海外メディアによる『ADR1FT』息苦しくなるような序盤15分ゲームプレイ映像

THREE ONE ZEROが開発を担当し、海外では3月28日よりリリース中のVR対応SFサバイバルアドベンチャー『ADR1FT』。海外メディアIGNより、本作の序盤15分ゲームプレイ映像が披露されました。

『ADR1FT』は、破壊された宇宙ステーションで唯一生き残った宇宙飛行士を操作して、生存を図っていくアドベンチャーゲーム。映像では、最初にプレイヤーが確認するチュートリアルからスタートし、続いて宇宙ステーションの残骸が飛び散っている宇宙空間でのサバイバルシーンが映されています。
チョコットランド RMT

PS VRで非対応PS4ゲームやBlu-ray映画を体験―エンタメデバイスとしての性能は?

米サンフランシスコで開催されたSCEのプレスカンファレンス会場にて、PlayStation VRを接続したPS4でどんなことができるのか、実際に体験してきました。

まず筆者が体験したのは、PS VRのローンチとともに追加予定であるPS4のメディアプレイヤーのVR機能。会場で体験できたのは、風景写真数点とスキー場を映したホームビデオで、どちらも360度見渡すことができます。360度見渡せる写真は、まるで時間が止まった世界に迷い込んだかのような錯覚に。また、通常の写真を拡大表示して、疑似的にVRに対応させることもできるようでした。360度見渡せるホームビデオは、映像自体は秒間30フレームぐらいなのですが、頭を動かすと秒間120フレームの滑らかさで辺りを見渡すことができるので、VR酔いになることもありませんでした。
マビノギ RMT

次回はさらにプレッシャーにさらされ、より深く研究も行われることになります。

今後の全国大学生対抗選手権の参加者に向けて、ミルヒナ選手は「僕たちは最強の選手なので、どんどんと向かってきてください」と王者の風格を漂わせるコメント。実況のStansmith氏も「僕もこういう学生時代を過ごしたかった。パワーをもらったので今日からまた頑張りたい」とのこと。5時間にわたる熱戦は盛大な拍手とともに幕を下ろしました。
クロノス RMT

試遊については、広大なマップで探索を楽しめる未公開のエリア「不死街」が登場。製品版よりほんの少しだけ

続いて、フロム・ソフトウェア宣伝部部長の小倉康敬氏が登壇し、『DARK SOULS III』の今後のプロモーション情報と試遊について発表がありました。アパレルメーカーDOWBLとコラボ商品の追加、渋谷109MEN’Sの7階にあるDOWBLカフェで行われているコラボイベントは3月31日まで継続されます。また、『Bloodborne』から引き続きGeccoによってフィギュア商品化も決定したとのことです。専用のテロップが収録されたカメラアプリを使用して「ダークソウルな瞬間」を投稿するというTwitterでのキャンペーンも実施されます。
MU RMT

福利厚生など様々な要素を調べて、ランク付けしたもの。多種多様な全米の企業が対象となっています。

『League of Legends』で有名なRiot Gamesは39位にランクイン。同社は昨年初めてトップ100のリストに登場し、13位に位置していました。公式サイトでは、働きがいのある会社と認識されていることを光栄に思うというコメントを公開、継続的な努力の賜物と伝えています。

また、77位には大手ゲーム会社Activision Blizzardがランクイン。昨年の96位から大きく順位を上げています。同社は従業員の大半が「フレンドリーかつ公正で楽しく、自分らしく居られる職場で、他の人にここで働いていることを誇れると思っている」とコメント。加えて、従業員の才能やインスピレーション、創造性を生かす企業文化がActivision Blizzardの「働きがいのある会社」である理由だと述べています。
ツリーオブセイヴァー RMT
Calendar
«  March 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
1
2
3
4
5
7
8
9
10
12
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
31
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others