決意表明

このところ私生活でバタバタいろいろあり、
落ちこんでましたが催情水剤

求めるのも期待するのも辞めて前を向いて自分の力で将来を切り開いて行きます。

その手始めに介護福祉士受験することにしました。
試験は来年1月。

しっかり勉強して頑張ります。催情水剤
すべては、チビと笑って過ごすため。

今が踏ん張り時。
大変なのは自分だけじゃない。

まだまだどん底だった時に比べればご飯食べれてるし、
眠れてる。即効ダイエット

大丈夫。まだまだやれる。
よぉ~し頑張るぞ♪~θ(^0^)

いつも読んでくれてありがとう。即効ダイエット

相変わらず

鼻水&微熱の、娘

今日、病院へ行き、薬を変えて貰った(--)

今日は仕事が休みで、粉劑媚薬一日中、娘と一緒に居れて嬉しかった(^^)

本当は、ず~っと一緒に居たいのに・・・・

従業員の居ない自営は、休めない(-"-)

先日のハプニング以来、お客様の間でも波紋があり・・・・

ヤリにくいったらありゃしない(-д-;)

あたしゃ~このまま、娘と旅立ちたいぞ~

あら

娘が寝たぞ催情水剤

最近、睡眠不足だったからね・・・・

今の内に、シャワー浴びて来よっと

ビンタくらったよ

皆さんこんばんは。うんうんの後、押し込めないと染みてくるタイプの痔主。で、お馴染みのミッドナイトDJアキラです

今日は二十四節季のひとつ芒種(ぼうしゅ)です

芒種とは「稲・麦など芒(のぎ:穂の先のとがった部分)をもつ穀物の種を蒔く季節」ということからきています

偶然にも、私のある部分も、見ようによってはとがっていて種が出るんですが、どなたか種を蒔かせてくれませんかね?

きちんと芒種(ぼうし)被って避妊はしますから!

え?だめ?……やっぱり……

ではお別れの一曲です

♪口づけを かわした日は
妻の顔さえも見れなかった

ポケットのコインあつめて
ひとづまの夢をかなえたね~

ほらあれは2人のかくれが
ひみつのメモリー おぉお

どこで~パレてぇたの oh 不倫ズ

ポケットからぁラブホのライタぁ~

ビンタくらったよ oh フレ~ンズ
鼓動がとまる気がした

2度とハメられない oh フレ~ンズ

嫁よりも若くみ~えてぇ

いつもハメていた せくす フレ~ンズ

あの割れ目がいとしい

アディオス!!


男宝
五便宝

ガッカリの出来事も 天然天使ちゃんに救われる♪

昨日は 何時も予約してある
"信長のシェフ"の最終回♪

仕事から帰ってきて 喜び勇んで再生したら…

WBCで来週に延期にっっ!!(>_<)

ガッカリしょぼぼん…としながら 仕事場へ(T_T)
ガッカリな事の詳細をスタッフにぶつけると
天然天使ちゃんから 憐れみの一言が…!!!!

「流れちゃって残念でしたね~
"信長の主婦"」

…って どんなドラマだよ!オイ!!(゜ロ゜;

ガッカリだった心をも溶かす 天然天使は
矢張 最強かと思われます(^-^;
でも 疲れる…

中絶薬:http://www.kanpoudonya.com/Avoid-pregnanting.html
芳香劑:http://www.kanpoudonya.com/rush.html

羊毛、死がい毛など

カシミヤ製品の不当表示問題に歯止めがかからないという。

平成18~19年ごろ「100%」表示の繊維製品にほとんどカシミヤが使われていなかったことが発覚、業界で偽装が横行する実態が浮き彫りになった。

とくに中国産カシミヤ製品で頻発しているとされ、偽装のための表面加工に有害物質が使われるケースも。

品質検査はいたちごっこの状態で、最近ではトレーサビリティー(履歴管理)が比較的容易なモンゴル産が注目され始めた。

関係者は「安さをうたったカシミヤは疑ったほうがいい」と注意を呼びかけている。

 ■合わない数字

 「中国では、国内にいるカシミヤヤギから取れる量の数倍もの出荷がある」

 業界関係者は、こう告発する。

 カシミヤは、カシミヤヤギのうぶ毛を使用した繊維で、1頭から200グラム程度しか取れないため、セーター1着を作るには2頭分のうぶ毛が必要になる。このため、高級素材として「繊維の宝石」と呼ばれることもある。

 原産地は、中国やモンゴル、インド、ネパール。

産出量の数倍もの出荷がある中国では、かねて密輸や偽装毛でまかなっている可能性が指摘されてきた。

日本で不当表示問題が浮上したのは、大手百貨店が販売した「カシミヤ100%」の繊維製品にカシミヤがほとんど入っていなかったことが発覚したのがきっかけ。

公正取引委員会が景品表示法違反の疑いで調査し、100%や50%のはずが3割未満だったセーターや70%のはずが数%だったストールなどが次々と見つかり、百貨店や量販店の店頭から対象商品が引き上げられる事態に発展。

業界全体の信用不安につながった。

 中国の複雑な流通経路の中でカシミヤヤギ以外の獣毛などが混入しているとみられ、「羊頭狗肉」の状態が続く。

悪徳業者がカシミヤの量を減らして、差額をピンハネしているとみられる。

 このため業界では「生産量の4倍のカシミヤが流通している」といわれ、日本の百貨店には「恐くてカシミヤには手が出せない」という雰囲気が広がった。

 ■巧妙化する偽装工作と有害物質

 21年公表の野村総合研究所のカシミヤ関連の報告書によると、世界のカシミヤ原毛生産量の7割程度を占める中国産には羊毛や、顕微鏡による判別難易度が高いヤクの毛などが混入するケースが横行しているという。

死んだカシミヤヤギから採取されたうぶ毛まで混入し、繊維表面の形状や手触りを偽装する引っ張り加工や薬品加工の技術開発が高度化している。

 あくまで20年度に実施された調査だが、業界関係者は「現在もほぼ同じ状況」と強調する。

その上で「死がい毛は虫喰い被害を受けやすいため化学薬剤を使用したり、繊維を引っ張ったりして加工処理する。

原毛を洗いの工程でも毒性の強い有害物質が使われることも多く、工場周辺の環境を汚染するともいわれる」と指摘する。

 ■モンゴル産に注目

 中国産の偽装が横行していることを受け、最近ではモンゴル産カシミヤが注目され始めた。

野村総研の調査も「流通経路がシンプルなことから他の獣毛などが混入する可能性が低く、トレーサビリティーを構築する素地がある」と指摘しており、日本でもモンゴル産カシミヤを商材にする企業や商社が出てきている。

 日本発のファッションブランドを展開する「タニラグ」(横浜市)の鈴木亜衣子代表は、しばらくモンゴルの遊牧民と生活して信頼関係を築き、数年かけて原毛の買い付けから製品まで一貫生産する仕組みをつくった。

現在、百貨店などでモンゴル産カシミヤ製品を販売しており、「モンゴル産の品質への信頼が百貨店などでも理解されてきた。

中国産と競い合うのではなく、モンゴル産特有の良さをアピールしていきたい」と話している。

RU486
巨人倍増