少女2人と淫らな行為、警察庁出向の警部補逮捕

警視庁は三體牛鞭29日、警察庁刑事局組織犯罪対策部暴力団対策課の警部補(33)(相模原市南区)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で逮捕した。

 発表によると、容疑者は2月1日夕、東京都武蔵野市内のホテルで、スマートフォンの出会い系アプリで知り合った高校2年の少女2人(ともに当時17歳)が18歳未満であることを知りながら、現金2万円をそれぞれ渡して、淫らな行為をした疑い。「間違いない」と容疑を認めているという。少女2人が通う高校から高井戸署に相談があり、発覚した。

 容疑者は愛知県警の採用で警察庁に出向し、中絶薬RU486暴力団対策を担当していた。

震度6強を想定 大津で3000人が防災訓練

直下型地震を女性用媚薬 ランキング想定した大津市の総合防災訓練が20日、瀬田北小を主会場に開かれた。学区の住民をはじめ、市や県警、陸上自衛隊、滋賀医科大病院など48機関から計3000人が参加した。

 連日の降雨で河川が増水する中、マグニチュード(M)7.8の直下型地震が発生し、市の広い範囲で震度6強を観測したと想定。家屋の倒壊や火災、風水害などが複数発生した中で避難の手順などを確認した。

 避難所となった小学校体育館には住民らが続々と集まり、手分けして避難所にやってきた人の名簿を作ったり、保健師が健康状態を聞き取ったりする訓練をした。段ボールなどありあわせの資材で骨折を固定する応急処置なども学んだ。

 屋外では物資の輸送や道路の安全確保、催情剤河川の氾濫状況の伝達、ガス・電気の復旧などの訓練があり、関係機関からの参加者が本番さながらの緊張感で取り組んでいた。

辺野古対立が長期化も 埋め立て承認の取り消し表明

米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設に伴う名護市辺野古催淫通販(へのこ)への新基地建設をめぐり、沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は十四日、仲井真弘多(なかいまひろかず)前知事による辺野古沿岸部の埋め立て承認を取り消すと表明した。政府は工事を続けながら、法的な対抗策を取る方針。最終的には法廷闘争に持ち込まれ、対立は長期化する可能性が高いとみられる。 

 翁長氏は県庁で記者会見し、二〇一三年十二月の前知事の承認について「(新基地建設を強行する)官邸の錦の御旗になっていることを思うと、胸がかきむしられるような気持ちだ」と指摘。「法律的な瑕疵(かし)があるので、取り消す方向で手続きを開始したい」と、知事のあらゆる権限を使って建設阻止に取り組む考えを強調した。

 県は、埋め立て承認を取り消す主な理由として(1)新基地建設で米軍基地の固定化を招く(2)周辺海域に生息する絶滅危惧種ジュゴンの保護やサンゴ礁の保全が不十分(3)韓国痩身一号垂直離着陸輸送機オスプレイなど航空機の騒音対策に実効性がない-などと列挙。二十八日に工事主体の防衛省の沖縄防衛局から意見を聴取し、翁長氏は十月中に取り消す構え。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は十四日の記者会見で「前知事の埋め立て承認で行政判断は既に示されており、承認に法的瑕疵はない」と反論。住民の土地を戦後、米軍が強制接収して基地を造ったのが原点と翁長氏が主張し、新基地を認めないことについて「普天間飛行場の危険除去の努力を無視することで残念。戦後の接収までさかのぼられると、話し合いを進めるのは難しい」と批判した。

 翁長氏が埋め立て承認を取り消した場合、政府は行政不服審査法に基づき、執行停止や処分の取り消しを国土交通相に求めて対抗する構え。工事で海中に投入されたブロックが、サンゴ礁を傷つけている可能性が高いとして、翁長氏が三月に沖縄防衛局に作業停止を指示した際にも、政府は同じやり方で農相に不服を申し立てて認められ、女性用媚薬 ランキング工事を続行している。政府と県は自らの主張が認められなければ、それぞれ裁判所に提訴する方針だ。

兵庫県南部で竜巻か けが人情報なし

神戸地方気象台は4日午前、兵庫県南部で竜巻などの激しい突風が発生したとみられると発表した。目撃情報があったとしている。兵庫県によると午前9時現在、けが人の情報はないという。

 兵庫県警南あわじ署によると、南あわじ市内で電線にシートが引っ掛かっているという。
アフリカ超人

ハーバルビビッド
 気象台は、兵庫県内では発生の恐れが高まった状態が続いているとして、落雷やひょう、急な強い雨などへの注意を呼び掛けた。