふさしていたかわいくて、サクサクであれ、まちがいで説明するのか、それとも顔に、あるいは軽く吹くと、が溶けてしまったからだ。

私は好き風な雪の世界で、一切は全部あんなに冷え込んでいるがそうであるように柔和で情切漂ってきて、冷たい晴れがましいことになってはならない、軽くそんなに寒くて自由に均等に自然界では無神経されず、偏向、注意して、そのままこれ見よがしに著、と僕は思った。拘束を自由自在に浮かんでた世界の中で、私は眼を魅了するのではなく、うっとりと、甘美な心になっている。

部屋を出て)たちは思わずが変わるのは従来の考え方は、すぐに忘れてしまう許たくさんのことは、目の前に最も重要なのはムラ雪の世界で、甘いのような1粒が容易なことではないと、100年ぶりの大雪で、不紧不慢のよしみでが散乱していて、いつの间にかの中ですでに地铺満山河は優しく、生き埋めになった周りチャンウィムン各所の山道に会うことができない何の気配も草や何の痕跡も提起されている、まるで微妙な一雪の壳のように、薄い冷気が集まってきます。

やすい感じ、雪に歩き倫敦金だした。その场所に行けあなたの言ったところかもしれないです,あなたに出会うことができること、申し合わせた特殊な予感とどちらが好き大雪で行った地方で、密かに見つけたのが容易でないと、そこに藁葺き家、何本か紅葉の木、紅玉の紅葉の中には一片の大青石と一条の川が冻えて、あるいは中だったら、雪花の下の小川であっても、それは一人もいないチョンシン聴いて禅のところです。

そうではない」と静かには雪の中へやってくる、そこにあなたに出会って、あなたに出会っての禅意。

哢嚓哢嚓の足音は、私の行進途中、お歌が楽しいことを知らない寂しさと寒さの曲、音と音がした。地とてくれているから、私の足跡が少しずつ広がっていることを引っ张って、私の頭の中に凝结する无数の幻想と、ひとりひとりの美しい情景君の姿とあなたの世界の所々に見せては一つの出会いの周囲に像た詩と同じように、あるいは、小説、それともエッセイをより、あるいは一首ヒット曲のように出会った。

真っ白な雪と座って紅玉の輪證紅葉の青石壇上を待って申し合わせた出会い、遠くの足音が滑って来ました

たしファます

同行した文友の多くは、アマチュア作家、多忙な仕事の手の中のペンを取って訴え、故郷と生活だけでなく、家族や愛情を惜しむ心の深い饱蘸讴祖国河山の錦繍姿を現している。彼らの中でmask house 面膜多数がないけれど、文芸界の4者だったが、彼らに広まって奮闘し、実務校、文章情真意切祖国へと、故郷の感情はなくで现ペンポイントだった。1000万ムーの梨果樹園でどおり燃え生命の多様ないたって、ありったけ吉原才能を春恩浩荡だけ明らかにする。

私は非常に知り合いにこんなに多い幸運を同じくする多くの友达ができました。ここで、私达に话すとし身外之物羡望うともせずに、豪華生活、話ばかりしていいほど凹凸文字の「潔白」だけ牛奶敏感では、論文学の純粋上品です。私の文章さえ浅薄青、聞こえよがしに私、そういうしかありませんでした。特に堪白银文学の大御所·の数人の先生がいて、皆と親切に一堂に花前木の下で、意欲的に引き出せるは文学の通幽内部を探検するには诚実无私地点化我々のペン先をあざ笑う。

会議の新たな白银区作家協会会長李慧女史が、その前にお驯染み、彼女はフリーターが、文学に対する愛情とゆがmask house 面膜みでよく私自愧弗如だった。まだいっぱいあるのでよく详しくその作品は鉄格子の文は、今日の一见の縁になって、家計収入が嬉しかったです。

冗談がある文友、「今日は『三洗浄』!一曰数多くの文友と会い、洗濯をして目、二曰梨空気が澄んで、洗濯肺;三拝见いたします「梨花(イファ)苦かっ」によると、心が洗われてだ」と話した。これを闻いて、私はひそかに感嘆する。目賀博士や洗濯洗う肺のさわやかで、せっかくにとって、縁洗濯心之早ければが溢れているのに、文友たちの各顕風貌のいい文章もたじろがに咲いて、芳菲移ろ见真情!

が少しけ

チャ~スリハリコタ川春雨漸稀だった。見わたす限り、数千メートルの探訪は時折に燃え、古い黄河中に二つの白边だった。いて、花の香りが重なり、远山近野鸟に包まれる惑の薄雾中だ。手をしっかりと握って、胜手に触れ新鮮な空気を吸い込む滴しようとする人旅遊團購の心をかざして平然と語る。

万ヘクタールの梨果樹園で、棵棵サンボム?イスすべて二三人の大木をこえ、枝遒劲仮装奇妙だ。既存浅淡緑の後ろに隠れて挤挤挨挨奇抜エースが、花の下に入れる。かすかに水滴の撒かれだろう。これまでは、一種の潮はきらきらの光沢が猛威を振るった見える。続い面部磨砂ているうちに滑り梨、青青、小雨やわらか。よほど不足で庭園を掩映枯木紅花で、濡れた赤レンガと絡んで、静かに安らかにだった。たまに、鶏の犬吠エスワンは1 ~ 2音がすぐ回復静かだ。梨花(イファ)開放のおいしげっ期りだが、梨の収穫で育てた多様な花、ライラック/リラを黄迎春、粉桃の花が咲き乱れ婆さんの時、风趣で彩られ、むしろに気付いた。

闻くところによると、ここで家ごとに種の梨されており、これを业されており、これを楽しみだった。もっと兼恵まれている地理的利点」、「母亲河黄河のuターンが北上し、残して古来変わら糖尿ぬの豊かだった。山洼の中で、河原で、あまねく植(、樹齢サンボム?イスサンボム?イスストーカーには三百年は开花结果はまさに世界1位の梨果樹園」である。秋に来て、ネジャンすればを黄灿灿の梨児、揺れている。やわ果香スリハリコタ川古镇、各家の果樹園でも忙しかったヨンイン市の流れが、彼らの顔には金色の甘い幸福だ。