日本一熱い男>47歳「松岡修造」はなぜ愛される

もしかしたら、日本一「熱い男」なのかもしれない。元プロテニスプレーヤーで、スポーツキャスターの松岡修造さん、47歳が大人気だ。現役引退からはや15年以上が過ぎた。なぜ、今なのか。RedStone BlackOpal RMT 「愛される理由」を探ってみた。

 ぱらぱらと日めくり式のカレンダー「まいにち、修造!」をめくっていると、つい噴き出してしまう。やたら「熱い」のは伝わるが、一見、何を言っているのか分からない。松岡さんの百面相と気合の入ったポーズもなんだか恥ずかしい。しかし、これが今、売れに売れているという。

 昨年9月の発売から、累計15刷60万部を発行。月末に5万部の増刷も決まった。情報会社オリコンによると、書店で売られているカレンダーとしては、過去最高の「AKB48オフィシャルカレンダーBOX2012」を大きく上回っていると言えば、どれだけの大ヒットか分かるだろう。

 みなさん、これをいつ、どこで読んでいるのか。カレンダーを企画したPHP研究所の制作担当者は「どうですかね……想定したのは、自分の心と一人で向き合った時です」と話す。実際に買った男子大学生(22)に聞いてみた。「テレビの横にどーんと飾ってありますよ。毎朝、起きたら見ています。受験生の妹に『松岡さんがこう言ってるよ!』と、見せたりしてね。よく読んでください。すごく正論を言ってますから! 彼は本物の教育者です」とご本人に負けず劣らず熱い。

 制作担当者も、松岡さんの真剣さと熱さと気遣いに太鼓判を押す。「人を傷つける言葉は載せないと言われました。『家族の力が』とか『友人に支えられて』のような言葉は、家族や友人がいない人もいるとの考えから外しています。他人に何かを期待する言葉もなしです」と話す。あくまで自分と向き合うための言葉ということか。ちなみに「噴水」の解説は「喜びも悲しみも出し切っている。だからキラキラと輝いている。君もすべてを出し切ってみろ」。打ち合わせ中、松岡さんにふざけている様子は全くなく、眉間(みけん)にしわを寄せて言葉を選ぶような雰囲気だった、らしい。

 そんなまじめな「熱い男」は、CMでもコミカルな役柄を演じて引っ張りだこ。2014年1〜11月には11社のCMに出演し、嵐の桜井翔さんと並んで男性1位だ(ニホンモニター調べ)。…

進化・改善されたシステムの数々 グリモア生成の楽しみも大きく向上

本作には「ピクニック」「スタンダード」「エキスパート」という3種類の難度が用意されている。シリーズお馴染みの要素だが,あらためて説明すると,レッドストーン ゴールド 販売 順に「イージー」「ノーマル」「ハード」という位置づけだ。
 同ジャンルのゲームに慣れている人であればスタンダード,シリーズのヘビープレイヤーを自負するのであればエキスパート,あまりRPGが得意でないならばピクニックを選ぶといいだろう。

 ただし,本作に関しては選択した難度によるゲーム性の変化が,これまでより大きくなっていることに注意。とくにピクニックに関しては,文字通りダンジョンをピクニック感覚で渡り歩けてしまうくらい簡単で,全滅してもその場で再開でき,一部のアイテムは使用しても減らず,みんなのトラウマ,ダンジョンを彷徨う凶悪モンスター「F.O.E」やボスも,ほかの難度に比べれば倒しやすくなっている。ゲームに歯ごたえを求めるのであればスタンダード以上でプレイすることをオススメしたいが,ピクニックはピクニックで特別な爽快感が味わえるので,硬派なプレイヤーも一度試してみるといいだろう。

今作では,マップ上に存在するギミックを利用して凶暴なF.O.Eを足止めしたり,弱体化させたりといったことが可能になった


 ちなみに,難度はダンジョン探索中でなければ,いつでもオプションから変更が可能なので,シリーズ初体験のプレイヤーも開始時にあまり悩まず,ゲームを進めながら自分に合った難度を模索していくといいだろう。
 そのほかにも,オプションではメッセージや戦闘の速度など,さまざまな項目を設定できる。最適な環境を目指していろいろと試してみよう。

レベル上げに便利な「オートバトル」や,階層ごとにマッピングをしっかり行うと利用できる「フロアジャンプ」機能が非常に便利
新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士 新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士

 ストーリーモードにおけるパーティの初期構成は「ファフニール」「プリンセス」「パラディン」「レンジャー」「ドクトルマグス」となっており,当然だがこのままでもバランスは非常に良好だ。
 特筆すべきはやはり新職業,ファフニールの存在。通常時は少々防御面に難のある前衛攻撃職……といったイメージなのだが,戦闘中に変身すると能力が大幅に強化され,特殊な専用攻撃スキルも使用可能になるなど,まさしく“主人公”と呼ぶにふさわしい,強烈な個性と性能を誇るキャラクターになる。
 変身すると戦闘BGMが切り替わるという演出もニクい。古代祐三氏によるヒロイックなサウンドは,シリーズ中でも屈指の名曲と断言できる出来栄えなので,必聴である。

主人公は変身によって最序盤から超強力な多段属性攻撃を使用できる。ただし3ターンしか持続しないので,敵の弱点をしっかり見極めてから使用したい


 なお,本作ではゲージを溜めて特殊なスキルを発動する「フォースシステム」が,「フォースブースト」へと進化した。これは各職業に特有のスキルで,発動すると自身を3ターンの間だけ強化できるというもの。ファフニールの場合は,変身能力がこれにあたるわけだ。
 また,フォースブーストを発動している間だけ選択可能となる強力なスキルに「フォースブレイク」がある。これはフォースゲージそのものを犠牲にして使用するもので,ブーストと同じく職業ごとに味方全体の回復や完全防御など,さまざまな効果があり,どれも劣勢を一気に覆してしまうほどの力を秘めている。

 ただし,フォースゲージを犠牲にするため,当然ながらそれ以降フォースブーストが使えなくなる。一度フォースブレイクを使ってしまうと,フォースゲージは街に帰還するまで回復しないので,使いどころはしっかり見極めるべきだ。

強敵との戦闘では「ここぞ!」という時にフォースブーストを発動。戦闘が終了した時点で引き返すつもりでない限り,フォースブレイクの使用は一考すべきだろう
新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士 新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士

 前作同様,キャラクターの育成に関しては「新・世界樹の迷宮」からの特徴として,プレイヤーがポイントを振り分けるマスタリー系のスキルレベルに応じて,派生スキルを自動習得できるようになっている。低レベルのうちから育成の幅が広くなっており,レベルを2下げる代わりにスキルポイントを振り直せる「休養」や,グラフィックスとステータスをそのままに職業を変更する「転職」なども健在。転職に関しては今作から5レベルダウンで行えるようになったため,より利用しやすくなった。

序盤から豊富なスキルを使用できるので,早い段階で成長の方向を決めやすい。ひと通り試してみて,有用なスキルが判明したら休養してポイントの振り直しをすればいい
新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士 新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士

 そして,「新・世界樹の迷宮」で忘れてはいけないのが「グリモア」の存在。さまざまなスキルが内包されたグリモアを装備することで,マスタリー系スキルのレベルをブーストしたり,本来その職業では扱えないスキルや武器・防具まで使用可能になるという自由度の高いシステムだ。
Calendar
«  February 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

1
2
3
4
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others