新大久保に再び活気を…「韓流」巡回バス運行

韓流ブームの頃の活気を取り戻そうと、催淫通販東京の新宿・新大久保地区の商店主らが、観光客を呼び込む新たな取り組みをスタートさせた。

 今月から新宿駅や同地区を周遊する無料巡回バス「K―shuttle」の運行が始まったほか、観光案内所の設置や体験型イベントの企画も予定する。商店主らは「ブームに頼るのではなく、日韓の交流が深まる場所にしていきたい」と話している。

 新大久保地区は、サッカーワールドカップ日韓大会が開催された2002年頃から「国内で韓国の雰囲気が味わえる場所」として観光客が増加。ドラマなどのブームに乗り、「韓流の聖地」として知られるようになった。

 しかし、かつて約500店あった韓国関連店舗は約400店まで減少。韓国料理に詳しいコラムニストの八田靖史さん(39)は「今や韓国料理はどこでも食べられる。ブームを追い風にした安易な店ばかりが増え、観光客が飽きてしまった」と指摘する。淫インモラル

 地域の衰退に歯止めをかけようと、地元の商店主らは昨年11月、「新宿韓国商人連合会」を設立。韓国大使館などの協力も得て、新たな活性化策の検討を開始した。

 その目玉となるのが巡回バス。金曜と土日祝日に1日計6便運行し、韓国料理店や韓流スターのグッズ店が集まる地区と新宿駅、新大久保駅、都庁などを巡る。日韓の国旗に含まれる赤と青を基調にした車体で、「日韓友好の象徴に」との思いからナンバープレートは「2525(ニコニコ)」にした。ガソリン代などは連合会が負担する。

 韓国の俳優や歌手が来日した際、バスの座席にサインをしてもらうといい、連合会の呉永錫会長は「バスは地区のシンボル的な存在になる。韓国芸能人による出迎えなども企画して、存在感をアピールする」と語る。

 今後は、巡回バスを活用した観光プランを開発する予定で、「キムチ博物館」(大久保1)を活用した料理教室やテコンドーの体験イベントなどを検討。地区内でのヒット商品を紹介するインターネット放送局「韓流TV」を開設し、観光案内所の設置も予定している。

 呉会長は「こうした取り組みをきっかけに日韓の粉劑媚薬交流を深めていきたい」と話している。

ブルーインパルス 小松に到着 きょう基地で航空祭

航空自三體牛鞭衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」(宮城県・松島基地所属)が二十日、小松市の小松基地で開かれる航空祭(二十一日)を前に同基地に降り立った。基地では七十五歳以上の高齢者や身体障害者やその家族らを招いた特別見学会があり、二千人が一足早い航空祭の雰囲気を楽しんだ。

 ブルーインパルスに所属する予備機を含めた計七機のT4練習機が、青色と白色の機体を光らせて基地内のエプロンに並んだ。第二格納庫では航空祭当日にも披露される中部航空音楽隊員四十人や地元の小松工業高校マーチングバンドによる演奏会があり、招待客が静かに耳を傾けた。

 航空祭では、二十一日午前七時四十五分に基地を開門、ブルーインパルスの曲技飛行やF15戦闘機による飛行、F2戦闘機やUH60J救難ヘリなどの展示がある。 粉劑媚薬

ラグビーW杯へ、日本代表が練習 福岡「初戦に集中」

ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会に出場する日本は14日、媚薬カプセル英国南部のブライトンで19日(日本時間20日)に実施される初戦の南アフリカ戦を想定して約1時間半の練習を行い、キックオフからの攻撃の組み立てなどを確認した。初出場のWTB福岡は「先のことは考えず、初戦に集中したい」と優勝候補に挑む決意を語った。

 練習は冒頭15分間が報道陣に公開された。SO立川は「大きくて力強い相手に対し、走り回って攻め続けることが大事。自分たちのラグビーができれば勝てる」と述べ、パス主体に速いテンポで攻めるスタイルを貫く考えを示した。淫インモラル

最高裁元長官も「安保法案は違憲」 「砂川判決は根拠にならぬ」

元最高裁長官の山口繁氏(82)が三日、共同通信の取材に応じ、安全保障関連法案について「集団的自衛権の行使を認める立法は憲法違反と言わざるを得ない」と述べた。政府、与党が一九五九年の砂川事件最高裁判決や七二年の政府見解を法案の合憲性の根拠と説明していることに「論理的な矛盾があり、ナンセンスだ」と厳しく批判した。 
睾丸素カプセル
 「憲法の番人」である最高裁の元長官が、こうした意見を表明するのは初めて。高村正彦自民党副総裁は、憲法学者から法案が違憲と指摘され「憲法の番人は最高裁であり憲法学者ではない」と強調したが、その元トップが違憲と明言した。

 政府、与党は、砂川判決が「必要な自衛の措置」を認めていることを根拠に、限定的な集団的自衛権の行使容認を導き出したが、山口氏は当時の時代背景を踏まえ「集団的自衛権を意識して判決が書かれたとは考えられない。憲法で集団的自衛権、個別的自衛権の行使が認められるかを判断する必要もなかった」と語った。

 七二年の政府見解は「必要な自衛の措置」を取り得るとする一方で「集団的自衛権の行使は憲法上許されない」と明記。歴代政権も引き継いできた。政府、与党は、この見解を行使容認の論拠としつつ、安全保障環境の変化を理由に結論部分を百八十度転換した。

 山口氏はこの点について「七二年見解の論理的枠組みを維持しながら、集団的自衛権の行使も許されるとするのは、相矛盾する解釈の両立を認めるもの。七二年見解が誤りだったと位置付けなければ、論理的整合性は取れない」と断じた。
粉劑媚薬
 その上で「従来の解釈が国民に支持され、九条の意味内容に含まれると意識されてきた。その事実は非常に重い」と主張。「それを変えるなら、憲法を改正するのが正攻法だ」と述べた。

 さらに、こうした憲法解釈変更が認められるなら「立憲主義や法治主義が揺らぐ」と懸念を表明。「憲法によって権力行使を抑制したり、恣意(しい)的な政治から国民を保護したりすることができなくなる」と危ぶんだ。

<山口 繁氏(やまぐち・しげる)> 32年神戸市生まれ。東京高裁部総括判事や司法研修所長、福岡高裁長官などを歴任し、97年10月~2002年11月に最高裁長官を務めた。

<砂川事件最高裁判決> 駐留米軍の合憲性が争われた砂川事件で、1959年12月に出された。「わが国が存立を全うするために必要な自衛のための措置を取り得ることは、国家固有の権能の行使として当然」と指摘。「日米安保条約は高度の政治性を有するため、司法審査権の範囲外」との「統治行為論」を用いた判決として知られる。
街頭覇王
<1972年政府見解> 政府が72年10月に示した見解。憲法9条について「自国の平和と安全を維持し、その存立を全うするために必要な自衛の措置をとることを禁じているとは到底解されない」とした。一方で、その措置は「必要最小限度の範囲」にとどまるべきで、わが国への侵害に対処する場合に限られると説明。「集団的自衛権の行使は憲法上許されない」と結論付けた。