沖縄の話

私は 沖縄出リドスプレー身ではないが縁があり

よく沖縄に行くのだ

最近は飛行機も安くて助かります

沖縄の人たちは ウチナンチューと呼ぶ

で本土つまり 私たちのことは ナイチャーと呼ぶ
私みたいな半分が沖縄ラブのひとは 島ナイチャーと呼ばれる

いまだに聞き取れない言葉もあるが

笑って誤魔化す

兎に角 軽自動車がないと どこにも 行けない

電車はこちらみたいにはないから
あるのはモノレール バスタクシーはあるが 時刻通りには こないと思ったほうがよい
すさまじい 交通量だからだ

でもね 威哥王
私が好きなのは
昔の懐かしいな昭和の匂いの日本があるからだ

那覇市は進んだ所と 昔がチャンプルーされて 不思議な世界を形成している さらにアメリカ文化もプラスされているから 摩訶不思議なところが沢山ある
飯は最高に美味しいが
見た目を重視するなら
引いてしまうかもしれない
魚の刺身は 赤や青い魚 うまいけど
最初は 抵抗あるかもね

豚肉が多いと思われるが 大体の味付けは
シンプルにあっさりしているから

あとウチナンチューは 朝まで飲むことが普通だ

終電がないから 帰りは代行運転で自宅に帰る

一次会 普通に飲む
午前様を過ぎたら

二次会の焼き肉を食べたりステーキハウスに行きます

そのあとカラオケ
なんて感じかな 紅蜘蛛

このスタイルの人が半分弱いた

ゴリラトレッキングについては、すでに十分な情報があるが、書き残したことで、ひょっとして役に立つかと思D10媚薬うことを以下に記す。

持ち物: トレッキングに必要な装備はツアー会社がメールで教えてくれたので、それに従った。トレッキングに参加すると、情報に従った人と、気軽なハイキングスタイルの人が混じっていた。悪条件でなかったので、どちらも大差なかった。以下は情報に従っての準備である。

私たちは軽登山の装備は持ってFLY D5いるので、新しく準備するものは少なかった。雨具は、ゴアテックスとした。靴は履きなれた登山靴。ズボンのすそを露出させないようにというのは少し考えたが、登山用のスパッツ(ゲートル)を利用した。実際、このスタイルの人が半分弱いた。現地のポーターなどはゴム長靴である。登山用杖は借りられる。しかし、なれたものをと持参した。

手袋は登山用を持っていったが、木のとげは通過してきた。薄い皮やゴムの手袋のほうがよかったかもしれないが、刺されても、少し腫れるだけで大したことはなかった。ズボンも厚手で動きやすいものにしたが、ごくわずかにとげに刺された。長袖シャツは中程度の厚さのもの。歩いていると暑くなるから、これでよかった。朝寒い媚薬というので、温かいものも1つ持っていった。

あとはスナック、虫除け、雨のときカメラを入れる防水の袋、帽子、日焼け止め、リュック、そしてチップやポーターのためのUSドル紙幣であった。

伝染病: ルワンダはマラリアの流行地帯というので、予防薬など準備を整えてきたが、乾季の今は標高が高いせいもあってヴィルンガロッジに蚊の姿はなかった。

ルワンダは入国に際して黄熱病予妖姫 防接種済みの証明書が要るという情報があり、準備していったが提出を求められなかった。ヨーロッパからの便のためであり、アフリカ経由であれば話は違ったかもしれない。

天候: ルワンダの大乾季は6月から9月はじめとされている。雨であると、トレッキングが難しくなり、写真撮影も不自由だ。さらにゴリラが茂みに移動する。したがって、雨にあう確率が低い乾季は特にトレッキングに適している。しかし、雨季といっても1日中降るわけではないし、ゴリラがより低いところに来るという利点はあるようだ。結局は、運次第かも粉劑媚薬しれない。