なぜ親知らずの抜歯が必要なのか

「親知らずは抜いた方がいい」と聞いたことがある方が多いと思いますが、
それは親知らずによって、痛みが出たり、他の歯に様々な悪影響が生まれるからです。
特にまっすぐに生えず、腫れたり痛くなってしまった親知らずは、抜歯するのが最も確実な治療法なのです。

親知らずの生え方によっては歯磨きをきちんとすることが不可能な場合もあり、
そのような場合には将来的に虫歯や歯周病になってしまう可能性が非常に高く、
最悪の場合は手前の健康な歯(7番)を巻き添えにしてしまうため、早めに抜歯しておくことがオススメしています。
ただ、親知らずだからといって、必ず抜かなければいけない訳ではありませんが、
親知らずが、虫歯になってしまった場合、一番奥の歯なので治療器具が届きにくく、
その後のメンテナンスも難しいので、治療をしたとしても高確率で再発します。

そのため親知らずが、虫歯になったら治療をせずに抜歯をするというケースも多くあります(歯科 双眼ルーペ)。

親知らずの傾いた歯には、どんな悪影響があるのでしょうか?



本来あるべきスペースに収まらない事で、周囲の歯や組織を傷つけて炎症を招く。
ブラッシングが困難となるため、プラークを落としきれず、虫歯や歯周病のリスクが高まる。
隣の歯を圧迫している場合、ドミノ式に歯並びを乱す可能性がある。
噛み合わせを乱す可能性がある。
歯肉炎が起こりやすい妊娠時、傾いた親知らずをそのままにしておくと、炎症のさらなる悪化を招く(電気的根管長測定器)。

主にこのような影響が考えられます。
できれば悪影響が起こる前に、親知らずを抜いておく事でリスクを回避する事ができます。