幸村と任務による手柄争いをしているうち,昌幸が示した主命はすべて達成され

ゲームの序盤からライバルと競うことになるのはプレイに緊張感を生み出しているし,他勢力と戦っているわけではないから,負けても自勢力がまずいことになったりはしない。気軽に競えるのは,さまざまな立場で遊べる武将プレイならではの面白さだと感じられた。
マビノギ英雄伝 RMT
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/kaimoku/21124