ネパール支援続けよう 現地で活動の医師、大津で報告

ネパールで長く支援活動をしている医師楢戸健次郎さん(70)=札幌市=が二十日、JR大津駅前の滋賀大大津サテライトプラザで、大地震発生後の現地の様子を報告した。継続的な支援の必要性を訴える一方、「震災のときはみんなが助け合った。復興への希望が持てる」と前を向いた。

 楢戸さんは、北海道で地域医療に携わり、二〇〇五年からネパールで活動を始めた。地震が発生した四月二十五日には北海道の病院で当直をしていたというが二日後にネパールに向けて出国。現在は一時帰国中で、今月二十六日に再び向かう。

 現地では被害が大きい地域に義援金を届け、救援隊が活動しやすいように各機関と調整した。五月十二日にも大地震が発生し「(被災した人の)心のストレスは大きかった」と振り返り、継続したケアが必要と訴えた。観光客が激減したことにも触れ、「主要産業は観光。観光客が来ると復興も早くなる。ぜひ足を運んで」と呼び掛けた。

 報告会は、滋賀医科大の学生でつくる「国際保健・地域医療研究会TukTuk(トゥクトゥク)」が主催し、三十人が参加。研究会のメンバー五人は、昨年九月にネパールを訪問したといい、ネパールに関心を持つきっかけにしてほしいと企画した。
紅蜘蛛

シアリス
 地震発生後には、学内などで募金活動も展開したという。

中国、「対尖閣」で大型基地を計画

東シナ海や南シナ海などで監視活動を行う中国海警局が、中国沿岸部の浙江省温州市の海岸に、大型基地を建設する計画を進めていることが明らかになった。

 沖縄県・尖閣諸島周辺に派遣している公船の停泊や補修点検、乗員の訓練が目的とみられる。日中間では民間交流再開など緊張緩和が進んでいるが、習近平シージンピン政権は東シナ海での主権の主張は譲らず、公船の派遣を継続、強化する構えだ。
女性用媚薬 ランキング
催情剤
 今月初め、温州市が中国海警局など関係部門と開いた基地建設に関する会議の内容が、浙江省のホームページに掲載された。それによると、計画中の「温州指揮総合保障基地」は敷地面積50万平方メートル、岸壁の長さ1200メートルで、排水量1万トン級までの大型船など最大6隻の艦船の停泊を可能とし、飛行機やヘリコプターの格納庫、大型の訓練施設も建設する。総工費は33億4000万元(約670億円)で、中央政府が全額負担する。

閉店2時間前の勝負^_^;

こんにちは~ヽ(∀)ノ

やっと金曜日^_^;
今週は、クレーム事の仕事が忙しく
少しでも我社の負担を減らすのに(^^;;
大変でした^_^;巨人倍増

今も続行中ですけど(^^;;

そんな中でも、パチは休まず出陣してます
^o^

公と私はメリハリつけないとね^_^;

今週は、
仮面ライダー、
J-RUSH、
筋肉まん、
ルパンを打って来ました(^.^)

1パチですけどね(^^;;

珍しく、今週は全勝です(^.^)
だから、台風がおみえになるんだぁ~
(笑)

昨日のルパン、時短を残して帰る事になりました(^^;;

さて、今日はどんな台を
打とうかなぁ~^_^;

さぁ~仕事が始まるまで
お昼タイム(^.^)
催淫薬

ru486
じゃ~お昼からも
頑張りましょうね。

バイバイ~(^ー^)ノ