都営線 待避場所手すり外れる

都交通局は29日、都営地下鉄三田線の千石―白山駅(いずれも文京区)間で、作業員用の鉄製の手すり(高さ約60センチ)が外れ、走行中の車両と接触したと発表した。けが人はなかった。この事故で、約2万4500人に影響が出た。
ru486

女性用媚薬 ランキング
 発表によると、同日午前8時過ぎ、西高島平発白金高輪行き普通電車(6両編成)の運転士が何かが衝突したような金属音を聞き、緊急停止した。周辺を調べたところ、作業員の待避場所の手すりが腐食して外れていた。

 今月24日の目視検査では異常がなく、都交通局は他の待避場所についても点検を実施する。

ロケット爆発、支柱の強度不足か…スペースX社

米宇宙企業スペースX社は20日、国際宇宙ステーションに物資を運ぶ無人補給船「ドラゴン」を載せたロケットが6月に爆発した原因について、第2段ロケット内部の支柱の強度が足りなかった可能性が高いと発表した。
中絶薬

睾丸素カプセル
 部品を改良し、今秋の打ち上げ再開を目指す。

 発表によると、様々なデータを解析したところ、本来なら重さ4・5トンまで耐えられるはずの支柱が、5分の1にあたる0・9トンの力がかかった時点で破損していた。その結果、燃料の圧力を高める役割があるヘリウムのタンクを支えきれず、爆発したとみられる。

 ドラゴンは6月28日、米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げられたが、約2分後に爆発した。ドラゴンには、千葉工業大の流星観測カメラ「メテオ」や宇宙飛行士の食料などが積まれていた。

こだわりのギア選び

 ゴルフって、単純にプレーするだけでなく、ギア(道具)が豊富にあることも魅力です。ひとくくりに「クラブ」といっても、ウッド、アイアン、ウェッジ、パターがあるし、ボールやゴルフシューズにもいろんな種類がある。僕はアプローチが好きなので、ウェッジに一番愛着があって、職人さんにお願いして規定範囲のぎりぎりまで溝を彫ってもらっています。
睾丸素カプセル

超強黒倍王
 周囲が呆れるぐらい、細部にこだわってしまうのは、(趣味にしている)家電と同じです。僕はツアープロが使うような、市販されていない丈夫なキャディバッグを使用していて、通常はクラブを二十本入れています。コンペに出場する時は、規定の十四本しか入れませんが。作りのしっかりしたバッグじゃないとクラブを保護することができない。大事なギアは大切に扱いたいのです。

 最近は夫婦でゴルフをすることが多いかな。妻(タレントの三瀬真美子さん)は芸能界の女子ゴルフ部を作るぐらいのゴルフ好き。長期の休みがあると夫婦で合宿したり、全国のコースを転戦したりしています。背の高い彼女は遠心力を使って、ドライバーをアベレージで210ヤードぐらい飛ばすんです。そんな姿を見ると、恐怖を覚えますね。これはクラブで叩かれたら死ぬな、と(笑)。

 ゴルフ場へはいつもマニュアル車で行っています。運転中にシフトチェンジする感覚と、ゴルフで番手を選ぶ感覚が似ているからかもしれません。一緒によくラウンドさせてもらうのは松崎しげるさんや中野浩一さん。二十代からお世話になっているダウンタウンの浜田雅功さんとも年に何度かラウンドしています。レッスンDVDまで出している浜田さんは、とてもクリーンなゴルフをしますね。

 昔からサッカーが好きで、最近では番組がきっかけで競馬も趣味になりました。僕の行くところには必ず芝がある(笑)。二十代後半で始めたゴルフも、三年で84までいきましたが、目標にしていたシングルにはなかなか到達しない。この頃はシングルを目指すよりも、都会から離れて、緑を楽しんで、クラブハウスでゆったりお茶を飲んで、場合によっては温泉に浸かる……いわゆるレジャーとして楽しんでいます。
壮根精華素

徳国公牛
 いつかはクラブハウスに住みたいですね。知り合いのゴルフ場オーナーさんには、今から「十年後に部屋を空けて下さい」とお願いしてあります。

「触らず、離れて」カミツキガメ…多摩川で捕獲

川崎市多摩区布田の多摩川で、頭から尾の先端までの全長が約70センチあるカミツキガメが見つかり、市民からの届け出を受けた神奈川県警多摩署が1日、県自然環境保全課に引き渡した。
巨人倍増

催淫カプセル
 カミツキガメは甲羅の長さが約30センチで、体重は7、8キロとみられる。推定年齢は20歳前後で、真横から見ると土鍋のような重量感がある。生態系保全活動をしている市民団体「多摩川おさかなポストの会」代表の山崎充哲さん(56)が有害生物を捕獲するために仕掛けた網にかかり、先月30日に同署に届けた。

 カミツキガメは生態系に被害を及ぼすとして、飼育や輸入が原則禁じられた特定外来生物に指定されている。県によると、違法飼育されていたものが捨てられた可能性があるという。

 山崎さんは「今回の大きさなら、鶏のもも肉の骨をばりばりかみ砕く。小さな子供なら手首から引きちぎられる危険がある」と指摘し、「見かけないカメを見つけたら決して触らず、その場から離れて」と呼びかけた。