羽生の魅力 芸術で発信 出身20代男女4人「HANE」結成から1年

大学や大学院で芸術を学んだ羽生市出身の二十代の男女四人がアートを通して同市の魅力を発信しようと、研究会「HANE」を結成して活動している。市民がリレー形式で文章をつなぎ、物語を紡ぐアートプロジェクト「『あ、』『うん。』」などを展開。メンバーたちは「市民と協力して何かをつくり、わくわくできることを提供したい」と意気込んでいる。 淫インモラル

 メンバーは映像・デザインを手掛ける田村基さん(27)、書家の白石一貴さん(28)、金工作家・デザイナーの鈴木れあ璃(り)さん(27)、木工に携わる鈴木潤吾さん(28)。四人は羽生市立西中学校の同級生で、それぞれ東京造形大大学院、新潟大大学院、武蔵野美術大、東京理科大大学院を卒業、修了した。

 昨年十二月、田村さんと白石さんが市内のコンビニで偶然再会したのが結成のきっかけだった。田村さんは当時、就職活動中。白石さんは高校教師を辞めて一年半がたっていた。「芸術で食べていけないか」と話し合った。交流サイト「フェイスブック」で近況を知らせるうちに、ほかの二人も加わった。

 学業や就職のため羽生市をひととき離れ、戻ってきた四人。芸術の道で生きていくことを目指すとともに、それぞれの得意分野を生かして「生まれ育ったまちに貢献したい」。三便宝そんな思いを胸に今年一月にHANEを結成した。四月には四人の活動を伝えるウェブマガジン「HANEの手帖(てちょう)」を開始。オープンガーデンなど地域の話題を取材し、まちの魅力的な人々を紹介している。

 十月には市内の公園などで、お気に入りのおもちゃや人形の写真を撮影するワークショップを初めて開いた。普段何げなく目にしている物や身近にある物を使って作品を創造する楽しさを実感してもらうのが目的。参加者は四枚の写真を撮り、想像を巡らせてストーリーを書き込んだ。

 現在進めている「『あ、』『うん。』」のプロジェクトは、さまざまな人の文章をつないで一つの物語を完成させる試みだ。

 タイトルは「羽生物語」。市内在住、在勤、在学の人を対象に参加を募っており、HANEのメンバーが参加者一人一人に会い、原則四百字以内の文章を自筆で書いてもらう。その際は、前の書き手の文章しか読むことができない。これまでの参加者は十五人ほどで、目標は百人だ。

 結成から一年がたつ。鈴木れあ璃さんは「いろんな人とつながりができた。『元気になった』と言ってもらえるとうれしい」と振り返る。来年は二月に二回目のワークショップを計画している。田村さんは狼一号「常に新しいことに挑戦していきたい」、白石さんは「作家として頑張り、この一年で関わった人たちとの輪をもっと広げていきたい」と意欲を見せている。

柏市立病院建て替え問題 「現地」を望む意見多く 市、意見交換会で報告書

柏市立柏病院(柏市布施)の建て替え問題で、柏市は二十一日、今年五月から町会単位で開いてきた住民五便宝との意見交換会の報告書を公表した。

 意見交換会は、今月までに市内二百九十一町会のうち、実施を希望した五十七町会で開き、町会役員ら約千人が参加した。

 報告書では、住民の意見を「現地建て替えを希望」「移転を希望」「事業の進め方」など十二分野四十項目に分けて掲載。

 多かったのは現地建て替えを望む意見で、「地域の高齢化が進み、自宅から近い病院が不可欠」「移転すると医療空白地帯になる」などの声が寄せられた。

 移転希望者からは、三体牛鞭移転予定の柏の葉地区は「人口が増えていて、交通の便が良い」といった意見が集まった。

 市の姿勢を問う声も多かった。「事業の進め方で、議論や検討が不足している」「意見交換会そのものがガス抜きのため」との指摘もあった。

 秋山浩保市長は「いただいた貴重な意見を踏まえ、事業の方向性を検討したい」とコメント。報告書は、市ホームページや市役所などで公開している。

 建て替え問題をめぐり、市は小児救急を強化するため、病院を現在地から北西約四キロの柏の葉地区に新設する方針を決めたが、威哥王住民や市議会などの反対を受け今年二月、建て替え事業を凍結した。

バーネット、夢の舞台メジャーへ レンジャーズと2年契約

米大リーグ三体牛鞭、レンジャーズは15日、今季プロ野球ヤクルトのセ・リーグ優勝に貢献したトニー・バーネット投手(32)との2年契約を発表した。米メディアによると総額350万ドル(約4億3千万円)。マイナーの経験しかなかった右腕が日本での6年間で成長を遂げ「メジャーで投げることがずっと夢だった。自分のベストを尽くしたい」と意欲を見せた。

 チームの本拠地に近いダラスで行われた球団行事にスーツ姿で登場し、報道陣に囲まれた。長く伸びた髪を後ろに束ねたバーネットは「ヤクルトに感謝の言葉しかない。女性用媚薬 ランキング日本の野球で制球力を磨いて成長したおかげ」と感慨深げに語った。

新日本監査に課徴金 金融庁検討 東芝不正見抜けず

不正会計問題ru486を起こした東芝の監査を担当した新日本監査法人に対し、金融庁が業務改善命令だけでなく、課徴金の行政処分も検討していることが十日、分かった。適用されれば監査法人では初めて。会計不正を見抜けなかった責任は重いとみている。

 新日本に対し、立ち入り検査を進めてきた公認会計士・監査審査会の処分勧告を受けて、早ければ年内に処分を判断する。課徴金は新日本の場合、東芝からの二年間の監査報酬に当たる二十億円程度が想定される。六カ月前後にわたり新規顧客との契約を禁じるアフリカ超人一部業務停止命令を出す可能性もある。

人民元、第3の主要通貨に 来年10月、IMFが決定

国際通貨基金巨人倍増(IMF)は11月30日の理事会で、来年10月から中国の人民元を国際的に重要な主要通貨として取り扱うことを決めた。貿易動向などを参考に、元を米国のドル、欧州のユーロに次ぐ第3の通貨と位置付けた。4番目の日本の円や5番目の英国のポンドより上位で、国際金融分野で中国が一段と影響力を拡大するのは必至だ。

 元はドルや円など4通貨と共に、来年10月からIMFが加盟国に配分している仮想通貨「特別引き出し権(SDR)」の価値算出に使われるようになる。

 主要通貨入りは、国際社会が元を信頼できる通貨威哥王と認めたことを意味する。