ゾロリ列車再び 宮古-島越間で7月から

三陸鉄道(本社宮古市)は、人気児童書「かいけつゾロリ」シリーズをテーマにした企画列車を7月18日から運行する。2013年夏に続き2回目の開催。夏場の観光シーズンに合わせ、子どもたちの冒険心をかき立てる。

 三鉄が22日、発表した。列車は「かいけつゾロリ さんてつとなぞのネコ」と題して運行し、原作者の原ゆたかさんが協力。ラッピング車両に乗り込み、北リアス線宮古駅から島越(しまのこし)駅(田野畑村)に向かい、北山崎断崖クルーズ観光船に乗船し、謎解きに挑戦する。

 参加者にはゾロリ印の弁当とパン、アイスクリームを配り、記念グッズも進呈。
インモラル

女性用精力剤
 旅行代金は2800円(小学生未満500円)。運行は9月27日まで土日祝日の26日間。

『忘れられた巨人』カズオ・イシグロ著、土屋政雄訳

記憶と忘却めぐる物語
 老執事の回想『日の名残り』で英国最高の文学賞ブッカー賞を受賞した日系人作家の10年ぶりの新作長編。作品ごとに物語のジャンルや設定を大きく変えてきた作家が新たに選んだのは、中世イングランドを舞台にしたファンタジー。つまりアーサー王伝説に連なる魔法と騎士の物語、あるいはドラクエなどのロールプレーイングゲームでおなじみの世界だ。
粉劑媚薬
媚薬カプセル
 離れて暮らす息子に会うために旅立つ老夫婦の道行きが描かれる。悪鬼にさらわれた少年、異民族の屈強な戦士、アーサー王に仕えた老騎士らとの出会い。妖精や竜が登場し、修道院からの脱出劇や兵士との戦闘が繰り広げられる展開は「こんなに面白くていいのか」と戸惑うほどのエンターテインメントぶりだ。

 絶妙のストーリーテリングで引き込まれながらも、物語が進むにつれて奇妙な作品世界が徐々に姿を現す。登場人物の記憶は実にあいまいで、過去のことをはっきり覚えていないようなのだ。記憶の底から浮上しては見え隠れする過去の因縁が謎かけのようにちりばめられる。

 かつてこの土地では2つの民族による戦争があった。以前、夫婦の間には深いいさかいの種があった。忘却の霧に覆われることで、ひとまずの平和は保たれているが――。
韓国痩身一号
三體牛鞭
 背後に普遍的なテーマを深く響かせて、通常のファンタジー作品とは全く異なる異様な読後感が残る。『日の名残り』『わたしを離さないで』のように本書も映画化されるだろう。配役を考えるだけでワクワクする。

コロンとしたクリ、舐めて 噛んで味わって~(〃ω〃)

おはようございますヽ( ̄▽ ̄)ノ

ポロタンって言う品種の栗が届きました(^.^)媚薬ランキング

試しに1個だけ剥いてみたけど
切り込みを入れて加熱するだけで
渋皮まで綺麗にめくれて
普通の和栗より、大きい(^.^)

今夜は、栗ご飯。

昨日のパチ≡>┼○ 

散々の目に号(┬┬ω┬┬)泣

熱くなり過ぎて(^^;;シアリス
1パチで、1万5000円も使ってしもうた~

使い過ぎた事に後悔。
しかし、、かかるって思ったし

人様に、出されるっと思うと
止めれなかった(^^;;

まぁ~自分が好きでやった事だから
諦めるしかないよぉ~^_^;

これから、買い物と車のオイル交換に
行ってきま~す(^.^)

パチは、多分
行くでしょ~ね(^^;;

でわ、良い1日を。

バイバイ~ε-(´∀`; )リドスプレー