DMMの刀美少女化TD『しんけん』の「妖刀化」詳細が判明! 改修点の一部や新たな真剣少女3人も

そんな本作の公式サイトがリニューアルを迎え、公式Twitterでの発言で大きな話題を呼んだ「妖刀少女」に関する情報が飛び出しました。また、1月に実施したオープンβテストからの改変点や、魅力的なキャラクターをより深く紹介するキャラクタープロフィール、気になる物語のプロローグなど、多彩な内容が明かされています。

間もなくサービス開始を迎える『しんけん!!』。今回の新情報の数々を見逃さずチェックして予習を済ませ、本番に備えてみてはいかがでしょうか。

◆遂に明かされる『妖刀化』の秘密
■暗黒面の美しき鬼達~妖刀少女
真剣少女と対峙する敵=憑喪の頂点に立つ『妖刀鬼女』。赤く光る魂鋼が放つ負の霊力により尋常ならざる斬れ味を手に入れた代償として、精神は深く侵蝕されて軋み声を発します。

討ち取った妖刀鬼女は布陣に加える事も可能ですが、吉凶禍福は時の運。何が起こるかは全く予測不可能。そんな妖刀鬼女も鍛刀でひとたび真剣少女に鍛え直せば、“通常は”二度と妖刀鬼女に戻る事は無いと伝えられているのでご安心を。ただし、くれぐれも真剣少女の心と刀の世話をおろそかにすることなかれ。刀身が曇り彼女達の心に闇が広がった時、妖刀化した真剣少女が突然牙を剥きます。

◆初期に登場する真剣少女たちの詳細なプロフィールを公開

本作の魅力の一つでもある、個性的な真剣少女たち。今回のリニューアルに伴い、人気キャラクターの『長谷部しきり』『左文字こゆき』『長船あたき』など、初期キャラクター18名分のプロフィールを大公開。一部のキャラは設定画も掲載されており、より想像を掻き立てられる内容となっています。更にキャラクターボイスも再生可能です。

◆オープンβテストより変更された改修点を紹介
1月に実施したオープンβテストより改修されたインターフェイス、仕様も公開。よりわかりやすく、よりユーザビリティが向上しています。今回は、改変された一部をご紹介します。

■レベリング機能充実

例えば「試し斬り」。従来は全ての等級に渡って「初段」~「十段」のみでしたが、「なまくら」~「最上大業物」までの等級ごとに各十段の段位をつけ、より詳細にレベリングできるようになりました。…

ニュース 「バイオハザード リベレーションズ2」最新映像をまとめた「最終章告知PV」を公開。「オンラ

カプコンは本日(2015年3月16日),エピソディック配信形式を採用した「バイオハザード リベレーションズ2」(PC / PS4 / PS3 / Xbox One / Xbox 360)の最終章となるエピソード4(3月18日配信)の配信を前に,最新映像をまとめた「最終章告知PV」を公開した。

 本作の「最終章告知PV」と銘打たれたこのムービーでは,収容所からの脱出を目指す「クレア」と,行方不明の娘を救出するために島へ乗り込んだ「バリー」達がどのような結末へ向かうのかがダイジェスト形式で収録されている。クレアとモイラ,バリーとナタリアの運命がいよいよ決着するこの第4章が気になる人は早速視聴してみよう。

 また,後日配信予定とされていた「オンライン協力プレイ(レイドモード)」に対応するアップデートが3月31日に配信されると発表された。このアップデートにより「レイドモード」でのオンライン協力プレイが楽しめるようになるとのことだ。

ミュージカル「ハートの国のアリス」 ヒロイン・アリスの巻き込まれ型アドベンチャー物語

『ハートの国のアリス』が舞台化。2007年2月14日にQuinRoseから発売されたパソコン用恋愛アドベンチャーゲームだ。『不思議の国のアリス』をモチーフにした乙女ゲーム作品シリーズの第1作目である。マンガ、小説、アニメ映画、ドラマCDとマルチ展開しているコンテンツだ。

よく知られているキャラクター・アリスが主人公。”本家”の物語、アリスはうさぎを追いかけて不思議の国に迷い込み冒険をする。この名作をモチーフにしたゲーム、古くは1984年のマイクロキャビンの『不思議の国のアリス』、ナムコの『メルヘンメイズ』(1988年)、フェイスの『不思議の国のアリス』等、かなりのゲームが発売された。そして、この『ハートの国のアリス』である。
基本的に女性向けのゲームなので、おなじみの帽子屋、チェシャ猫、三日月ウサギ等、皆イケメンキャラに。その上、本家の『不思議の国のアリス』よりさらにシュール。
昼寝をしていたアリスはペーター・ホワイトによって不思議な国、ハートの国に連れられてしまう。住人は皆、何かしら武器を携帯、すぐに銃撃戦にあるというなんとも物騒。しかもおも立った登場人物は皆、すぐに乱闘騒ぎを起こす、殺し合いをする……。それに領地争いもしており、帽子屋(マフィア)・ハートの女王・遊園地が対立、もう”戦国時代”な不思議、かつ危険きわまりない世界だ。
ペーターからハートの小瓶に入った謎の薬を飲まされて、元の世界に帰れなくなってしまうアリス。ゲームのルールに従い、行動を開始する、というかするしかない、という状況。ハートの国の住人と交流するうちにある感情が起こる。それは果たして……、というもの。

ヒロインのアリスを演じるのは松本妃代。ミュージカルRedStone RMT『AMNESIA 』で健闘、今回の舞台の主人公に抜擢された期待の星だ。そして相手役に合わせた7つのマルチエンディングを用意する。
その相手役7人、演じるは吉岡佑(ブラッド=デュプレ (Blood Dupre))、磯貝龍虎(エリオット=マーチ (Elliot March))、尾関陸(ペーター=ホワイト (Peter White))、碕理人(エース (Ace))、小西成弥(ボリス=エレイ (Boris Airay))、成松慶彦(ユリウス=モンレー (Julius Monrey))、高崎俊吾(ナイトメア=ゴットシャルク (Nightmare Gottschalk))。さて、どんな物語になるのか、7つのストーリー、なんとも欲張りな企画である。
Calendar
«  March 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others